2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 妻とは強き者なり~『僕の妻はスーパーウーマン』 | トップページ | 台湾下雨~その一:久々の台湾 »

2010年6月12日 (土)

今週の韓ドラ’10(6/5~6/11)

 感想は書いてませんが、毎週『パリの恋人』を楽しみに見ています。パク・シニャン、キム・ジョンウン、やっぱりうまい!二人の気持ちが、だんだんと近づいていくことは、もう知っているのに、見ればドキドキして目が離せなくなります。名作ですね~♪ 
★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・火・・・
『18・29~妻が突然18歳!?』(第7話)★★★ 
 ボンマンとジヨンの関係って、きっとヘチャンが想像しているようなものじゃないんでしょうね。見ているほうはそれが分かるけれど、ヘチャンは誤解しているし、なんといってもジヨンの態度がねぇ。ヘチャンとのことでゴタゴタして、仕事に支障を来しているボンマンを見て「オッパ、かわいそう」って切なそうな表情をしてましたが、ボンマン、ふだんは結構楽しそうなんだけどね~。確かにドラマを途中降板させられてしまうのは気の毒だけど、ふだんはすっかり若返ったヘチャンがかわいくてたまらないって感じだし。人というのは、自分に都合のいいところだけを抜き取って見ているんでしょうね。
 このままボンマンは仕事を減らされるのかな。ヘチャンが書いたらしい脚本のこともあるし、ますます二人が気になります。

『ヒーロー』(第4話)★★★
 そういえば、ドヒョクの知り合いの女性が行方不明でしたね。そのことをすっかり忘れてましたが、ここにもテセ日報の会長が関わっているの?いったいあの会長は、なにをしたんでしょう。そして、またその火消し役に指名されてしまったのはヘソン。ヨンドクの過去や、ヤクザとのつながりを大々的に報じて、ヨンドク日報を攻撃。でも、前回の政治家の記事でも思いましたが、またしてもゴシップ誌みたいな内容でしたね。いちおう大手新聞社を標榜するなら、あの程度の記事であれほどの誌面をとっちゃいかんでしょう。昔の部下を脅して、ただで新聞を印刷させたとか、スケールがちっちゃすぎ。テセ日報、もう少し巨悪的であってもいいのにという気がします。
 ドヒョクのほうは、ジェインといっしょにマダム探しに出かけますが、ちょっとは真相に近づいているのかな。もっとスカッと真実に切り込んでくれるとおもしろくなりそうなのになんて思っていたら、最後のほうで衝撃の事実が!
 記者だったドヒョクの父親がテセ日報にいたこと。そして、両親の事故にどうやらヨンドクが関わっているらしい、というより彼が二人をひき逃げしたんでしょうか?思っても見ないつながり、どうなるんでしょう。

・・・木・・・
『善徳女王』(第33話)★★★
 ピダムがついに自分の出自を知り、ムンノに詰め寄る場面。子どものころの一度の過ちをきっかけに、自分がムンノから突き放されたことをぶちまけるシーンは、悲しいものでした。でも、正直私もピダムが怖いです。ためらいもなく大勢の人を殺してしまうピダムが子どもだからこそ、ムンノが拭いきれない恐怖心を抱き続けたのがよく分かります。しかし、お粥であれだけ大勢が亡くなるなんて、どれだけの量のお粥だったんだか。このドラマ、気をつけて見ていると、けっこうな突っ込み要素がありますねぇ。
 そして、久々に登場のウォルヤ。ユシン父の養子となったので、花郎になれたと言ってましたが、花郎というのはユシンやアルチョンたちのようなリーダー格の人だけを指すのかしらん。かつてのトンマンたちみたいな下っ端な、花郎じゃないのかな。
 ピジェの謎解きは、今ひとつ意味がよく分からなくて、すっと流してます。最後の関門は、いよいよ剣術のようなので、もっと分かりやすくなるかな。

『拝啓、ご両親様』(第18話)★★★
 ソンシルとチャンスのお話は控えめだったのでホッとしました。毎週あればかりじゃ、見ているこちらの息が詰まりそうです。代わりに、新婚のジファンがアリといっしょに実家にもどってきました。アリ、やっぱり可愛いなぁ。天真爛漫で、なにをやっても目立ってしまう、明るさは健在です。せっかく和気あいあいと進んでいたのに、足を踏み外して庭に転げ落ち、ケガまでしてしまうところは、さすがアリです。これからも、いっぱいいろんな話題をふりまいてくれるんだと思うと、なんだか嬉しくなってしまいます。その代わり、アリのお父さんは、気の毒なくらい打ちひしがれてましたね。過剰なまでに娘を心配してしまう親ばかぶりですが、一人娘が可愛くて仕方ないという親心に、すっかりほだされてます。

・・・金・・・
『龍の涙』(第*話)★次回83話から★
感想は次回に。

・・・日・・・
『イ・サン』(第43話)★★★
 英祖はイ・サンへの譲位と、王妃の平民への降格を決断しますが、イ・サンはそのどちらをもすぐに実行しようとはしません。王妃に与した重臣たちの処罰も、主だった者を流刑にするだけで、傍目には寛容すぎるほどの遇し方。これに業を煮やしたホン・グギョンまでが、独断で重臣たちを誘拐するという行動にまで出ます。このあたり、イ・サンの考えが正直私にもよく分からなかったです。厳罰にすることに賛成ではないものの、彼が説明した内容もぴんと来ませんでしたね。これって、私の理解力が今ひとつなんでしょうか?
 それはいいとして、今まで大事な場面でいい仕事をしてきたはずのホン・グギョンが、このところ精彩を欠いているのが残念。もっと、いやらしいまでの切れ者ぶりを発揮してくれると見応えがあるのに。
 それに、イ・チョン様の出番もほとんどないし、テスもイ・サンのやり方にジリジリしている場面ばっかりが目立って、楽しくありません~。イ・サンよりも、周りの人が活躍しているときのほうが面白いドラマだと思うので、脇キャラたちがもっと登場することを切望!

『華麗なる遺産』(第1話)★★★
 いろんなところで評判の高そうなドラマですが、見るときの楽しみのためにまったく予備知識を入れないようにしてきたので、1話目はミステリーっぽい部分があったことにまず驚きました。
 そして、ハン・ヒョジュが明るくて、元気な、かなり負けん気が強そうなのが嬉しい誤算。かわいかったです♪あの荒っぽい運転は、同乗したくはないけど、男前でしたね。そして、たぶん彼女とのちのちカップルになるであろう男子。第一印象はかなり強烈でした。最悪の出会いから生まれる恋は、ドラマや映画の定番ですが、あの性格の悪さはかなりトップクラスで、これから好きになれるのかちょっと心配なほどです。これが、かっこい~と思えるようになるのかしらん。

« 妻とは強き者なり~『僕の妻はスーパーウーマン』 | トップページ | 台湾下雨~その一:久々の台湾 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/48605535

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ’10(6/5~6/11):

« 妻とは強き者なり~『僕の妻はスーパーウーマン』 | トップページ | 台湾下雨~その一:久々の台湾 »