2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

2013年3月15日 (金)

アジアと関係ないけれど…

 作家の北原亞以子さんが亡くなられたそうです。

 ちょっとしたきっかけで時代小説を読もうと思ったとき、本屋さんで見て選んだうちの一冊が、北原亞以子さんの『深川澪通り木戸番小屋』でした。それまでほとんど時代小説というジャンルには手を付けていなかったので、どんな作品が有名だとか、どの作家さんが注目だとかそういった情報はいっさいなし。
 ただ一つだけ。そのときに活躍している、つまり存命の作家さんの作品を買ってみるということだけ決めていました。せっかく挑戦するジャンルなので、気に入った作家さんの新作が発売される楽しみを味わいたかったし、次の作品はどうなるのかななんて気分を楽しみたかったからです。

 一ページ目の文章を読んだ感触だけで選んだ三冊のうち、いちばん好きだったのが『深川澪通り木戸番小屋』で、それから一気に作家読みしたほどです。
 北原亞以子さんの数ある作品の中でいちばんのお気に入りは『まんがら茂平次』。万に一つも本当のことがないという、筋金入りのほら吹きの茂平次を主人公に、彼とさまざまな人びとの出会いと、別れ、そして新たな門出が暖かいまなざしで描かれた連作です。
 一冊の本の中にある悲喜こもごもに泣いたり笑ったりしながら、いっしょになって束の間の時を過ごしたような喜び、連作というものの本当のおもしろさを知ることができました。

 今まで呼んできた中で10冊、いや3冊だけを選べと言われたら、迷わずこの『まんがら茂平次』を手に取る、そんな作品です。

 エッセイなどでも、もともとあまり体がお元気でないと書いていらっしゃったし、このところ新作も少なかったので心配していましたが、75歳は今の時代まだまだ逝かれるには早すぎます。
 人気シリーズの『慶次郎縁側日記』も、もっともっと読みたかったし、『木戸番小屋』シリーズもまだまだ書いてほしかったです。

 一番好きな作家さんの訃報は、やはり辛いけれど、手元にある作品をまた読み返してみるつもりです。

 心からのご冥福をお祈りします。

まんがら茂平次 (新潮文庫)  深川澪通り木戸番小屋 (講談社文庫)  贋作 天保六花撰 (講談社文庫)  あした 慶次郎縁側日記

 『贋作 天保六花撰(うそばっかりえどのはなし)』もいいし、画像はありませんが『降りしきる』という短編集の中の『埋もれ木』も、切なく胸に残る名作です。

2013年2月15日 (金)

TEENTOP+香港、少しウォン・カーワイ

 去年くらいから、ほぼ毎日聞いているくらいはまってしまった韓国のアイドルグループTEENTOP。
 今日、公開された新曲のMV、香港が舞台です。

 スターフェリー、ヒルサイドエスカレーター、トラムにオープントップバス、香港島の夜景と香港といえばこれ!みたいなものがいっぱい出てくるけれど、その合間、合間のショットはどこともしれない路地裏の風景だったり、工事用クレーンが映り込んだ場所だったり。香港の、あのむっとするような、ほこりくささと、食べ物のにおいと、熱気が交じったような空気が漂ってきそう。

 途中、王家衛(ウォン・カーワイ)の『恋する惑星(原題:重慶森林)』の金城武を彷彿とさせるような(というか、そのまんま)屋外の階段でパイン缶を山ほど食べる場面が出てきます。ヒルサイドエスカレーターも、この映画での重要なアイテムだったし、演出の方は王家衛のファンなのかもしれません。

 これまでのTEENTOP=ダンスのイメージとは違う、ちょっと大人っぽい雰囲気と、曲調、そして香港の風景。
 どういうテイストになるのかなと思っていたけれど、まさかこんなにいい感じになっているとは。香港に、ものすごく行きたくなってしまいました。

 

2011年3月13日 (日)

梅の花

 唐突ですが、台湾の国花は「梅」です。

 ホテルのランク、いわゆる五つ星とか三つ星とかいうあれが、台湾では五つ梅、三つ梅で表現されるというのをガイドブックで初めて見たときには、笑い話みたいだなと思いました。今も、そのまま梅が使われているのかは分かりませんが、台湾にとって梅というのは、特別な花です。

 梅は、厳しい冬に耐え、寒さの中にあってもけんめいに花を咲かせるから美しい。だから、台湾の人たちは梅の花を好み、愛するのだという話を、台湾人の友人から聞いたことがあります。

 東北の地にも、一日も早い春が訪れますように。

Photo

2011年2月20日 (日)

