2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 今週の韓ドラ’10(12/4~’11/1/7) | トップページ | 2010年韓ドラのまとめ »

2011年1月15日 (土)

今週の韓ドラ’11(1/8~1/14)

 今、ちょうど広島で韓国ドラマ『サイン』のロケが行われているようです。今日、明日あたりは庄原ロケのようですが、庄原は広島の県北にあって寒いところなので、撮影大変でしょうね~。たぶん雪も降っているんじゃないかな。もう少し暖かい時期なら、見学にと思ったんですが、車のタイヤはノーマルだし、寒い中を出かける元気が湧いてこないので、おこたの中から撮影の無事をお祈りすることにしました。あ~、でもパク・シニャンさん、生で見てみたかったわ。
★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・木・・・
『善徳女王』(第59~60話)★★★
 ピダムがトンマンの側につくのではないかと疑心暗鬼になった側近たちにより、ピダムの名前で明国に通じる文書が送られたり、さまざまな牽制がされてピリピリしています。トンマンはピダムの自分への気持ちを信じているようですが、周囲はピダムへの不信が強いようで、特にピダムはミシルの子である彼をなんとか排除しようとします。これまで、頭の回転が速く計算ができるだけに、ピダムという人は自分の思惑通りに生きてこられたし、なにより自由でした。が、さすがに女王に対抗する勢力を率いるものとなり、背負うものが増えた今は、彼とて思うようにならないことが増えているようで、初めて彼が危機にさらされているときのようです。トンマンだけは信じようとする彼ですが、そこにつけいったのが、チュンチュ。自分が矢でケガをしたことを口実に、トンマンもピダムを信じてはいないと思わせるようなことをピダムに吹き込みます。政治家としては資質たっぷりなんでしょうが、若いのに嫌なやつですね~。「(ピダムは)大業の妨げになる。消さなくては」とつぶやく彼。どちらに正義があったとしても、その目的のために誰かを犠牲にすることを善しとする政治はいやなものです。
 トンマンを信じたいのに、わき上がってくる疑念を拭いきれずもだえ苦しむピダム。初めて、彼がかわいそうに思えました。

『拝啓、ご両親様』(第44話)★★★
 チャンスが救急で病院に運ばれたので、すわ大病かと思ったら、盲腸だったようでほっとしたような、肩すかしのような。まぁ、このドラマには降ってわいたような病気エピソードは似合わないから、当然かな。ちょうどチャンス母が旅行で留守だったので、ソンシルが病院に行きますが、チャンス泣いてましたね。病気という非日常にあって、ささいな日常や失った家族の大切さが身に沁みたのかな。
 アリの妊娠をお父さんが聞いたときの反応、よかったですね~。おめでたいんだから、自分に一番に話すべきだろうって、少しすねているお父さんがかわいかったです。「自分だけのけ者にして」なんて独り言まで。
 アリの実家のお父さんもとっても喜んでくれたし、本当によかった、よかった。
そして、今回いちばんほっこりしたのが、ミヨン母。今の店をたたんで、新しい飲食店を開くようですが、従業員の女性(義妹?)に退職金を渡します。自分が長く人の下で働いたときの悔しかった気持ちから、人を使うようになったら気持ちいい形にしたいと思っていたと。ぶっきらぼうで、強烈なミヨン母ですが、いいところがあるのね。ほろりときました。

・・・金・・・
『龍の涙』(第114話)★★★
 ようやく長かったイ・ソンゲのバンウォンへのわだかまりがなくなったようで、父が子を許しました。バンウォンはともかく、イ・ソンゲが辛かったであろう苦悩の日々を抜け出せたことは、本当によかったです。
 気になるのは、太子の様子。生真面目に勉強に励む弟たちをよそに、勉強はさぼりがちで、先生たちを困らせているのがどうも不穏な感じです。祖父や父の過去の粛清のことや、母が大事にされていないことへの不満などがあるようで、バンウォンとの衝突は必至でしょうね。若く、太子という地位にあるがゆえの傲慢さがうまく出ています。
 太子妃は決まったものの、ここで明国皇帝の王女を妻として迎えるという話が登場します。なんとなく、李朝では純血が重んじられていたというイメージがあったので、これに家臣たちが興味を持っているのに、驚きました。実際、明国や他の諸国の女性を妻に迎えるようなことがあったんでしょうか?

『パスタ~恋ができるまで~』(第11話)★★★★ 
 スー・シェフに引き抜きの話があり、一気に厨房スタッフが抜ける可能性が。ヒョヌクは、気に入らないやつはどこへでも行けなんて言うのかと思ったら、ちゃんとスタッフの様子を見て、引き止めるつもりだったんですね。スー・シェフの作った料理の意図もちゃんと理解しているし、見ているところは見ていることが分かって、かっこよかったです。あの雷のような罵倒も、スタッフを見ている証拠ということみたい。少しずつだけど、スタッフとの関係ができていっているのが、いいです。ユギョンがシェフの本質を見抜いたように、スタッフも彼の実力や、意外な優しさを仕事の中で分かっていっているのかな。
 ただ、助手のウンスは気が弱そうで、かなりへこんでましたね。このままいくと、ヒョヌクとユギョンが付き合っていることを暴露しちゃいそう。厨房での恋愛禁止を宣言したヒョヌク、どんな反応をするのかな。このウンス、気が弱くて、厨房でも一番下っ端なんだけど、彼が登場するとなんか嬉しいです。がんばれ~、ウンス。

