2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 広島巡り(5/86)~呉市 | トップページ | 今週の韓ドラ’11(3/26~4/1) »

2011年3月28日 (月)

今週の韓ドラ’11(3/19~3/25)

 やはり、まだまだ遅れながらの鑑賞です。見るものがたまっているのもありますが、最近、むしょうに中国語を聞きたくて、ついつい中華ドラマのほうに手が伸びているせいもあるのです。どっちがおもしろいとかではなく、1年に何回か耳が中国語を聞きたがるのです。 
★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・火・・・
『ドラゴン桜』(第7~9話)★★★
 数学、英語に続いて、国語や理科の先生も集まってきましたが、国語、理科の勉強法になって、やっと受験対策っぽくなってきました。特に国語、評論文の解き方は受験を思い出して懐かしかったです。特進クラスの生徒たちが感じるように、もしかして自分もという気分になれないと面白くない作品だと思うのですが、これまではあんまりそれを感じられなかったので、やっという感じです。
 勉強以外もだんだんと熟してきています。ベクヒョンとプリプ、ヒョンジョン、さらにチャンドゥの恋愛。なんか、青春っていう感じです。好きなんだけど、本当に好きなのかなというドキドキは、高校生ならでは。かわいいです。
 そして、大人の恋愛のほうも少し動きあり。理事長のマリがソクホのことを気にし始めましたが、ソクホはスジョンのことが気になっているみたいですね。スジョンはまだ恋愛という感じではないけれど、わざとソクホの痛いところを突いたり、ゆるーく反撃してくすくす笑ったりで、まんざらでもない感じ。いやぁ、本当にスジョン可愛い!というか、ペ・ドゥナがかわいくて~、見ているだけでニコニコしてしまいます。 

・・・木・・・
『拝啓、ご両親様』(第54話)★★★
 チャノの恋愛はこれで終わりなんですかね。せっかく、今度こそうまくいきそうだったし、ジョンファンたちの反対にめげず幸せになってほしかったけれど。チャノ、本当にいい人なんだけど、彼女とは縁がなかったということなのかな。ぜひ彼にもよい人とめぐり会って欲しいです。
 一方、アン家ではお父さんがお母さんを怒らせてしまって、かなりピリピリムードが漂っています。が、これがまたおかしいというか、いつもは人格者として堂々としているお父さんが、お母さんの激怒にすっかり縮こまっているのがおかしくて。あぁ、アン家は平和だし、幸せそうでいいです。お母さんが怒っているのも、またなんだか可愛くて。アリやミヨンにばっかりいい顔をして、自分をないがしろにしていると怒るお母さん、本当に少女みたい。
 母といえば、チャンス母。相変わらずきついし、余計なことをズケズケ言うんですが、寂しいのかな。ソンシルの家にたびたび来てますね。

・・・金・・・
『龍の涙』(第122話)★★★
 ミン兄弟がついに遠地へ流刑となることが決まりました。案の定、王妃はバンウォンに激しく直訴。それを見てバンウォンもますます激昂。部屋を出ようとしたバンウォンにすがりついたものだから、なんとバンウォンは王妃を蹴りとばして、さらには手を上げる始末。それを止めに来た太子の前でも、怒り収まらない王と、わめき散らす王妃。これが国の頂点に立つ王と王妃だと思うと、溜息が出そうになる光景でした。お互いの性格は十分に分かっているだろうし、似たもの同士であったからこそ夫唱婦随で頂点に登り詰めたことを忘れてしまったのでしょうね。
 ますます太子の二人への嫌悪感が募っているところに、お忍びで宮殿を抜け出していることまでバンウォンに知られて、太子大ピンチです。長男として期待されていることは賢い太子のことだから分かっているでしょうし、それだけに逃げる場所が欲しくなるのも分かる気がします。