BSデジタルが…

 去年の12月くらいから予兆はあったのですが、ついにBSデジタルがまったく映らなくなってしまいました。もちろん、録画もだめ。1月も調子が悪くて、だましだましという感じでなんとか録画や受信していたのですが、先週分の予約録画はほぼ全滅でした。
 というわけで、観念して修理に来てもらいましたが、原因は不明。ひとまずはテレビが原因かもということで、ただいま部品を注文してもらって修理待ち。それでもだめなら、次はDVDレコーダー、それも効果がなければいよいよアンテナを調べるということでした。
 地上デジタルはまったく問題ないし、DVDも普通どおりに見られるだけに、不可解ですわ~。

 というわけで、韓国ドラマの感想はとりあえずお休みです。DVDをレンタルでもして、続きを見なくちゃです。

2010年8月31日 (火)

『月の恋人-Moon Lovers』、原作本のほう

月の恋人―Moon Lovers

 林志玲(リン・チーリン)が出演しているので気になりつつ、いつの間にか終わっていて、結局一度も見る機会がなかったフジの月9『月の恋人』に、原作本がある。しかも、それをミステリー作家のイメージが強い、道尾秀介が書いているということで読んでみました。

 ドラマを一度も見ることがなかったとはいえ、主演が木村拓哉だということは事前に知っていたので、初めは文字を追っていても、主人公の蓮介がキムタクの映像になってしまいましたが、読んでいくうちにだんだんとそれも薄れて、まったく別個の人物として感じられるようになりました。
 聞くところによると、原作とドラマはかなり設定も、あらすじも違っているようなので、どちらがどうとは比べられませんが、仕事を通じた成長譚として、十分におもしろいお話でした。
 ちょっとした恋愛あり、友情あり、はしばしに微笑ましいところがあって、働くこと、生きていくことを考えさせてくれる、いいお話です。

 ただ、どうにも気になってしまうところもあります。
ドラマでは林志玲が演じたであろうシュウメイや、上海でのことに関する設定のいくつかです。

 小説での設定は以下のとおりです。
 名前は、リュウ・シュウメイ。上海では、家具工場で働いていたが経営難となった工場は、日本の企業に買収され、現在無職となった台湾人。
 香港で台湾料理のシェフとして働いていた父と、母の間に生まれ、台湾料理店を開くため家族で日本へ渡るが、商売がうまくいかない父と離婚した母に連れられ、1歳のときに中国(上海?)に戻る。
 その後、9歳のときに父方の祖父に連れられ、一度日本にいる父のもとを訪れる。
 そして二度目の日本行きは、大学時代に友人たちと観光で。

 お父さんは台湾料理のシェフということは、たぶん台湾人なのでしょう。でも、シュウメイたちが台湾ではなく、上海に戻っているということは、お母さんは上海人?こういう場合に、果たしてシュウメイを台湾国籍のままにしておくのでしょうか。
 9歳のときの日本行きは、家族を訪ねるということでありえるかとも思いましたが、後の展開をみると、当時のお父さんの状況で家族を呼べるかどうかは、少々疑問です。中国からの個人旅行ビザにおける所得条件が緩和されたというニュースが話題になったことでも分かるように、つい最近まで中国の人が日本に団体旅行以外で来るには、かなり大変な手続きが必要でしたから。
 そして、二度目の来日。特別裕福でもなさそうな中国の大学生が、在学中に日本に観光旅行なんてする余裕はあるのかしらん?ツアー旅行といったって、けっこうな金額だと思うし、向こうの学生は勉強が忙しいから、そうそうアルバイトもできないだろうし。もっとつっこむなら、中国で大卒の女性が、家具工場の現場で実際に家具を作る仕事(←しかも、アーティスティックなものじゃなく、ニスを塗ったり、木を切ったり)に就くというのも、かなり不自然な印象です。
 台湾人でも、上海人でもいいんだけど、どうしてこんなややこしい設定にわざわざしたんでしょう。作者の他の作品を見ると、伏線をちりばめたり、叙述トリックで読者を見事に騙したりという手法が鮮やかなだけに、この辺りがドラマ化の縛りだったんじゃないかと邪推します。というか、作者の作品をおもしろく読んできただけに、そうであってほしいです!