『ロマンスハンター』(第14話)★★★☆
 今週いちばんおもしろかったのは、ハンナのエピソード。ビバリーヒルズに邸宅を買ったという婚約者の言葉に喜ぶものの、どうにも彼との結婚にのりきれず、先輩の言葉を参考にして彼にキスをしてみます。てっきり、婚約者を振り向かせようとしたのかと思いきや、キスの後に「やっぱりだめ。結婚はやめましょう」だって。相手の男性はハンナより背が低いのですが、ハンナったら彼の耳をつまんでキスしていたのには大笑い。いやぁ、毎回彼女は笑わせてくれます。あのいけ好かない婚約者が絶句していたし、よくやった>ハンナ。
 そして気になるのが、メンバーの中で唯一の既婚者ヒャンジン。学生時代の後輩に誘われていっしょに仕事をしているうちに、なんかいいムードに。彼女の夫も、再就職はしたものの、けっこうダメ夫なだけに、少しときめいてしまう気持ちは分かるけど、家庭のほう大丈夫か、ちょっと心配です。
 ヨンジュとホジェは、いつもどおり。しかし、本当にこの二人よく喧嘩するよね~。
 今週、ヨンジェが運転免許を取りに行くのですが、最後の教習らしきときは、教習車に教官はおらず、ヨンジェが構内コースを一人で運転してました。いくら構内とはいえ、すごいわ~。それに路上教習とかないのでしょうか。気になるわ。

・・・日・・・
『イ・サン』(第*話)★次回73話から★
 勢いあまって、前回分で今週分の感想まで書いてしまいました。

・・・月~木・・・
『白い嘘』(第9~16話)★★★
 ぐんぐんお話は進んでいて、驚きっぱなしで退屈しません。
ジョンウ、予想どおり最低男街道を突っ走ってくれています。ウニョンが両親に会ってほしいと言い始め、ついに自分は結婚しているし、離婚もできないので愛人になってほしいと言うのです。嘘がばれて開き直って、ここまで明け透けに言う人も珍しいよなと、怒るより感心しちゃいました。
 このことでウニョンはジョンウに見切りをつけ、父が病気で倒れ、家も手放してしまったことから、ヒョンウと結婚することを決心します。ヒョンウが心底嬉しそうなんだけど、ウニョンもすごい決心をしますよね。確かにジョンウの真っ黒な腹の内を見たら、ヒョンウはまっ白だけど、さすがに結婚までは……。ほとんど時代劇の設定ですが、あの迫力のヒョンウ母が登場すると、なぜかこんなこともあるのかと錯覚してしまいそうになるから不思議です。
そして、もう一人濃いキャラが登場しました。ヒョンウの妹シヌ。登場したのっけから、ウニョンに対して敵意まるだし。顔は笑っているけれど、言葉はきつい、きつい。彼女がなぜそんなに結婚に反対しているのかも気になります。財産なのか、意外に家族愛なのか?

・・・月~金・・・
『ガラスの城』(第5~9話)★★★
 見始めてまだ2週目なんですが、なんか早くも見るのがしんどくなりつつあります。久しぶりの毎日放送というせいもあるんでしょうが、主人公のミンジュとソクジンがちょっと苦手かも。ミンジュはどうもソクジンのことが気になり始めているようで、ソクジンも手のかかる後輩が気になっているんですが、この二人の恋の始まり的展開にときめかないのです。ソクジンは目上の人には礼儀正しい好青年だけど、職場では厳しいプロという役柄なんですが、ミンジュの行動をいちいち批評するのが、どうも苦手。毒舌というより、小姑みたい。そして、彼の子どもはてっきりジュンソンの姉との子どもだと思っていたら、彼女をあきらめさせるため、別の人と結婚するようジュンソン母に言われて選んだ相手との忘れ形見のようです。しかも、その亡くなった妻じゃなく、ジュンソン姉とのことを未だにひきずっているというのも、ちょっと受け入れがたい。そして、ミンジュ。彼女の友だちが言っていたように、複雑な家庭環境で、貧しくて、アナウンサーとしても未熟だけど、明るくがんばってます!という様子が、健気にがんばっているというのとも違って、ちょっと息苦しいのです。ジュンソンとソクジン二人から、かなり短時間の間に好きになられてしまうのが、正直分からないわ。でも、ジュンソンは彼女のこの一所懸命さにベタ惚れみたい。
 台詞では、ミンジュがジュンソンにもちょっと気持ちが傾くかもって言っていましたが、もうちょっと彼女がどっちを好きになりそうか、ドキドキさせてほしいかな。

« 今週の韓ドラ’10(12/4~’11/1/7) | トップページ | 2010年韓ドラのまとめ »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/50594399

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ’11(1/8~1/14):

« 今週の韓ドラ’10(12/4~’11/1/7) | トップページ | 2010年韓ドラのまとめ »