『パスタ~恋ができるまで~』(第19話)★★★★
 ニューシェフ大会への出場のため、ヒョヌクは国内派とイタリア派でペアを組ませて特訓に入りました。しかも、いちばん仲が悪い同士を組ませるという。いやぁ、相変わらずやるときは徹底的に!のシェフらしい采配です。ヒョヌクにかかると、妥協とか、いいかげんになってできないし、嫌なことでも否とは言えないから本当に大変そうです。そうしておいて、みんなが打ち解けたところを目を細めて嬉しそうに見ていたりするところは、かっこい~!スーシェフのほうが年上っぽいのに、こういうときのヒョヌクは一番大人に見えます。
 ヒョヌクにイタリア行きの話があるようだけど、セヨンに譲る気かな?「4つ星の本場レストランよりも、4つ×をつけても足りないラスフェラのほうが、今はいい」というヒョヌク。やっぱり、かっこいいです。ユギョンがベタ惚れなのも、料理人として彼を尊敬しているのもよく分かります。毒舌も最近は控えめで、愛情が感じられるし、こういう人と仕事してみたい気がします。
 このドラマも次回は最終回。あぁ、寂しい。

・・・日・・・
『イ・サン』(第77(最終)話)★★★
 やっと最終話です。本放送はだいぶ前に終わっているので、最終話はノーカット字幕版で見ました。始まってすぐ、なんだかいつもと違うな~と思ったら、俳優さんたちの地声だからなんですね。吹き替えの声に慣れていたので、なんだか違う作品を見ているような不思議な感じでした。
 最後は、イ・サンの最晩年です。亡くなる直前まで公務に埋没しながら、まさに王として亡くなっていったというふうでした。
 週1回の放送なのでやっと最後まできたという感じですが、政争以外にも、恋愛や王と側近たちの絆、宮中のしきたりや、図画署などさまざまな場面が登場したので飽きることはありませんでした。
 前半はなっといっても、ホン・グギョンが良くも悪くも印象的でした。最後は権力欲に抗いきれず、数々の悪事に手を染めてしまった彼ですが、正直イ・サンよりもずっと目立っていたし、おもしろかったです。
 そして、後半はすっかり登場場面が減って残念だったのが、図画署。その仕事も興味深かったし、なによりイ・チョン様(!)が素敵でした。もう彼が出てくるだけで楽しいし、笑えるし。最終話では、図画署を辞めて絵の私塾を開いているという設定でしたね。
 DVDなんかで勢いを付けて一気に見たいというドラマではないけれど、週1回の定番ドラマとしては家族で楽しめるお話だったと思います。

・・・月・火・・・
『チュノ(推奴)』(第*話)★次回5話から★ 
 ちょっと追いつかないので、次回に。

・・・月~金・・・
『白い嘘』(第95~100話)★★★
 ヒョンウ母が不正に百貨店を手に入れた証拠を見つけたジョンウですが、そうは簡単にことが運ぶはずもなく、反対にナギョンに裏切られ、社長を解任されてしまいます。悪いとは思いつつも、怒り狂うジョンウを見てほくそ笑んでしまいました。シン会長の書斎に忍び込んだのをヒョンウに見られて、都合のいいときだけ「兄弟だろ」なんて言うやつにおいしい思いはさせたくありません。
 しかしジョンウ父、本当にひどい男だったのね。シン会長の言葉によれば、離婚したいがために身重の妻を殴って、薬まで飲ませたですって?!しかも、幼いヒョンウをなにかとジョンウと比べて傷つけたなんて、本当に最低。でも、その話を聞いても、父を自殺においやったシン会長が悪いと言い切れるジョンウって、もう救いようがないかもしれません。こんな衝撃の事実を聞かされたら、自分が見ていた父ってなんだったのって、気持ちが揺れるでしょうに。相変わらず、他の人が悪い、誰それのせいって言い続けるんでしょうね、このジョンウという人は。
 さらに、シン会長に反撃するため、ナギョン父の株を譲渡してもらえるよう、ビアンを養子にすることを承諾し、さらにはシン会長にビアンが自分の子だと宣言します。ナギョンも、ビアンを巻き込んだ時点で同情できなくなったし、ましてや自分の立場を守るため実の息子を利用するジョンウはもっと許せない!と一人熱くなりながら見てます。
 もう、シヌでもウニョンでも、シン会長でもいいから、ジョンウ一家をぎゃふんと言わせてほしいです。あ~、いらいら。でも続きが気になります。

« 広島巡り(5/86)~呉市 | トップページ | 今週の韓ドラ’11(3/26~4/1) »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/51242551

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ’11(3/19~3/25):

« 広島巡り(5/86)~呉市 | トップページ | 今週の韓ドラ’11(3/26~4/1) »