2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 今週の韓ドラ’10(10/16~10/22) | トップページ | 広島にパク・シニャン? »

2010年10月26日 (火)

最近の華ドラ(2010年9月)

 なかなか、これぞ!とうい中華ドラマがなくて、さらっと見ている感じです。年齢や性別を選ぶドラマが中心なので、どうしてもはまると言えるほどの作品は少なくなりますね。

P.S.男/原題:偷心大聖PS男(*集)
 10話までは見たのですが、時間もないし、ハードディスクの空き容量もない。恋愛以外の要素があまりない作品を見るのは、ちょっと辛くなってきて、挫折です。

イケメン探偵倶楽部MIT/原題:霹靂MIT(6~10集)
 シードゥ、メニエルなの?だから、たびたび目眩がしてたのか。なんていうか、あんまりにも意外な告白だったので、それまでの事件のあれこれが吹き飛びました。
 やたらと事件が起こり、しかもその原因が他の生徒への嫉妬や競争心が高じてとか、本当に第三者から見たら、気の毒だけどそんなに思い詰めることかなと思う動機ばかりだし、逆恨みと紙一重って感じです。ミステリーは謎解きも大事ですが、犯人側がどれだけ見るものをひきつけるかが大事なので、ドラマとしては本当におもしろくないのです。それに、こんな事件が続発する学校なんて、行きたくないよねー。
 すべての事件に絡む、謎のディスクがあるのですが、それはどうやら人びとの負の感情を煽る効果があるらしいことが分かってきました。いや~、すごい恐ろしいゲームですが、それなのに学内で噂にもなっていないし、MITの面々も事件が解決するまでそれを捜そうともしないなんて、どこまでのんびりなんでしょう。初めから、そのディスクを捜していけば事件も早く解決しそうなんだけどな。
 でも見続けているのが自分でも不思議なんですが、どうもシードゥと天魔星がいい感じになるのが見たかったみたい。二人が、ちょっとずつ近づいていく感じがいいんです。というか、それ以外はもう突っ込みどころ満載だし、クーインがいつもいつも容疑者と疑われてもしかたないほど、事件現場にいるし、747が探索途中なのに突っ走ってしまったり、チェリー先生の指示もピントがずれているし。でも、こういう流れはもう気にせず、ただそういうものとして見ることにすると大して気にならなくなります。本当に、本当にたま~~~に見られるシードゥの笑顔と、彼にひっつきもっつきする天魔星が嬉しそうなのが見られればそれでいいのです。
 恋愛ドラマもいいけれど、それがあまり関係ない作品だから気楽に見られるのがいいのかも。

スターな彼/原題:呼叫大明星(2~6集)
 ダーシンとポーイエの接点は、3億円が当たっている宝くじ。
 大スターでも、妹を上海の学校に学ばせ、さらにパリの美術学校へ留学させるため台所事情は火の車のポーイエ。さらに、マネージャーや、友人もこの3億円が必要な状況で、なんとしても宝くじを取り戻そうとするのですが、ポーイエはダーシンのことが気になり始め、ダーシンも彼に対して微かな恋心を抱き始めている感じです。ここにからんでくるのが、ポーイエの大学の後輩で、社長令嬢、さらにダーシンの同僚威力。
 さらに、ダーシンの出生の謎が絡んですっかり四角関係です。ところどころ、笑いの要素もあるんですが、ダーシンを演じる阿saの演技がさらっとしているので、台湾ドラマっぽい力業的コメディになっていないのが、個人的にはとっても見やすいです。
 ダーシンは宝くじなんて持っていないのですが、3億円をあきらめきれないマネージャーたちが、ダーシンをポーイエの専属運転手に雇うことにします。ダーシンは自覚がないけれど、ポーイエを好きになっているみたい。そのダーシンを好きなウェイリーは、彼女がポーイエに惹かれていくのを見て、初めて自分がダーシンを好きなことに気づいたみたい。いったい何歳なのよ?もう少し大人の役かと思ったら、もう怖いほどにガキです。本当はお金持ちの息子のようですが、家に帰りたくないからってその場の勢いで、ポーイエが好きと言ってキスまでしたと思ったら、ダーシンのためにポーイエファンクラブまで入ってるし。ダーシンじゃなくても、彼と付き合うのは大変そうです。あとね、ウェイリーの滑舌がかなり悪いのが気になって仕方ありません。私の中国語能力の問題はもちろんですが、それでも彼の台詞がほとんど聞き取れないのです~。
 ポーイエを見つめる、きょとんとしたダーシンの表情がツボです。可愛い♪

« 今週の韓ドラ’10(10/16~10/22) | トップページ | 広島にパク・シニャン? »

中華ドラマ~中華電視劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/49854709

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の華ドラ(2010年9月):

« 今週の韓ドラ’10(10/16~10/22) | トップページ | 広島にパク・シニャン? »