2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 今週の韓ドラ’10(5/15~5/21) | トップページ | 今週の韓ドラ’10(5/29~6/4) »

2010年5月29日 (土)

今週の韓ドラ’10(5/22~5/28)

 今年は冷夏になるかもという予想があるようですが、さもありなん。今週は、5月だというのに、朝の運転でヒーターをつけました。先週は、暑くてクーラーをつけたのに。 
★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・火・・・
『18・29~妻が突然18歳!?』(第5話)★★★ 
 ヘチャンも、だんだんとカンポンのことが気になり始めてる?あれだけいっしょにいれば情もうつるだろうし、もともと好き合って夫婦になるわけだから、18歳にもどってもまたもう一回惹かれてしまう可能性はあるわけですね。ヘチャンは記憶がないから初めての感覚だろうけれど、カンポンにとっては恋愛をやり直す感じだとしたら、全然違うけれど、ちょっとタイムスリップにも思えそうです。
 ヘチャンが、日本からの修学旅行生と、身振り手振りと勢いで仲よくなって観光案内までしちゃうところ、可愛かった~。回想シーンで登場する29歳のヘチャンは、落ち着いた大人の女性っぽいんですが、こんなふうに明るくて、思いきりのいいのが本質なのかな。ヘチャンの妹を演じているチョ・ウンジが好きなので、彼女とヘチャンのすっとぼけたやりとりだと、なおのこといい気分になれます。なにはともあれ、ヘチャンの一挙手一投足が可愛くて、それを見ているだけで満足、満足。

『ヒーロー』(第2話)★★★
 やり手記者ヘソン、悪いやつだね~。上司から命じられたとはいえ、ドヒョクらが報じた議員の乱交パーティー記事はねつ造だと暴露したように見せる記事を載せるなんて。でも、あんな議員の怪しげな写真を、大手新聞(なのよね?)に堂々と載せるのは、果たして上策なのかしらん。合成と見るにはうますぎる写真だけに、かえって疑われそうですが、まさかヘソンがそこまで狙っていたとも思えないし。彼は、このまま腹黒キャラでいくのだろうか。ま、そこが魅力的なので、それも見てみたいとは思いますが。
 そして、今週分でもやっぱり刑事にはとうてい見えない、ジェイン。ドヒョクや、スキャンダル誌にいい感情がないにしても、仕事がらヘソンの記事をすんなり信じすぎるっていうのも、どうなんだろう?悪いイメージが、お互いを知るうちに良くなって、恋愛感情に変わるんだろうとは思いつつ、ちょっと心配なキャラですね。
 当のドヒョクですが、意外というと失礼ですが、正義感たっぷりのまっすぐな性格みたいです。表面的には軽いけれど、芯は硬派。ヘソンとは高校時代の同級生だったんですね。イ・ジュンギとオム・ギジュンの高校生姿、そりゃないでしょうと思いつつ、思ったより違和感がなかったです。

・・・木・・・
『善徳女王』(第31話)★★★
 トンマンとソファの再会、ムンノの登場、そしてついにピダムの素性が明らかになり、やっぱり見どころてんこ盛りでした。
 ムンノ、強いです、強すぎです。自分の半分以下の年くらいの花郎徒たちを、ばっさばっさと薙ぎ倒し、寄せつけることすら許しません。その彼と互角に戦ったチルソクも、鬼がつくくらいに強いってことですよね。なんか、花郎徒たちの立つ瀬がないし、国を守る彼らがあれでいいのかとか、つい余計なことを考えてしまいました。
 驚いたのは、やはりピダムのこと。ミシルと真智王(←イム・ホが演じていた人みたいです)の子で、ミシルが捨てたピダムをムンノが育てたようです。ということは、トンマンと同じく王家の血が流れているということなんですね。再会したムンノとミシルが思わせぶりだったので、もしかして二人の子か?なんて思ったけれど、ちょっと違いました。が、ピダムの、どこか邪気を帯びた表情は、母親譲りだったのかと妙に納得。ムンノがピダムを育てていたということで、ミシルもピダムが自分の捨てた子だと気づいたようですが、この二人がこれからどういう母と子になるのか、想像がつきませんねぇ。