 あと、主人公の蓮介は、中国語がネイティブ並に堪能という設定でしたが、場所は上海。上海では上海語もかなり使われるし、北京なんかのいかにもな普通話と違って、かなり南方訛りの普通話です。冷徹で切れ者っぽい蓮介が、南方訛りの中国語を流暢に話しているのか、それとも、その場で浮きまくるのを承知で、巻き舌音ばりばりの北方標準中国語を話しているのか、この辺りはどっちにしても想像するとおもしろいです。
 イメージとしては、外国からやってきた切れ者社長(イ・ビョンホンとか、ジュード・ロウとか、意外性があれば誰でもよし)が大阪に進出。へたな日本人より巧みな大阪弁を話して、地元経済人たちと交流。または、周りのすべてがこてこての大阪弁なのに、一人アナウンサーのような流麗な標準語で会話するっていう感じかな?

 いろいろ書きましたが、実はこのへんはさらっと読み流しても、お話そのものは十分に楽しめます。登場する人たちが魅力的で、彼らがおりなす物語も爽やかな後味なだけに、ドラマ云々とは別に小説作品単体としておもしろく読めました。

2010年4月18日 (日)

3連勝!

 中華でもなく、韓流でもありません。Cimg1130

 3月末から始まるプロ野球シーズン。その間は、ドラマや映画と同じくらいに気になるのが、広島カープの試合結果。
 シーズン開始から、連敗続きでしたが、ようやくここにきて調子が出てきて、去年は大きく負け越した中日ドラゴンズ相手に、まさかの3連勝。

 昨日は、今年初めての球場観戦に行ってきました。
 お天気はよかったものの、内野スタンド上段の席はちょうど日陰になっていて、しかも風が冷たいので、かなり寒かったです。

 試合も、序盤から中日の攻勢で、4回表が終わったところで7-1の大差。正直ここで、負けを覚悟してました。なんせ、相手は去年も大きく負け越した苦手のドラゴンズ。まただめかなというムードが、スタンドのそこかしこから感じられました。中日の応援席ばかりが元気で、しかたないので、持っていった双眼鏡でベンチを見たり、違う座席の様子を眺めたり、向こうに走る新幹線を見たり。

 が、4回裏でカープの反撃。さらに点を重ねて、5回裏で1点差に追いついたところで、あぁこんなに楽しめたから、もうこれで負けてもいい気分で帰れるなと思っていたら、なんと逆転の上、サヨナラ勝ち!
 しかも、サヨナラ打を決めたのは、この日ことごとく凡打に終わっていた廣瀬選手。打率も1割台と低迷中ですが、見事にヒットを打ってくれました。やってくれると信じてました!!廣瀬選手、守備がいいのも頼もしいところですが、前から彼のブログをときどき愛読(?)していて、密かに応援しているのです。ブログは、短いながら、人柄の良さを感じさせる言葉でつづられています。カープが勝ったこともですが、そんな廣瀬選手が活躍してくれたのがなにより嬉しい試合でした。

 今年は、何回マツダスタジアムに行けるかな?

Cimg1134球場がいちばん湧いたのは、代打・前田選手の登場。もちろん、私も大好きな選手ですが、われんばかりの歓声を聞いていると、カープファンにとっての彼は特別な存在なんだと分かります。

2010年4月11日 (日)

ドキュメンタリー2本

 昨日見た2本のNHKの番組。
 1つは、『カラフル』という、子どもたちが自分のことを語るドキュメンタリーで、15分ほどの番組。
 2つ目は、BShiで放送された『北朝鮮に帰ったジュナ ~ある在日朝鮮人家族の50年~』Cimg0979_2

 『カラフル』は、元中国残留孤児であった祖父と、自分の言葉で話したいという小学4年生の男の子が主人公です。おじいちゃんは、まだ日本語がうまく話せず、男の子は中国語がほとんど話せません。
 日本生まれ、日本育ちの孫と、日本人でありながら、中国で育ち中国語で生活してきた祖父。男の子は、番組の中で「おじいちゃんは、日本に旅行に来て、いいところだから日本に住むことにしたのかと思っていた」と話します。戦争のことや、それによってたくさんの残留孤児と呼ばれる子どもたちがうまれたことを知らなかった少年が、自分のおじいちゃんの歴史を知り、おじいちゃんのことを知りたい、そのためにコミュニケーションをとりたいと思うようになる過程が、分かりやすく描かれています。
 男の子のまわりには、おじいちゃんと中国人のおばあちゃん、中国生まれのお父さんと、やはり中国人のお母さんと、中国語をいわゆる「母語」とする人ばかりです。中国語を話そうと思えば、自然と話せるようになる環境ながら、実際には男の子の「母語」である日本語で充分と思ってきたわけです。よく、子どもだから外国語の中に置けば、自然と言葉を覚えると言われるけれど、子どもだってそれを分かりたい、話したいと思わなければ、母語以外を自分の言葉にするのは難しいのでしょうね。逆に、この人の話を、自分の言葉として分かりたいという気持ちこそが、語学学習のいちばんの原動力になるということかもしれません。
 その孫を、穏やかに見つめる祖父のまなざしが印象的でした。

