2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 今週の韓ドラ’10(11/13~11/19) | トップページ | 今週の韓ドラ’10(11/27~12/3) »

2010年11月28日 (日)

今週の韓ドラ’10(11/20~11/26)

 あと少しで師走。が、最近にわかに忙しくなって、もう12月になったのかと錯覚してしまいます。あ~、せわしない。 
★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・月・・・
『チョン・ヤギョン』(第7話)★★★   
 事件の詳細はともかく、初めのほうで犯人が予測できてしまいましたが、それよりもソルランとチョン・ヤギョンの恋愛っぽい描写が多いのにびっくり。優秀な女性の特別捜査官が派遣されてきて、チョン・ヤギョンと彼女の関係にソルランがやきもきしたり、ちょっと嫉妬したりがてんこもりでした。個人的には、謎解きや事件性に焦点をあててほしいので、恋愛はどうでもいいんだけどなぁ。事件そのものにもう少し絡めてくれれば、違和感はないんでしょうが、事件と恋愛と二本柱みたいになってもったいない感じでした。恋愛要素のないドラマがあってもいいと思うんですが、だめかしらん。
 韓国ドラマによく登場する、蘭を描く場面がこのお話にも登場しました。いつも思うのですが、この蘭を描くというのはどういう謂われや、意味があるんでしょうね?絵を描くというよりも、書道みたいな感じにも見えます。きれいに描くというよりも、精神修行みたいな感じにも見えます。

・・・火・・・
『タムナ~Love the Island』(第15話)★★★★ 
 あぁ、よかった。いや、事態は決して安閑としていられないんですが、とにかくよかった!それが感想です。ボジンが、やっとパク・キュのことを好きなんだと気づいてくれました。正直、彼女がどこまで彼のことを好きなのか不安だったんです。あくまで、ウィリアムの次の存在なのかなと思っていたけれど、ボジン自らがウィリアムは友だちで、好きなのはパク・キュと言ってくれて泣けるほど嬉しかったです。ありがとう、ボジン!!
 でも、ウィリアムはちょっとかわいそうかな。本気でボジンをイギリスに連れ帰ろうと思って、似合わない悪人風にもなったのに、今さらお友だちって言われても泣くに泣けないだろうけど、こればっかりはねぇ。そうか、ボジンにとってウィリアムは、まっさらで自分の気持ちを言える初めての人だったんですね。漢陽から見れば、自由でおおらかなタムナですが、それでも当時なりの縛りもあれば、息苦しさもあったでしょうから、若いボジンにとっては生きにくかったのかもしれません。
 ソリン商団の企みに巻き込まれたパク・キュが気になるし、ウィリアムも一応気になる。そろそろヤンが活躍してくれるのか、ボジンが最後に大活躍なのか。あと1話、楽しみです。

・・・木・・・
『善徳女王』(第54話)★★★
 ユシン、どこまでも理想的な臣下の道を歩みますね。ピダムの策にはまったかに思えましたが、ここまではしないだろう一歩にまで躊躇なく踏み込めるその真っ直ぐさ。もういい年齢になっているでしょうに、変わりません。その彼に、百済への潜入を命じるトンマン。っていうか、いくら当時は写真はないとはいえ、新羅でも英雄的な武将であるユシンだけに、顔を見たことがある人がいてもおかしくないんじゃないかな?間諜のような人もいただろうし、一般の人でもなにかのときに見かけたかもしれないのに。案の定、下調べもあんまりないままに百済に入るものだから、いきなり疑われてるし。ちょっと迂闊な作戦に見えました。
 ここでピダムとトンマンの抱擁についてなにか書けばいいんでしょうが、正直、なにも思い浮かばないのです。トンマン、もう少しのところで踏みとどまったけれど、けっこう気持ちが傾いている?ユシン一筋かと思ったけれど、ピダムにも思いを持っていたみたいです。この二人がもしも夫婦になったら、お互い心を開いて安らげるのかなと、余計な想像をしてしまいました。

