2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 懐かしい気分 | トップページ | 最近の華ドラ(2009年11月) »

2009年12月 6日 (日)

今週の韓ドラ’09(11/28~12/4)

 『黄金の新婦』に登場する“お餅”、どんな味なんでしょうね?ジンジュが作っているのを見ると、いわゆるお餅とは違う感じですよね。蒸しパンっぽくも見えるし、大福みたいなのかなと思ってみたり。食べてみたいなぁ。
★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・月・・・
『美賊イルジメ伝』(第9話)★★★   
 イルジメ、ほとんど忍者風黒装束ばっかりでしたね。しかし、事件のあるなしを彼はどうやって知るんでしょう。ジャミョンも知らないボンソニ派(だっけ?)の本拠地も知っていたし、ウォルヒが危機のときも即座に現れるし、千里眼です。
 でもそれより気になるのは、いろんなところでイルジメの名が知れ始めているけど、イルジメって普通のときも使っている名前だと思うんですが、大丈夫なのかな。
 今のところ、イルジメは傍観者的な存在でしかないので、一歩引いてみている感じですね。彼よりもフェンボが目立ってしまうのは仕方ないとしても(?)、ジャミョンの方が主役っぽいです。

・・・火・・・
『彼らが生きる世界』(第13話)★★★ 
 ジオとジュニョンの攻防にそろそろ片を付けて欲しいです。もう、フラストレーションがたまる、たまる。ジュニョンはよりにもよってスギョンとつきあい始めるし、ジオもこれ見よがしにヨニと会ってるしで、もういい加減にしたらと誰か言ってくれないかしらん。これがコメディ色のあるドラマなら、復讐したり、やけくそになっている姿に笑えたりするんですが、いかんせん淡々とした現実的な味付けのドラマなので、そうもいかないから息苦しくてたまりません。
 同じ別れ話でも、ギュホとヘジンのほうが、ドロドロした裏があるぶんかえって安心できるのはなぜなんでしょう。彼の立場のほうが、がんじがらめにされて苦しそうなのに、それをお酒の席で、酔って笑いながら話すしかないギュホのほうが、やっぱり好きだわ。

『イルジメ』(第9話)★★★★★(再見)
 ヨンが梅の木の上で、幼い日に出会ったウンチェと再会します。このお話に登場する人たちは、誰しもが人に言えない過去や、裏の顔を持ちながら暮らしています。
 亡くなった兄に花を手向ける娘を、物陰からそっと見ているコンガル和尚。ギトギト頭に、ヨンを悪い仲間から追い出してほしいと懇願するサドルとタンなど、簡単に揺らいでしまいそうな幸せに必死にしがみついている人たちばかりです。
 その中にあって、このウンチェにはそういった裏がなく、純潔でまっ白なのです。身分高い家柄に生まれ、清い心を持つ、眩しいような存在として描かれています。本当なら、ヨンもそれに並ぶことができるはずだったのに、今となっては決して叶わない高嶺の花になったウンチェは、夢や理想といったものの現れなのかなという気がします。
 1回目に見たときは、物語を追うのに夢中でしたが、再見するといろいろなところに目が向きますね。

・・・水・・・
『ベートーベン・ウィルス』(第12話)★★★
 イドゥンがガビョンに対して抱く気持ちに、思わずうるっとしました。ガビョンは娘とイドゥンを重ね合わせて見ていたから、親身になれたし、彼が真剣だからイドゥンも音楽の世界に踏みとどまれたんですよね。小憎らしい女の子だけれど、イドゥンがガビョンの認知症を受け入れられない気持ち、痛いほど分かります。認知症のとらえ方が今ひとつずれている気もしますが、二人の関係がいいので目をつむります。
 そして、カン・マエとゴヌもよかった~。自分なりのやり方を貫くと宣言したゴヌに拍手です。そう、二人はまさに父と子なんです。子どもがかわいいあまり、先回りをして、手を出してやりたくてたまらない親と、それを分かりながらも自分を出したい、それを見て欲しいと思う子どもごころ。永遠の葛藤であり、それがあるからこそお互いが成長しあえる親子ならではの関係って、弱いんですよね。怒鳴り合いながらも、それぞれを大事に大事に思う気持ちが透けて見えるようで、なぜか泣けてきました。

・・・木・・・
『善徳女王』(第6~7話)★★★
 トンマンとチョンミョンが出会い、やっとミシルとの絡みが出てきそうなところまできました。ただ、若き花郎や、ミシルの子ども(←何人いるの?)など同年代の少年たちが続々登場して、髪型もかっこうも似ているから誰が誰やら……。ちょっと混乱気味です。
 トンマンとチョンミョンが山賊の砦にとらえられたときは、どうなることやらと心配しました。しかし、トンマンって逞しいというか、体育会系ですね。なんの打開策もないまま、雨を降らせられるとか、どうにかなるはずで、まず動く。ただ祈るだけの雨乞いなんて、がんばりが認められたからよかったけれど、無謀だわ。それを補うのがチョンミョンということになっていくのかな。
 そのトンマンを騙す、うさんくさいお坊さん役でイ・ムンシクが!もう、そこにいるだけで笑わせてくれる貴重な存在ですね。

