2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 広島巡り(1/86)~福富町 | トップページ | 広島巡り(2/86)~庄原市 »

2010年10月 3日 (日)

今週の韓ドラ’10(9/25~10/1)

 見ようかどうしようか迷った『ストライク・ラブ』ですが、ちらっと見てみたら子役時代から始まる作品だったので、そのまま鑑賞見送りにしました。子役時代から始まるのって、ちょっと苦手なんです。回想という形で、ところどころに子ども時代が入るのはいいんですが、時系列に子ども時代、そして大人となるのはどうも……。また、見たい気分が高まったときに、改めて見ることにしました。
★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・火・・・
『タムナ~Love the Island』(第7話)★★★ 
 タムナの長老のところに引き取られたウィリアムは、ひとまずは無事のようです。もちろん、ヤンとその背後にある東インド会社との取り引きのきっかけにされているだけですが、これが漢陽であればこうはいかないでしょうから、流れ着いたところがタムナでウィリアムは本当に運が良かったです。
 そして、漢陽の商団をしきる謎の女性が、パク・キュの身辺を洗ってみると、案の定罪人ではなく、なんと王様の命を受けてタムナに入ったことが分かります。パク・キュの母は、ちょっと久しぶりのヤン・ヒギョンでした♪でも、科挙首席合格で、朝廷の重職にある父があって、さらに王様直々の命を受ける人の母親が、あんな簡単に息子の行き先を話してはいかんでしょう。あれじゃ、密命を受けている意味がないわ。暗行御史なんて、家族にも行き先を告げず突然任地に赴かなくちゃいけないと、前に別のドラマで見たけれど、それよりは緩いみたいです。
 パク・キュがただ者ではないと分かったけれど、それじゃますますボジンを好きになっても、結ばれるのは難しいんじゃないかと、そっちのほうが気になってきました。パク・キュとボジンに、悲恋は似合わないと思うのですがね~。

・・・木・・・
『善徳女王』(第46話)★★★
 ミシルにアルチョン、ユシンが捕らえられ、さらに花郎たちが次々に殺害されていくという凄惨な場面が続いたのには、驚きました。これまで、どちらかというと策略で相手を打ち負かしていったミシルが、これほどの武力行使に出るのは初めてじゃないでしょうか。しかも、いつもの彼女の余裕が感じられなくて、どこか危うい感じがつきまとっていますね。少し感情的になると断った後のあの言葉!王族なんかではなく、自分が新羅の国を導いてきたという強い強い自負心は、恐ろしいほどでした。なんだか、滅びの道にずんずんと足を踏み入れている感じがして、切ない気分になってきました。こんな強権政治がいつまでも受け入れられないのが世の常ですから、これはミシルという巨星が堕ちる序曲というのがありありと見えます。

『拝啓、ご両親様』(第30話)★★★
 ミヨン父が、ジョンファン父に子どもたちの結婚のことで、直談判にやってきました。娘を思う親心ではあるけれど、ここまで親が思い入れているのはすごいなぁと思います。結婚というのは家同士のつながりだからというだけじゃないくらいの、熱の入れよう。こういうパワーを受け止められるくらいじゃないと、結婚なんてできないのかもしれませんね。
 そこでいっしょになってワーワー騒がないところが、ジョンファン父らしくて大好きです。娘を持つ親の気持ちも分かるし、自分なりの考えでジョンファンが結婚を待たせているのも分かると熟考する姿は、本当に理想的な父親像です。
 でも、今回はジョンファンのこともちょっと見直しました。というのも、ミヨンとの結婚について聞かれると、即座に「結婚する」と答えるんですね。もちろん、今すぐではないけれど、ちゃんと彼女と結婚したいと考えているのね~。でも、3年先のことは分からないんだから、思い立ったときに結婚しちゃえばいいのにねとも、思います。
 このところ、ジュンのことを少し理解したチャンスがけっこういい人になってます。距離を置いたからこそ、お互いに冷静になって関係が落ち着くということもあるのですね。

・・・金・・・
『龍の涙』(第99話)★★★
 反乱軍が思った以上に強くて、官軍が大敗させられてしまいます。本当に、いったいどれだけ戦いが繰り返され、血が流れれば朝廷は落ち着いていくんでしょう。一つの国ができるまでというのは、これほどまでに犠牲が必要なのかと思うと、なんだかげんなりしてきます。
 もちろん、バンウォンは決して好きになれませんが、それでも反乱軍の恨みにも似た反乱の動機にもとうてい共感することはできないので、よけいにやるせない気がしますね。せめて、バンウォンの治世がよくないとか、国をもっとよくしたいという思いが感じられればいいのですが、それがなく権力闘争にしか見えないのが辛いです。
 せめて、この反乱があまり大きくならず収束することを祈るばかりです。

