2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 今週の韓ドラ’11(6/25~7/1) | トップページ | 今週の韓ドラ’11(7/9~7/15) »

2011年7月12日 (火)

今週の韓ドラ’11(7/2~7/8)

 今年の夏も暑そうです。夏バテしないよう、気をつけなくては。
★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・木・・・
『拝啓、ご両親様』(第65話)★★★
 チャンス母が、ソンシルたちとの関係がよくなったこともあり、アン家にお詫びにやってきました。アン家のお母さんも気が強いほうなので、二人のばつの悪そうなご対面は、なかなか迫力があっておもしろかったです。離婚する前に、こんなふうにうちとけたら一番よかったんでしょうが、それでも関係が変わってきてよかったなとつくづく思います。人と人の関係は、なにかをきっかけに大きく違う形へ変わるんですね。
 アリとミヨンも、同じように少しずつうちとけて、初めのころのぎくしゃくが嘘のようで、二人の場面をほのぼのした気分で見られるようになって嬉しい限りです。
 そうそう、ソンミですが彼からの電話を受けて、二人で会ってましたね。なんかね、二人ともが自分たちは絶対こうしたいという気持ちがあまりないように見えて、じれったいのです。ソンミの彼氏も、結婚相手が自分の家の財産を期待しているとかなんとかぐずぐず言ってましたが、いやなら結婚しなきゃいいんだし、看病なら人を雇ったっていいんだと一大決心するくらいだと頼もしいのに。二人のぐずぐずシーンは、もうあんまり見たくないので、ちゃんと片がつくといいなぁ。

・・・金・・・
『龍の涙』(第137話)★★★
 太子は太子妃に王子が生まれたのに、やはり宮中の外での時間が忘れられず、出かけてしまいました。バンウォンの性格を考えると、太子の行動に理解もできるけれど、それでももっと他にやり方はなかったのかなという思いも捨て切れません。宮中の外が楽しいのは、お金はあるし、責任もなく、ただただ好きなことだけしていればいいので当然といえば、当然。縛りのある中で自分になにができるのか、太子ももっと考えてくれると彼に共感できるのに。
 いつの間にか、都承旨(トスンジ)が変わっていますね。この新都承旨の就任に合わせるように、また朝廷内で波乱の予感です。老臣チョ・ヨンムが一目惚れして側室に迎えたのは、宮中のしかも大殿に仕える女官だし、建国の史実編纂では、王室に都合の悪いことは改めるよう命令が出されるし。案の定、バンウォンは非常事態宣言を出し、重臣たちを緊急召集して忠誠心を試すと言い出しました。
 このドラマであるように、史実を都合よく書き換えているというのは多かれ少なかれ、どの国でも、いつの時代でもあるでしょうが、そうしたことが行われたという記述が実際にもあるんでしょうか?それとも、史実に照らし合わせて、こうだっただろうというドラマとしての創作?どちらにしても、建国の際に多くの血が流れたことは、結局後々の世まで知られてしまったのは、なんとも皮肉ですね。

『星をとって』(第11話)★★★
 公衆の面前でのテギュのプロポーズ。やっぱり、パルガンは断りましたね。でも、強く拒否するわけでもなく、騒がしく驚くのでもなく、淡々としたパルガンの態度は、彼女の成長ぶりがうかがえて、よかったです。パルガン、本当に大人になったというか、大事なことをちゃんと分かっていて、かっこいい!かえって、ガンハやジュンハのほうが、ペースを乱されていましたね。
 テギュに協力したのも、ガンハたちにその光景をあえて見せたのも、ジュンハのジェヨンへの愛情ゆえかと思ったけど、違うのかしら?自分もパルガンに本気だなんて、ガンハに宣言してたけど、どうも真意を図りかねてます。本気なら本気でそのほうがいいんだけど、ジェヨンのための演技だったらジュンハのこと、嫌いになりそう。
 そして、ちょっと唐突にガンハの実母登場。離婚をしてガンハは父の元で育ったようです。ジュンハとは、異母兄弟ということかな。ガンハの冷徹な性格も、この母との別れや関係が影響しているということかもしれないけど、泥酔してパルガンに抱きついたりして、なんか嫌だ~。パルガンのまっすぐさに寄りかかるようなことはしないでほしいわ。さて、さて二人の関係が急展開するのかな。

・・・日・・・
『済衆院(チェジュンウォン)』(第14話)★★★
 忘れかけていたけれど、ソグンゲの身分がついにソンナンに知られてしまいました。マダンゲ(ソグンゲの父)が、ソンナン家族と付き合いがあることを、ソグンゲは知らなかったんですね。でもきっと、ソンナンはソグンゲが白丁(ペクチョン)の身分であっても、両班であっても、人となりで彼の中身を見てくれると思うけれど、ドヤンや済衆院のお偉方に知られると、また面倒なことになりそうです。
 ずっと気になっていた、ソグンゲという名前についても、お話の中で説明がありましたね。一度も名字が出てこなかったので、もしやと思っていましたが、やはり白丁には姓がないようです。名前も、一般的なものとは少し響きが違うし、そういう名前をつけることが習わしとなっていたのか、そう決められていたのか。

