2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 最近の華ドラ(2010年8月) | トップページ | 今週の韓ドラ’10(9/18~9/24) »

2010年9月20日 (月)

最近の韓ドラ’10(9/11~9/17)

 最近、中国語が無性に聞きたい期間に突入してしまい、韓国ドラマの視聴がなかなか進みません。
★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・火・・・
『タムナ~Love the Island』(第5話)★★★ 
 のどかなお話だとばかり思っていたら、毎回、毎回いろんなことが分かってきて驚いてばかりです。あの謎の老人が、どうやら献上品絡みの商団の大行首なの?ただ者ではないらしい台詞なんかもあったけれど、せいぜい官職を退いて隠棲している元高官とか、世間に影響力のあった学者とかだろうと思っていたら、なかなかの曲者みたい。彼がボジンやウィリアムたちにとって、どういう立場になるんでしょうね。味方になってくれると心強いんだけれど。
 そして、やっぱり今週もボジンはあんまりいいところなし。抜擢されて競争に出場したものの、意識を失ってまたウィリアムやパク・キュに助けられる展開でした。溺れたボジンにウィリアムが、人工呼吸と心臓マッサージをしていましたが、当時から欧米ではすでにそういう技術があったのかしらん?パク・キュがそれを見て、破廉恥なことをしていると勘違いしたのは、おかしかったけれど、当時としては当たり前の反応だったんでしょうね。

・・・木・・・
『善徳女王』(第*話)★次回45話から★
放送お休み。

『拝啓、ご両親様』(第28話)★★★
 ソンシルの過労はもう見ているだけで、こっちが苦しくなりました。ソンシルという女性は確かにいい人なんだろうけれど、周囲を息苦しくさせるものがありますね。アン家のお父さんは実直でまっすぐだけれど、そういう窮屈さは感じさせないし、お母さんはもとより明るくて、ちょっととぼけているし。他の家族も、ほんわかしているのに、ソンシルだけがどうもいつもせっぱ詰まった感じを漂わせていて、家族の不幸を一手に引き受けてしまう感じがしてしまうんです。
 そして、ミヨンはジョンファンと喧嘩して、一人旅に出ちゃいました。それを知ったジョンファンの友人が、彼になりすましてラブラブメールを送るところがおかしかった!彼の友だちって、みんないい味なんですよね。これでジョンファンがやっと腹を括ることになるんでしょうか。

・・・金・・・
『龍の涙』(第96~97話)★★★
 北方のイ・ソンゲをどう扱うか、相変わらず紛糾しています。でもね、バンウォンもそろそろ腹を括るべきではないかと思います。皇太子の問題も、女真族の驚異も、もちろん父イ・ソンゲの反乱も、問題が目白押しです。アン氏のところで「今日は仕事したくない」なんて柄にもなく甘ええてみたりしてますが、いいおじさんがなにをやっているんだか。
 王妃はひたすらアン氏に敵愾心を抱いて、嫉妬の炎を燃やしていますが、計算高いアン氏も、自分の産んだ子が太子になる可能性があるかとバンウォンに尋ねて、墓穴を掘ってしまいましたね。自分が王位に就くまでの骨肉の争いを思い、長男を皇太子に準ずる元子という地位に決めます。これを知って、さすがのアン氏もバンウォンの恐ろしさを実感するのですが、彼はこうやって周囲に恐れを植え付けていくのですね。それがますます彼を孤独にさせてゆくし、彼の良き人でありたいというこだわりから遠ざけてゆくというのに。
 史劇ドラマにたびたび登場する女真族。調べてみると、明朝を滅ぼして清朝を建国した満州族の前身なんですね。歴史に弱いとはいえ、今の今まで知らなかったなんて恥ずかしいです。