『美男(イケメン)ですね』(第13話)★★★☆
 テギョンのファンとして認められたミナム。本当にファンクラブに入ってしまうところが、彼女らしい!そして、テギョンからミナムに出された入会テスト(?)が、またおかしくて、かわいいったらありませんでした。テギョンについて聞かれると、いちいち正直に点数をつけていくミナムと、それに一喜一憂するテギョン。二人のやりとりは、いつもながら本当におもしろいです。喜ぶテギョンもいいけれど、やっぱり、ちゃんと抑えどころで100点をつけるミナムが可愛いな~。それだけに、今週もやっぱりシヌがかわいそうで、いたたまれない気分です。
 そして、ユ・ヘイを追っかけている記者にも、とうとうミナムのことが分かってしまいますが、ここはマネージャーの彼が機転を働かせて、ミナムの双子だと明かしてなんとかその場を切り抜けます。本当に双子なんだから、嘘じゃないけれど、ハラハラしますね。
 でも、ファランにはミナムが女性だとばれてしまったみたい。ミナムに背中のファスナーを上げてくれるよう頼んで「年が離れていても、女の背中よ。動揺しないなんて、男じゃないわ」っていうふうに気づくなんて、すごい勘というか、思いこみが激しいというか。ユ・ヘイといい、この母といい、テギョンの周りの女性って、かなり自意識過剰で自分の都合のいいように考えられる人たちだわ。

・・・日・・・
『イ・サン』(第58話)★★★
 元嬪が自ら飲んだ薬草が流産の原因になったと告白したことで、いちおうの解決ですかね。このままではホン一族に害が及ぶと考えた末の、元嬪の行動に、イ・サンもホン・グギョンを失いたくないがために、二人を許すことにしました。う~ん、でも大丈夫なのかしらん。元嬪は、また自分が世継ぎを産めばいいんだなんて楽天的なことを言ってましたが、騒動を起こして嘘を突き通そうとした側室のところに、また王様が通ってくると考えているあたり、呑気というかなんというか。まだまだなにか、やらかしてくれそうな気がするんですがね>元嬪。
 ホン・グギョンもどうにも初めごろの切れ味がないので、見ていてもどかしいですね。権力を手にしたことが彼を変えたんでしょうが、王宮での彼を見ている限りその実感がないので、なんでそんなにお間抜けになったんだろうと、見ていて悲しくすらなります。
 それよりも、やっぱり図画署絡みのお話のほうがおもしろいわ。ただの酔っぱらいおじさんかと思っていた、ウムダムのエピソードが良かったです。「王様の姿は目を閉じていても浮かんでくるのに、妻と娘の顔がどうしても出てこないんだ」という言葉は、なんて悲しいんでしょう。画員として頂点を極めて打ち込んでいる間に、家族を失ったかつての絵師。さすが、イム・ヒョンシクだけあって、元嬪がらみの騒動を一瞬忘れさせてくれる存在感でした。

『華麗なる遺産』(第17話)★★★    
 なんだか、ファンとウンソンが急接近。お互い、だんだんと意識してきている感じですね。いっしょにビラ貼りをしたり、営業に行ったり。自転車に二人乗りしている姿なんて、もうつきあい始めた恋人同志って感じで、ハートが飛んでました♪しかも、そんなときに限ってスンミが二人を見かけちゃうんですよね。スンミはわざわざウンソンを呼び出して、自分がどんなにファンを想っているかを打ち明けるんですが、スンミのすーっと流す涙が美しすぎて、いっそう切ない気持ちになりました。あのお子ちゃまファンに、この一途な思いを背負いきるのは、やっぱり無理でしょうねぇ、あぁ(嘆息)。そろそろ、スンミにきちんと気持ちの整理をつけさせてあげるのも、優しさだと思うけれど、ジュンセが言うようにファンに周囲の気持ちをくみ取って行動できるだけの余裕があるとは思えないし。もう、本当に毎回、毎回、スンミがあんまり不幸にならず、幸せになってくれますようにと思いながら見てしまうのです。
 そして、今週話のラストでは、ついにバスに乗ったウンソンをお父さんが見つけます。もう、ありえないけど、バスを走って追いかける、追いかける。さて、義母は今度はどんな手でお父さんを言いくるめるんだろう。

« 広島巡り(1/86)~福富町 | トップページ | 広島巡り(2/86)~庄原市 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/49640745

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ’10(9/25~10/1):

« 広島巡り(1/86)~福富町 | トップページ | 広島巡り(2/86)~庄原市 »