 『北朝鮮に帰ったジュナ』は、ハイビジョン特集で、こちらもドキュメンタリー。
 帰国事業で北朝鮮に家族で戻り、2002年に脱北して韓国に渡った男性が、50年ぶりに日本のいとこと再会し、故郷を訪ねる姿を追ったものですが、彼を迎えるのは日本に残った男性のいとこである女性。二人の対話から、半世紀にわたる時間を見つめます。
ここ数年で、にわかに注目され、脱北や帰国事業なども耳慣れた言葉になりましたが、その実際はまだまだ知らないことばかりだったようです。
 同じ親族であり、いずれは自分も帰国しようと考えながら、帰国しないままに日本に暮らしたいとこ同士の対話で、一つの家族の姿、在日であり、北朝鮮にとっては帰国者である親族の歴史が、パズルのように少しずつつながっていくようでした。
 なにより印象に残ったのは、男性から北朝鮮での暮らしを聞く女性の側の目線でした。かつては自身も民族活動に参加し理想を抱いていた女性が、自身は日本に残って家族と離れ、関係が疎遠になっていったことが語られるにつけ、私自身、送り出した側の声をこれまでほとんどちゃんと聞いたことがなかったんだと気づきました。
 歴史に翻弄され、現代社会の常識がまかりとおらぬ国に帰ってしまった不幸な人たちといった、表面的な見方では収まらない、もっと複雑で奥深いものがあることに、今さらながら気づいたような気がします。

 奇しくも、同じ日に見た2つのドキュメンタリーは、日本の戦後に大きくかかわるものでした。
 『カラフル』に登場した少年の祖父は、自分のルーツを知り、日本に戻りたいと願い、言葉も分からない母国に飛び込み、日本語を勉強しています。
 『北朝鮮に帰ったジュナ』では、脱北し今は韓国に住む元在日の男性が、生まれ故郷である米子を50年ぶりに訪ねます。彼が、米子駅に降り立ったときの満面の笑み。本当に嬉しそうに笑っている彼の姿に、胸うたれます。

 彼らにとっての故郷であり、故国である日本は、彼らの切なる願いをきちんと受け止める度量と、覚悟があるのか。そんなことを、何度も何度も思わずにはいられません。

※※※ 追記 ※※※
 帰国事業と聞いて、いつも思い出すのが『1970ぼくたちの青春』というドラマ。
 1991年に放送された2時間ドラマで、のちにビデオ化されたものを見ました。『北の国から』の杉田成道が演出、出演は吉岡秀隆、筒井道隆、萩原聖人、永堀剛敏、石田ひかり等。
 このドラマで主要な人物の一人が、帰国事業で国へ帰ってしまうという場面があり、当時はそんなことも知らなかっただけに、強く記憶に残ったものです。
 ドラマ自体は、それが主題ではなく、70年当時の、瑞々しくもほろ苦い青春を描いた秀作となっています。北朝鮮の話題が出るたびに、このドラマをもう一度見てみたいと思うのです が、DVD化はされていないようですね。

2010年2月 1日 (月)

贅沢な読み物

中華電影データブック 完全保存版

 いくつか本屋さんをめぐったものの見つからなかったので、bk1で購入しました。

 待ちに待った『中華電影データブック 完全保存版』!届いた現物を見て、びっくり。1997年に出たものは、キネマ旬報が少し分厚くなったものだったので、それに似たものを想像していたら、カバー付きの立派な装丁で、しかも分厚い。思わず、キャーキャー言いながら、ひとしきりはしゃぎました。

 ページを開いてみると、中華電影ファンならおなじみのお歴々による、巻頭コラム。映画スチールがカラーでふんだんにちりばめられた、見た目にも豪華、読んでも満足。のっけから、気合いが入っているなと感心するし、嬉しくなるしで、これだけですでに買ったかいがあったというものです。

 「中華電影人物録」も、さらっと見るだけにしようと思ったら、ついつい面白くて気づけば女性スターのページを読破。
 さらに、「中華電影作品録」から見たことのある作品を数えたら、ざっと250本くらいありましたわ~。見たことすら忘れているものもあったし、物語をまったく覚えていないものもずいぶんありますが、反対に場面のいくつかがすっと映像になって浮かぶものも多くありました。
 ちょうど香港映画にはまって、毎日、毎日香港映画ばかりをビデオレンタルしていたのが、ちょうど97年ころ。まさにそのときに発売された『中華電影データブック』は、当時のバイブル的存在で、すりきれるほど、暗記できるほどページをめくったものです。それを見ながら作品名を知り、俳優さんの名前を覚え、まだ見ぬ香港映画との出会いにワクワクしながら過ごしたことを思い出します。