『美男(イケメン)ですね』(第11話)★★★☆
 シヌの機転で、ミナムの正体が公になることはなかったけれど、女性と分かったとたんんに、恋愛モードも入り組んできましたね。シヌは、知っていたことも言わず、驚いて見せてくれました。ミナムが驚いたり、困ったりしないようにしてくれたのかな。ジェルミも、ミナムが女の子と分かって、怒るどころか喜んでたし。
 3人でのバドミントンシーン、もう大笑いしました。テギョンが必死の形相でスマッシュしてるところなんて、そのまんま小学生の悪ガキですよ。買い物に行くのも、反対していたのに結局同行しているし。それだけ、ミナムのことが好きなんだけど、大人っぽい色気とは無縁だからか、見ているこちらも見守っている気分になりますね。
 でも、やはりこの11話はそれぞれのキスシーンにびっくりでした。女の子と分かって嬉しさのあまりおでこにキスしちゃったジェルミ。でも、みんなの驚いた顔でそのままCM、そのままなにごともなかったかのようにお話が進んでいったので、もうちょっとジェルミとの絡みが見たかった気が。カットなしでは、もっといろいろあったのかしらん。そして、鉄棒でのシヌのキス。これも、ジェルミのときと同じくらいびっくり~。そりゃ、ミナムも鉄棒から落ちますわ。そして、最後はちゃんと本命テギョン。ここでドキドキする場面なんでしょうが、でもまた待ちぼうけになっているシヌが浮かんできてしまいました。テギョン、ミナムと仲よくするのは大歓迎ですが、せめてシヌに告白だけでもさせてあげてほしいな。

・・・日・・・
『イ・サン』(第56話)★★★
 大妃の存在がまた大きくなり始めていることや、ミンなんとかが逃亡したこともふっとぶくらい、元嬪の懐妊騒動が大きな事件になってきました。
 なんとか、流産という形で終わらせようとしますが、でもわざわざ宴の途中で倒れてみせるとは。出血を装う赤いものがなんだったのか知らないけれど、片づけの途中で調べたりする人はいなかったのかしらん。あれだけ大勢の人がいて、誰かに見られる危険もあっただろうに。それに、さっきまで嬉しそうに宴を見ていたのに、いきなり大声でうなり始めるのには、驚きました。
 案の定、恵慶宮が陰謀を疑い始めるし、テスもホン・グギョンが主治医を探らせたことと流産を誤解して結びつけているし。流産して残念でしたで終わるような問題ではなかったみたいです。みんな、「世子が殺された」と言わんばかりに浮き足だってます。もしこれが本当の妊娠だったとしても、男子でなく女子が産まれたら、それはそれで大変なことでしょうね。ありきたりだけど、子を産むことでしか自らの存在を認めてもらえない女性たちがいたことは、悲しいことです。
 そして、なんと主治医は王妃の薬が流産の原因だとイ・サンに訴え出てしまいました。え~、いくらなんでもそれはないでしょう。でも、それにはホン・グギョンが責任を持つとか言ってたのを、イ・サンもちゃんと聞いていたよね。さあ、どうするホン・グギョン!

『華麗なる遺産』(第15話)★★★   
 ついに、スンミとウンソンの関係がファンに知られてしまいますが、スンミはやっぱり本当のことが言えなかったのね。これでよりいっそう、彼女は重い物を背負って辛いところへ迷い込むんだろうと思うと、本当のことを言ってすっきりしてほしくなります。自業自得の部分もあるけれど、どうしてもいえない気持ちも、痛いほどよく分かります。ましてや、ファンがウンソンに惹かれ始めている今、本当のことを言ったら彼を失うことになるし、ジレンマですね。
 一方のウンソンは、ジュンセといい雰囲気です。もちろん、ジュンセはいかにも二番手という感じなんですが、ジュンセの「もう兄じゃなく、男として見て欲しい」というストレートな告白はかっこよかったし、素敵でした~。このドラマではついぞ感じたことのなかった、ドキドキ感満載の場面でした。ファンの魅力も分からなくはない、ような気もする感じがする(……と一応言っておきます)けれど、ウンソンとジュンセがご飯を作って、いっしょに食卓を囲んでいるところなんて、本当にほんわかしていて幸せそうだっただけに、無理とは分かっていても、二人がうまくいくといいのにと思いますね。

« 最近の華ドラ(2010年8月) | トップページ | 今週の韓ドラ’10(9/18~9/24) »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/49504348

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の韓ドラ’10(9/11~9/17):

« 最近の華ドラ(2010年8月) | トップページ | 今週の韓ドラ’10(9/18~9/24) »