『拝啓、ご両親様』(第15~16話)★★★
 15話は、キムチ作りに呼ばれたアリのお話が中心でしたが、ほんわかしていいお話でした。なんにもできないアリが心配でたまらないアリのお父さん。こっそり送って帰るつもりが、ジファンのお父さんに見つかって家に呼ばれてしまうところから、アリとお母さんの陽気なやりとり。やけどしそうになったアリを心配してお母さんが本気で怒り、そこに家族の愛情と感じるアリなどなど、どの場面も温かくて、ほっとします。お母さんとアリって、意外に似ていてうまくいきそうですよね。 
 あぁ、いいお話だったと思ったら、16話ですっかり急降下。チャンスとソンシルの場面は、やはり気分が沈みます。ソンシルの気持ちを、娘のスアが少し分かってくれたようなのは良かったけれど、チャンスがね……。ちょっと反省していい人に見えたと思ったのに、やっぱりこの男は心底悪いと思ってないみたい。浮気くらいでしつこく離婚を訴えるソンシルが悪いという態度が見え見えで、ほんと不快です。さらに、ソンシルの実家に来て、せっかくお父さんがさりげなく迎え入れてくれたというのに、ジュンを叱りつけて、お父さんにビンタされてしまいました。あの温厚なお父さんをも怒らせるチャンス、ある意味すごい人ですわ。うーん、この男がジュンに父親として向かい合う意味を本当に理解する日がくるのか、そっちの方が心配です。

・・・金・・・
『龍の涙』(第81話)★★★
 上王イ・ソンゲの不在に乗じて、ついにバンウォンが王位に就きます。バンウォン妻の誇らしげな顔がとても印象的でした。父であるイ・ソンゲの他は、バンウォンがいずれ王位につくべきと思っていたのに、これほどまでにたくさんの犠牲を出さなければならなかったことは、悲劇ですね。
 見ていたよく分からなかったのが、イ・ゴイら流刑にした忠臣たちを、即位を前にして呼び戻したことです。バンウォンの真意はなんなんでしょう。王権安定のために仕方なくやったことだから、ほとぼりが冷めたら元に戻すつもりだっただけなのか、自分のとった行動への後悔や反省なのか、ほかになにか意図があるのか?
 権力闘争に明け暮れたバンウォンが、王としてこれからどのような政治を行うのか、お手並み拝見です。

・・・日・・・
『イ・サン』(第41話)★★★
 英祖が目覚めぬまま、事態はどんどん悪いほうへ向かい、ついに王妃は武力まで持ち出してイ・サンに圧力をかけ始めたのには驚きました。根回しをしてきた王妃と、立ち回り下手なイ・サンでは、形勢不利ですよね。臥せる英祖の枕元で、「目を覚ましてください」なんて言っている暇があるなら、次の方策を考えんかい!と言いたくなるイ・サン。頼りないわ。そりゃ味方だった兵士たちも、王妃側に寝返りたくなるのが分かります。
 もう、このまま打つ手も尽きたかと見えたとき、まさかの一発逆転ホームラン。なんと、英祖が目覚めました!あぁ、よかった。胸をなで下ろすとはこのことです。イ・サンの熱意が通じたというか、運任せというか。ほっとしたら、く王妃や、ファワン、チョン・フギョムらの目をまん丸にして驚く表情がおかしくて、つい笑ってしまいました。
 しかし、もう王様の命は危ないと思って、思い切りすぎた行動に出てしまった王妃たち一味、次はいったいどう申し開きをするんでしょうね。

« 今週の韓ドラ’10(5/15~5/21) | トップページ | 今週の韓ドラ’10(5/29~6/4) »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/48489061

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ’10(5/22~5/28):

« 今週の韓ドラ’10(5/15~5/21) | トップページ | 今週の韓ドラ’10(5/29~6/4) »