2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 今週の韓ドラ’10(5/1~5/7) | トップページ | 珍珠と物欲 »

2010年5月 8日 (土)

最近の華ドラ(2010年4月)

 『ぴー夏がいっぱい』に、こんなシーンもありました。夏芽が愛犬のピー助((←たぶん、パグ?)に似ていると思っている累が、面と向かってそうとは言えず苦しまぎれに発したのは「林志玲(リン・チーリン)に似ているね」。字幕は「モデルに似ている」で林志玲の名前は出てませんが、彼女もフジの月9に出演するみたいですね。
 共演するキムタクが、日本でかっこいい男性の代名詞なら、彼女は美しい台湾女性の代名詞みたいなものかな。韓国ドラマだと、チャン・ドンゴン、香港映画なら劉徳華(アンディ・ラウ)なんかも、同じような代名詞として台詞にけっこう出てくる気がします。

敗犬女王/原題:敗犬女王(27~30集)
 いよいよシュアンとレスリーの結婚式。でも、シュアンは式の当日明け方まで、ルーカスが元恋人の死亡事故に関係しているという疑惑を晴らすための記事にかかりっきり。それを見たレスリーのほうから、式をキャンセルしました。6年のブランクを埋めたいという彼の気持ちもいくらか分かるけど、焦りすぎたかな。それに、やっぱり6年は長すぎたし、ソマリアでのケガが前面に出てしまって、彼がどうして連絡もしなかったかとかがうやむやのままでしたもんね。
 それに、式を中止した理由を聞かれたレスリーの態度が、いただけなかった。彼らしいと言えば彼らしいけど、シュアンの気持ちが自分にないことを認めたくないだけに見えてしまって残念。自分が悪者になったと思わせたかったようだけど、簡単にシュアンに見破られるような小芝居でお茶を濁すとは。でも、変にかっこよすぎないのレスリーは、リアルでそのぶん親しみも覚えましたが、断然ルーカスにがんばってほしいので、一安心。
ここで、映画『卒業』ばりにルーカスが現れるかと思いきや、結局、ルーカスはバイトも辞めてシュアンの前から姿を消し、シュアンもまた辣腕記者生活に。
そして、しばらく時間がたち(半年?1年?)、めでたく再会。お互いの気持ちを確かめ合って、まるでハッピーエンドの最終回みたいだけど、まだ続くみたい。いや、おもしろいからいいけど、けっこうひっぱりますね。
 笑ったのはシュアンとルーカスの熱~い場面。気分が盛り上がり、熱烈キスからベッドに倒れ込み……いやぁ、台湾ドラマのこういう場面はけっこうドキドキするなと思っていたら、避妊具を用意してなかったとルーカスが慌てる場面に急展開。女性への礼儀だからとコトを中断してコンビニに走るルーカスに、こういうときは「没禮貌(メイリーマオ=失礼とか、礼儀がなってないという意味です)」でもいいのにとつぶやくシュアン。もう大笑い。
最悪の出会い→ひょんなことから同居→お互い気になる→昔の恋人の出現→それぞれの別れときて、さらに年の差カップルを描くところまで、もうてんこ盛りです。
 そうそう、このサイトに「敗犬女王 ホァン・ジンルン」で検索して来られる方があるので不思議に思っていたら、30集で登場しました。ルーカスが復学した医学部の同級生役でチラッと出てますね。

ぴー夏がいっぱい/原題:熱情仲夏(8~11集) 
 夏芽が、累のご指名でマネージャーになりました。累ってば、けっこう夏芽のことを気に入ってるみたいです。ま、実際のところはマネージャーというより、お目付役というか、累のお守り役みたいな感じですね。彼女に励まされて、大きなファッションショーに出ることができるようになったし、苦手な朝もちゃんと起こしてもらえるし。
 ただ、ここで累が好きだった女性が登場するみたい。モデル仲間の女の子が累を好きみたいですが、あれは片思いのようだし、真打ち登場で夏芽ピンチかな?でも、その女性の存在が明かされて、1話分が終わったけれど、未だ姿は見えず。ひっぱりますね。その間に、累はモデルとしての壁にぶつかり、ちょっと湿っぽい空気になってますが、ここで累が一皮むけるチャンスでもあり、夏芽との距離が縮まるきっかけにもなりそう。
 累を抜擢しながら、彼をビシビシしごくデザイナーを演じるのは、李李仁(リー・リーレン)。梁朝偉(トニー・レオン)を細面にして、ちょっといじったような感じで、前に見たときよりいい具合に枯れてます。 
 毎回楽しく見ているんだけど、感想にしてみるとあまりないですねぇ。でも、他愛ないお話がかわいくて、けっこう好きです。

« 今週の韓ドラ’10(5/1~5/7) | トップページ | 珍珠と物欲 »

中華ドラマ~中華電視劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/48309262

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の華ドラ(2010年4月):

« 今週の韓ドラ’10(5/1~5/7) | トップページ | 珍珠と物欲 »