『トンイ』(第13話)★★★
 監察府にとって招かれざる客のトンイ。いきなり、資格試験に参加させられて、当然不合格に。規則だからと言われるも、自分で規則を調べて食い下がり、雨の中倒れるまで座り込み、ついに王妃の助けもあって、改めて試験を受けることを許されました。いや、よくがんばったもの。他の女官から冷たい目で見られても、孤立無援でも、がんばりたいという気持ちで突き進む姿には、見る者を突き動かす力があります。チョン尚君に、「偉い人の後ろ盾でついた地位だけれど、人の役にたてる人になりたい。賤民がそう思うのはいけないことなのか」と語るトンイの言葉こそが、胸にささってくるようでした。彼女が言うように、監察府の女官たちは並々ならぬ努力をしてその地位を得ているかもしれないけれど、そのスタートラインにすら立てないトンイたちのような人も大勢いるわけで、身分が低く生まれれば、頭を垂れて、与えられた運命をただただ受け入れなければならないことを、理不尽と感じることは当然のことです。だからこそ、トンイの野心とは少し違う、向上心が気持ちいいのだと思います。
 物静かですが、王妃のきりりとした態度もかっこいいですね。粛宗を盛り立てたいという気持ちもあるのでしょうが、姑息な手を使う最高尚君(チェゴサングン)をすっぱりと切って、公正な新しい最高尚君をたてた手腕はお見事でした。
 チョンスとの再会も気になるのですが、本編がおもしろくてチョンスのことはちょっと忘れがちです。

『幻の王女 チャミョンゴ』(第11話)★★★
 ワン・ゲンが亡くなり、チェ・リがいよいよ王になるようです。ジャシルも強い女性ですが、ワン・ゲンの妻もなかなか負けてません。男性と対等とまではいかないにしろ、女性も家の中でおとなしくなんてしていられない時代だったのでしょうね。みんな本当に逞しい。
 そして、気になるのが子どもたち。ジャシルがワン・ゲンを手にかけるところを見て正気を失ったラヒは、曲芸一座の一員となったチャミョンと出会いますが、ナイフ投げをさせて欲しいと言いだし、チャミョンにケガを負わせます。いや、正気を失っていることと、ナイフ投げの関係がよく分からないけれど、ラヒの残酷さがかいま見えて怖かったです。で、チャミョンも初めは鷹揚にラヒのことを受け止めていたけれど、ケガをするやギャンギャンわめき始めるし、チャミョンの言動もよく分からないわ。
 まあ、周囲の大人がみんなあんなふうなので、子ども子どもしていてはいられないから、かわいそうでもあるかな。ラヒは、優しいモ・ハソが自分を殺そうとしたことがあると知り、さらに一人だけしか助からないならチャミョンを助けると言われてしまうし、傷つきますよね。モ・ハソも、チャミョンが大事なのは分かるけれど、年端もいかないラヒの気持ちを汲んで、なにがなんでも二人とも助けるくらい言えないのかな。
 そろそろ大人になってほしいけれど、まだかな? 

・・・月・火・・・
『トキメキ☆成均館スキャンダル』(第11話)★★★ 
 ユニの父が成均館の博士であったことも、ユニは知らずに育ったのですね。ユニの父と、コロの兄、そしてチョン・ヤギョン、正祖との関係が少し分かってき始めました。でも、彼らの関係が深まることは、ソンジュンと敵対することになる可能性も高くなるわけで、ユニとソンジュンがお互いを思いながら苦悩するってことになるのかな?でも、それまでは二人の初々しい関係を楽しみたいと思います。あぁ、でも二人が接近するとコロがかわいそうになって、これまた切ない。まさに“トキメキ”です。
 ヨンハはこの二人の気持ちに、もう気づいているんですかね?ヒョウンを煽って、ソンジュンの反応を見ているヨンハ、本当に曲者です。いつもの、耳元ささやきヨンハがいっぱい見られたのでいいんだけど、なにを考えているんだか。ヨンハの素性、とっても気になります。若いのに、あまりに世間のことが分かりすぎているというか、人を見抜く力がありすぎるこの感じが気になります。
 この週は、1話のみの放送でした。

『チュノ(推奴)』(第*話)★次回19話から★ 
 感想はまとめて書きます。たぶん……

« 今週の韓ドラ’11(6/25~7/1) | トップページ | 今週の韓ドラ’11(7/9~7/15) »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/52190098

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ’11(7/2~7/8):

« 今週の韓ドラ’11(6/25~7/1) | トップページ | 今週の韓ドラ’11(7/9~7/15) »