『拝啓、ご両親様』(第38話)★★★
 いよいよジョンファンとミヨンも戻ってきて、同居が始まりましたが、ミヨンってやっぱり変わってます。変に愛想を良くしなくてもいいけど、アリが一所懸命気を遣っているのに、そっけないというより、ちょっと失礼?裏表がないのだろうとは思うけど、そのわりにチャノにアリは自分のことを嫌っているだろうとか、付き合いにくそうなんて話して、ちょっとやな感じ。アリびいきだから、余計にそう思うんでしょうけど、留守の間に屋台を手伝ってもらったり、結婚祝いももらっているんだから、まずはお礼くらい言ってもいいと思うわ。
 ソンシルや、妹のソンミもいろいろあるようですが、それよりもアン家のほうがおもしろいので、そっちばかり一所懸命見てます。というか、ソンミの恋愛話には、正直あまりときめけないので、興味が持てないわー。

・・・金・・・
『龍の涙』(第107話)★★★
 バンウォンに弓を射かけ、さらに鉄槌まで忍ばせたイ・ソンゲですが、どれもバンウォンを傷つけることなく終わりました。人の手で抗いきれない天命として、バンウォンを王と認める決意をします。宴で鉄槌をふるったあと、そうつぶやいたイ・ソンゲの姿は、悲しいものでした。それを見て、一人の老臣がつっと涙を流した姿を見て、ほっとしました。ハ・リュンやイ・スクポンはまごうことなきバンウォンの忠臣ですから、イ・ソンゲを王の敵とは見ても、心底から彼の苦悩に思いを馳せてはくれないだけに、一人でもイ・ソンゲを思って泣いてくれる人があってよかったと思えたのです。結局、イ・ソンゲは自ら苦しみ抜き、自らの力でそれを克服したように見えました。
 名実ともに王となり、いよいよバンウォンの天下です。近ごろちょっとおとなしめで、イ・ソンゲにも賢婦としてねぎらわれた王妃ですが、やっぱりバンウォンが孝嬪=トクシルのもとに行けばあれこれ考えるし、元子が太子になる件ではカッとなって相変わらずでした。なんだか、健気な王妃よりもこっちのほうが安心します。
 元子、父と祖父の確執を目の当たりにして、世子になりたくないと言い始めました。気持ちはよく分かりますわ。

『パスタ~恋ができるまで~』(第5話)★★★☆
 卵の業者からの賄賂問題、解決してよかったですね。でも、ヒョヌクのユギョンに対する行動がなんだかとっても艶っぽいので、そっちが気になって、気になって。ラスフェラのみんなも、賄賂をもらったことに対する疑念と、ヒョヌクが妙にユギョンとくっついているところにものすごーい違和感を持ったらしいところが、なんだかとってもおかしかったです。スタッフはヒョヌクとユギョンの出会いも知らないわけだから、急になんでこんなスキンシップ?と思うのも分かる気がします。イタリア領事のオーダーも見事に的中させたユギョン。本人はなんとなくと言ってますが、きちんと客のことを見ていることが分かったから、ヒョヌクは大事なパスタも彼女に作らせたんですよね。そういう彼の姿勢、プロとしてかっこいいです。他のスタッフにも、少しずつそういう一面が伝わっていくといいなぁ。
 そして、アレックス(←劇中で、彼の名前ってまだ出てきてないような気が?)。相変わらず謎な感じ。ヒョヌクのことを評価しているようで、けっこう挑戦的でしたね。ユギョンのことも、頑張っているから応援しているのか、それ以上の気持ちがあるのか、分からないことだらけです。
 そうそう、セヨンとヒョヌクの過去が分かりましたね。いやぁ、セヨンってなかなかに野心的。目的のために手段を選ばない大胆さもあるし、それでもまたヒョヌクの前に現れるけっこうな自信家のようです。でも、演じるイ・ハニのせいか、さほどそれが嫌味に感じないのがいいです。いや、このドラマ本当におもしろいです。

