2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 『完璧な恋人に出会う方法』~第1~12話 | トップページ | 『私に嘘をついてみて』~第1~4話 »

2012年5月27日 (日)

『チャクペ-相棒-』第22~32(最終)話

チャクペ-相棒- 2011年
 出演:チョン・ジョンミョン、イ・サンユン、ハン・ジヘ、ソ・ヒョンジン

 後半は、かなりながら見状態になってしまいましたが、最後までちゃんと完走できました。

 ギドンとチョンドゥンの入れ替わりと、二人の対立する立場が見どころですが、最後まで二人が己の行く道を貫こうとした姿は、清々しく、ひたむきなので安心して見られました。
 初めはチョンドゥンが主役なのかと思いましたが、特に後半になってからはギドンのほうの描写が丁寧で、彼が主役だったような気がします。身分が相棒と信頼したチョンドゥンと入れ替わっていたことや、父として慕い続けたキム大監への複雑な思い、乳母であり実母であるマクスンへの気持ちは、痛いほど切ないものでした。不正と賄賂のはびこる捕盗庁の中で、誰がなんといおうと正しいことをしようとする姿勢、そして決してあきらめないところは、文句なしにかっこよかったです。
 それに対して、チョンドゥンの描き方はちょっと物足りない気が。本当の出自を知って彼が見せた怒りは十分分かったけれど、それ以外の複雑な感情があんまり出てこなかったし、我来(アレ)賊に加わってからも、世の中をどうしても変えたいという突き動かされるような情熱を、あんまり感じられませんでした。
 というわけで、私はもっぱらギドン目線で見ていました。

 そして、もう一つの軸になる親たち。これがどうにも、共感できずじまい。
 マクスンの境遇には同情するし、両班に対する恨みを持つのも理解できるけれど、それでもやっぱり彼女の身勝手さには嫌悪感が。せめて、チョンドゥンに対してもう少し申し訳なさそうにしてくれたらいいのに、それもあんまりないし。
 そして、父であるキム大監。マクスンを乳母にしたときの、自分の子どもさえよければ的な態度が、当時としては違和感のないものであったとしても、やっぱり好きになれませんでした。寛容さや、温かさもあり、ギドンに対しても変わらぬ父としての愛情を示しているのに、おりおりに見せる現実的でドライなところを思い出してしまって、いい面も素直に受け入れられず、しらけた気分になって困りました。

 前半の感想でも書いたように、恋愛要素は女性たちが今ひとつ魅力がなくてときめかず。

 その中で、予想外によかったのが、元県監。義兄のキム大監の権勢を借りて、私欲から流刑にまでされてしまった汚職役人なのですが、おちぶれてからの彼の変容ぶりは、なかなかよかった。両班の威厳なんかこれっぽっちもなくて、市場でお餅まで売るはめになっているのに、ささやかな幸せをかみしめているような姿が本当によかったです。

 最後はかなり衝撃的でした。ギドンの、最後まで決してあきらめず、なんとか二人がともに生きていけるよう考えたであろうことが、あだとなってしまったことがなんとも悲しかったです。

チャクペ―相棒― DVD-BOX 第1章 チャクペ―相棒― DVD-BOX 第3章 チャクペ―相棒― DVD-BOX 最終章

 チョン・ジョンミョン、ちょっとイ・サンユンにくわれちゃった感じです。
 そうそう、見落としたのかもしれないけれど、親もなく、妓生として身売りされたドンニョは、どうやってあんな立派な旅閣の主になれたんでしょ?お父さんがそんなにお金持ってたようにも見えなかったのですが。

« 『完璧な恋人に出会う方法』~第1~12話 | トップページ | 『私に嘘をついてみて』~第1~4話 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/54814806

この記事へのトラックバック一覧です: 『チャクペ-相棒-』第22~32(最終)話:

« 『完璧な恋人に出会う方法』~第1~12話 | トップページ | 『私に嘘をついてみて』~第1~4話 »