 あれから10年以上。
 香港、台湾、中国映画というくくりは、すでにほとんど意味のないものになりつつあります。中台港=三岸の俳優やスタッフが入りまじって作られる中華電影が主流になりつつあることに、一抹の寂しさを覚えながらも、これからの中華圏映画への期待感もふくらみます。

2010年1月10日 (日)

新年のご挨拶

 松もすっかり明けてしまいましたが、あけましておめでとうございます。

 韓国ドラマ熱が思いのほか長く続いているので、まだまだ韓国ドラマ三昧が続く予定です。そして、もう少しこまめに感想をアップしたい。特に、ちらほらと見ている映画の感想をもっと書きたいなと思っています。

 2010年が、よりよき年となりますように。
 萬事如意!

2010

2009年12月 3日 (木)

懐かしい気分

いろいろな国のブログを紹介しているサイトにおもしろいものがありました。→→→■□■

 日本に旅行した台湾の方のブログにつづられた、日本のあれこれを読んでいてむしょうに懐かしい気分になりました。
 台湾に行ったときに自分が感じたのと、まったく反対のことを日本に来て感じる台湾の人がいるのが、不思議な気分です。

○●○ 蛇口からの水が直接飲めること。
 台湾で部屋を借りたときに、ルームメイトたちが教えてくれたことの一つが、飲み水のこと。水道の水は絶対にそのまま飲んではいけないと、しつこいくらいに言われました。
 でもね、台湾の夏は、それはそれは暑いのです。アパートにまだ冷蔵庫がなかったとき、熱帯夜に耐えきれず、実は数回生水を飲んじゃいました。台湾の水道水、なかなかのお味でした。もちろん、お腹も大丈夫!でも、真似はしないでくださいね。

○●○ トイレレにゴミ箱がなく、紙が流せること。
Cimg0318 そうなんです、台湾ではトイレの水圧等々の関係で、トイレで使い終わった紙は便器横にあるゴミ箱に捨てるのが一般的なんです。ただこれは、台湾だけでなく、中国や香港でもそうで、エジプトに行ったときも同じだったので、少なからずいろんな国では常識なんじゃないかと思います。ホテルや、新しい住宅では問題ないようですが、一般的にはまだまだゴミ箱が普通。少しなら大丈夫だけれど、たくさんの流すと詰まってしまうみたいです。
 ちなみにこれは、広島空港で見た張り紙。中国語で書いてあるのはそのまま「使い終わった紙は、直接便器に捨ててください」。台湾や中国でのトイレ事情を知らない人はきっと、なんで汚物入れに多量のトイレットペーパーが?と驚かれたことでしょうね。

○●○ 道がきれいで、交通マナーがよく、住宅地での運転が静かなこと。
 日本の道路がきれいとありますが、これも確かにそのとおり。台北に初めて行ったときに、なぜ道路にはこんなにいろいろな物が落ちているんだと正直びっくりしました。そして、ゴミが落ちている以外に、台湾の道路がスマートに見えないのは、補修が今ひとつ徹底していないことにも原因がある気がします。とにかく、道路や歩道に穴があったり、補修のしかたが雑でかえって汚く見えたり。
 でも、台湾の名誉のために一つ。澎湖島に行ったときは、道路にはゴミもなく、きれいで平らな道路が続いてました。それに、地方住まいの私から見ると、東京の道路はとにかくごみごみしていてあまりに汚いのでびっくりした経験があるから、人の多さも関係ある気がします。
 そして、確かに台北でホテルからアパートに移った初めての夜、住宅街なのに深夜12時をまわっても、バイク音や、人の話し声などでかしましくて、しばらく寝つけませんでした。ただ、向こうの人は音に寛大なので、それをとやかく言う人はなくて、当たり前という感じなのが大らかです。音には、意外とすぐに慣れました。

○●○ 野菜を洗わず、そのまま鍋に入れられる
 ……ここは、ちょっと誤解かも。有機野菜であっても、いちおう洗ったほうがいいかな。ま、エノキダケなんかは私も洗わず使ってしまいますが……。
 そういえば、台湾人の友だちは、野菜だけじゃなく、練り物(肉団子とか、魚のすり身とか)も当たり前のように洗ってましたね。

 カルチャーギャップ、おもしろいです♪

※ 引用元:サーチナ http://searchina.ne.jp/

より以前の記事一覧