・・・金・・・
『龍の涙』(第*話次回57話から
***。

・・・日・・・
『イ・サン』(第17話)★★★
 英祖が病に倒れ、イ・サンだけが先に宮殿へ戻ることになり、さらに命を狙われる危険が高まります。ここで活躍するのが、精鋭部隊なるテスたち。そのテスが、大ケガをしてしまって、イ・サンよりもこっちのほうが心配で心配で。もちろん、こんな序盤で命を落とすことはないと分かってはいますが、やっぱり気になりました。
 一方の宮殿でも、女性たちの攻防が始まります。女性といえども、生き抜くには政治力が必要ということでしょうか。そういった力のない女性は、どんなふうに過ごしていたんでしょうね?
 イ・サンが活躍する回は、やっぱり少々テンション低めです。

・・・月~金・・・
『黄金の新婦』(第43~47話)★★☆
※※※ 辛口注意報発令中 ※※※
 ついにジヨンの過去がヨンミンに知られてしまいました。ここまでいったら、確かにヨンミンの怒りも分かる気がします。きっと、なんでこんな女を好きになったんだろうって、頭の中はぐるぐるしてるんでしょうね。
 そのジヨンは、なぜかいきなり餅作りをしたいと言い出しますが、その真意が今ひとつ分からない。ヨンミンに認められて、関係をやり直すため?それとも、区切りをつけるため?おかげで、ジンジュとの後継者争い勃発です。
 というか、跡継ぎを決めるって話は前からありましたっけ?かなりいい加減な見方をしてるので、いきなり後継問題が降って湧いたようで、そっちにびっくりしてます。ボンニョもまだ健在だし、焦って決めなくてもいい気はするけどね。ジンジュやジヨンより、古いお弟子さんなんかで適任者がいそうなもんですが。
 もう一つ驚いたのが、ウォンミの妊娠のこと。まだばれてなかったんだ~。お姑さんやお母さんが怒るのもいたしかたなし!でも、なんのかのといってウォンミ一家がいちばん幸せそうで、和みます。
 セミとヨンスには一言だけです。ヨンス、気合いいれんかい!以上。

『ホジュン』(第24~28話)★★★
 患者を見捨てて科挙を受けに行ったことを知ったユ・ウィテはドジを許せず勘当を言い渡し、そのままドジは母と共に漢陽に行ってしまいます。そこは出世欲の強い彼のこと、順調に出世中です。
 そのおかげというわけではないでしょうが、ホ・ジュンはようやく許しを得られ、再び医員として働き始めます。その間に、科挙に間に合わない原因をつくったセドルが再登場して、相変わらず大騒ぎしたり、疫病が発生して大騒ぎになったりといろいろありましたが、なんとユ・ウィテが胃癌を患っていることが分かるという一大事件が。
 もう、ホ・ジュンのうろたえぶりは凄かったです。恩師に死期が迫っていることにうちひしがれ、病を治すと薬草採りに自ら出かけます。ホ・ジュン、熱心なのはいいけれど、気になることがあったら鉄砲玉ですから、結局他の患者はイェジンがほとんど診ているんじゃないかしらん。もうちょっと落ち着いてもいいのに、とつい思ってしまいます。
 仁術を施す医者を目指しているのでしょうが、ホ・ジュンってけっこう短気だし、夢中になると周りが見えなくなるしで、どっちかというと医学オタクというほうがぴったりかも?

『ヨメ全盛時代』(第6~10話)★★★ 
 ボクス役のキム・ジフンの声と話し方がちょっと苦手な上に、ボクスの態度がどうも好きになれなくて困ってます。ミジンを幸せにする自信がないから、結婚は考えてないと言ったそばから、お見合いがいやで一転ミジンを家族に紹介しようとすること。そうとは知らないミジンが、泥酔してボクスの家で醜態をさらすと「うちの家族に謝れ」と言い出すって、どういう性格なんでしょう?説明もせずに呼び出したくせに、なんて勝手な……とぶつぶつ言いながら見ました。彼の魅力が、今のところさっぱり分からない。
 でも、ミジンはギャンギャンうるさくても、喧嘩っぱやくても、かわいいから許せるし、ボクスの家族がなんといってもおかしい!前時代的な家族制度が生きている家族ですが、実はみんな個性的で、厳格さとは無縁。毎回笑わせてもらってます。ここに、強烈ミジンが加わったら、最強のファミリーになりそうですね。

« 懐かしい気分 | トップページ | 最近の華ドラ(2009年11月) »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/46947895

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ’09(11/28~12/4):

« 懐かしい気分 | トップページ | 最近の華ドラ(2009年11月) »