『ロマンスハンター』(第8話)★★★☆
 過去の恋愛に関するあれこれがテーマでした。いろいろあったけど、いちばん驚いたのは、ハンナが失恋したベンチャー企業の社長。ハンナと会わなくなったと思ったら、あっというまに社長令嬢と婚約しただけでも二股疑惑だったのに、さらに長年彼の下で働いた女性にも手を出していたみたい。いや~、最低。誠実そうな見かけと違う人でした。ハンナも、彼と結ばれなくてよかったです。
 そして、ヨンジュとホジェも見ているほうが恥ずかしくなるくらいのラブラブっぷりですが、二人の最初の口げんかが、Tバックの下着というのが笑えます。ヨンジュも、いくら新品とはいえ、昔の彼にもらった下着を履いていくことないのに。しかも、口を滑らせてホジェに知られちゃうし。ま、微笑ましいです。
 でも、その二人も仕事のことで、少しこじれそうな感じ。プロに徹して冷静に対処するホジェと、感情と勢いに流されがちなヨンジュ。それぞれ、二人の長所なんですが、職場がいっしょだとそうばかりも言っていられないんでしょうね。もっと仲良しな二人が見たいんだけど、どうなるんでしょう?

・・・日・・・
『イ・サン』(第66話)★★★
 ホン・グギョンの企みが明るみに出て、とうとう獄につながれてしまいましたが、確かに今までしてきたことを思うと、やっと彼が捕まってこれ以上悪いことができなくなったことに安心しました。壊れてゆくホン・グギョンはあまり見たくなかったのです。でもやっぱり、イ・サンと彼に絆にはなんだか違和感が。他のことはどうでもよくて、お互いに信頼し合っていればいいっていうのでもないと思うだけに、二人が男泣きしているのを、ちょっと冷たい目で見てしまいました。ホン・グギョンという人は、万民の王であろうとも、自分にいちばん目を向けてほしいと思うようになってしまったのかもしれません。妹が自分の野心の犠牲になったことをきちんと直視していれば、もしかすると違う結果になっていたのでしょうか。
 チョン・フギョムが獄中でホン・グギョンに発した警告が、奇しくも現実の物となってしまったのは皮肉です。

『華麗なる遺産』(第24話)★★★    
 社長解任劇には、かなりドキドキさせられました。そして、ジュンセとスンミンの行動にもう、胸が痛くなるというか、胃が痛くなるというか。ジュンセは父から、解任劇に加担するよう迫られるし、スンミもファンのために帳簿を手に入れようとするものの、ファンを手に入れるためやっぱり悪いほうに帳簿を利用しようとするし。ファンも、なんでスンミに帳簿を手に入れろなんてことを頼むかね。簡単に裏帳簿が一般社員に見られるのもどうかと思うけど、会社の機密を持ってこいなんてことを頼む神経が信じられません。しかも、スンミがファンへの未練を強く持っていることも分かっているだろうに。あぁ、ファンよ、もう少しスンミの気持ちを考えてあげて~。
 ジュンセも、ウンソンがまさかファンとくっつくという予想外の展開で打ちのめされているのに、今度は父の背任とファン祖母への裏切りを強いられるなんて、もう気の毒としかいいようがありません。スンミもジュンセも、もっと言えばウンソンも親のせいで苦労してますね。ま、ジュンセはそうは言っても、きっと正しい選択をしてくれるだろうという安心感があるのですが、でもやっぱりどうなるか気になります。

« 今週の韓ドラ’10(11/13~11/19) | トップページ | 今週の韓ドラ’10(11/27~12/3) »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/50152915

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ’10(11/20~11/26):

« 今週の韓ドラ’10(11/13~11/19) | トップページ | 今週の韓ドラ’10(11/27~12/3) »