2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 2012年に見た韓国ドラマ | トップページ | 『ブレイン 愛と野望』~第1~8話 »

2013年1月28日 (月)

ちょっと調べてみました

 『王女の男』や『根の深い木』を見て、ちょっと気になったので、朝鮮王朝の王について調べてみました。
 初代の太祖が樹立した朝鮮王朝は、日本で室町時代、南北朝が統一された1392年から、日本が韓国併合をした1910年までの、518年もの長きにわたって続きます。

 王様は全部で27人。王の呼称、亡くなったときの年齢、在位年数(即位から退位までの年齢)、前王との関係を並べてみました。

  1. 太祖(73歳)・・・・・6年(57~63歳)
  2. 定祖(62歳)・・・・・2年(41~43歳) 太祖の二男
  3. 太宗(55歳)・・・・18年(33~51歳) 定祖の弟(太祖の五男)
  4. 世宗(53歳)・・・・32年(21~53歳) 太宗の三男
  5. 文宗(38歳)・・・・・2年(36~38歳) 世宗の長男
  6. 端宗(16歳)・・・・・3年(11~14歳) 文宗の長男
  7. 世祖(51歳)・・・・13年(38~51歳) 端宗の叔父(世宗の二男)
  8. 睿宗(19歳)・・・・・1年(18~19歳) 世祖の二男
  9. 成宗(37歳)・・・・25年(12~37歳) 睿宗の甥
  10. 燕山君(30歳)・・12年(18~30歳) 成宗の長男
  11. 中宗(56歳)・・・・38年(18~56歳) 燕山君の弟(成宗の二男)
  12. 仁宗(30歳)・・・・・1年(29~30歳) 中宗の長男
  13. 明宗(33歳)・・・・22年(11~33歳) 仁宗の弟(中宗の二男)
  14. 宣祖(56歳)・・・・41年(15~56歳) 明宗の甥
  15. 光海君(66歳)・・15年(33~48歳) 宣祖の三男
  16. 仁祖(54歳)・・・・26年(28~54歳) 光海君の甥
  17. 孝宗(40歳)・・・・10年(30~40歳) 仁祖の二男
  18. 顕宗(33歳)・・・・15年(18~33歳) 孝宗の長男
  19. 粛宗(59歳)・・・・46年(13~59歳) 顕宗の長男
  20. 景宗(36歳)・・・・・4年(32~36歳) 粛宗の長男
  21. 英祖(82歳)・・・・52年(30~82歳) 景宗の弟(粛宗の二男)
  22. 正祖(48歳)・・・・24年(24~48歳) 英祖の孫
  23. 純祖(44歳)・・・・34年(10~44歳) 正祖の長男
  24. 憲宗(22歳)・・・・15年( 7~22歳) 純祖の孫
  25. 哲宗(32歳)・・・・14年(18~32歳) 憲宗の父の又従兄弟
  26. 高宗(67歳)・・・・44年(11~55歳) 哲宗の傍系(孝宗の弟から8代目)
  27. 純宗(52歳)・・・・・3年(33~36歳) 高宗の二男

 『王女の男』で敬恵王女の父として登場するのが、第5代の文宗。亡くなったときは、まだ38歳!若いですね。現在とは寿命が違うので、当時の感覚からしたらもう少し年上のイメージだったかもしれないけれど、それにしても若い。そして、文宗の子である端宗を経て王位についたのが、首陽大君であった世祖。
 その世祖の跡を継いで第8代の王についたのは、二男なんですね。そういえば、『王女の男』でも長男は後半で病気になっていたので、王になることなく亡くなったのかも。しかも、王になった世祖の二男である睿宗も、在位たった1年、19歳で亡くなり、直系ではなく甥が次の王になっているのがなんとも皮肉な気がします。

 文宗と世祖の父であり、韓国のお札にもなっている偉大な王が、『根の深い木』に登場する世宗。世宗と父である太宗との確執がドラマでも非常に印象深く描かれていました。

 放送時間が途中で変わって録画を失敗したので、途中で視聴が止まっているんですが、朝鮮王朝成立から太宗あたりまでの歴史の流れを知るには、『龍の涙』がとっても役にたちました。

 他のドラマに登場するのは、『イルジメ』で16代の仁祖、『トンイ』や『チャンヒビン』の19代粛宗、『イサン』ではそのトンイの息子である英祖と、その孫の22代正祖が登場します。身分の低いトンイを母に持った英祖が、歴代王の中でいちばん長生きで82歳というのも、また皮肉というか、なんというか。

 亡くなった年代でいちばん多いのは、30代と50代がどちらも8人ずつ。ついで、40代と60代が3人ずつ。当時の寿命としては50代というのは妥当なのかもしれませんが、国一番の医師が揃い、薬剤も、食べ物も十分にあっても、さほど長生きという感じではないのが不思議です。ドラマを見ていると、王様というのはかなり激務のようですし、宮中も気が抜けない場所のようなので、ストレスもあったのかなと思ってみたり。

 歴史は洋の東西を問わず苦手で、あんまり好きじゃないんですが、こういうふうにドラマに関するところだけ、ピンポイントで調べたり、知ったりするのは楽しいですね。

 

« 2012年に見た韓国ドラマ | トップページ | 『ブレイン 愛と野望』~第1~8話 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/56549291

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと調べてみました:

« 2012年に見た韓国ドラマ | トップページ | 『ブレイン 愛と野望』~第1~8話 »