2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 見終わった韓国ドラマ、いくつか | トップページ | 『完璧な恋人に出会う方法』~第1~12話 »

2012年5月20日 (日)

『チャクペ-相棒-』 第1~21話

 両班の家に生まれたギドンと、奴婢の子として生まれたチョンドゥンが身分を入れ替えられて育ち、やがてタイトルのとおり“相棒”として友情を育むお話です。

 見ているのになんですが、この作品、けっこう苦手要素満載なんです。

 両班と奴婢など低い身分の人たちが登場するだけに、テーマはけっこう重めで、特権階級である両班の非道や、捕盗庁にはびこる不正なんかが描かれます。そして、その世の中を変えようとする義賊集団に、主人公たちもかかわっていきます。
 社会を変えるための反乱というのがどうもだめで。史実が分かっていて、そこで決して彼らの蜂起が実を結んでいないと分かっているので、悲劇的な結末を予想してしまうので、テンションが下がってしまうのです。
 ちょうど今見ているあたりは、我来(アレ)賊にかかわる場面が中心なので、案の定、鑑賞スピードが落ちつつあります。

 そして、魅力的な女性が出てこないこと。主人公のチョンドゥン、ギドンともに正義感が強くて、共感もしっかりできるのでいいんですが、女性がちょっと弱い。主人公二人から好意を寄せられるドンニョ。正直、どこがいいのかさっぱり分かりません。少女時代からけっこういけ好かない感じだったけれど、少女らしさなのかと思ったら、大人になってもそのまんま。反乱的な部分が苦手といいながら、ドンニョみたいに現状を仕方ないとただただ受け入れてしまうのも、ちょっと違う気が。
 チョンドゥンが切ない思いを寄せているのに、「身分が違うから」なんて言っちゃうヒロインっていうのも、ちょっと、ねぇ…。
 靴職人のダリは、性格もいいし、可愛いんだけど、思ったほど表に出てこず、控えめすぎるし。
 あと、マクスンという子どもの入れ替えをした女性があんまりにもひどいので、他の人の印象を薄くしている気が。母としての愛情というには、あんまりにも身勝手で、その後もやることなすことが自己中心的。そりゃ、ギドンも母としてその胸に飛び込む気になれないし、チョンドゥンも彼女が母と分かったのに、全然寄りつかないのもしかたないでしょうっていうくらい、ひどいのです。セドルも、いくらマクスンが好きだからって、彼女の悪だくみを止めもせず引きずられて、情けないったら。

 と、いっぱい書いたけれど、出てくる人たちにあんまり感情移入していないぶん、重苦しいテーマなのに、あまり気負わずに見ることができるし、それなりに楽しめるような気がします。
 とりあえず、主人公二人は好感度大なので、このまま二人が友情を大切にしながら、いってくれることを願うばかりです。

チャクペ―相棒― DVD-BOX 第2章

 この二人はとっても好きです。チョンドゥンを演じる、チョン・ジョンミョンの広いおでこが、なかなか素敵♪

« 見終わった韓国ドラマ、いくつか | トップページ | 『完璧な恋人に出会う方法』~第1~12話 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/54757577

この記事へのトラックバック一覧です: 『チャクペ-相棒-』 第1~21話:

« 見終わった韓国ドラマ、いくつか | トップページ | 『完璧な恋人に出会う方法』~第1~12話 »