2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 今週の韓ドラ’09(11/14~11/20) | トップページ | 今週の韓ドラ’09(11/21~11/27) »

2009年11月23日 (月)

韓国ドラマと中国語=韓劇的中文

 韓国ドラマには、日本語もけっこう出てきますが、中国語もたびたび登場します。もちろん、韓国と中国はお隣同士ですし、歴史的にもさまざまな形で深いかかわりもあるので当然といえばそうかもしれません。思いついたものをざっと挙げてみました。かっこの中は、中国語題です。

『善徳女王(善徳女王)』
 新羅を逃れたトンマンが暮らすのはタクラマカン砂漠にある交易の町。シルクロードのどこかというところでしょうか?ここはもちろん中国なので、中国語(普通話)が登場します。が、領主様はなぜか広東語。広州あたりから赴任してきたという設定なんでしょうか?BSフジの放送は吹き替えですが、中国語部分は原音のままのようでした。

『オンエアー(真愛 On Air)』
 台湾ロケの場面が登場。ロケ地は台北の故宮博物院や圓山飯店(円山ホテル)、九イ分など。現地のコーディネーターを演じるのがカン・レヨンという方。彼女は実際に華僑(台湾系だったかな?)ということなので、ネイティブではないけれど、中国語が分かる人の発音なので、聞いていてしっくりきました。

『君に出会ってから(自従認識イ尓)』
 チェ・ジンシルが中国の朝鮮族という設定。リュ・シウォンが上海出張時に、彼女と初めて出会うという場面があり、そこでリュ・シウォンがあやしい中国語を披露します。周りからは「お前、いつの間に中国語が?」なんて誉められますが、かなりたどたどしかったです。

『クク島の秘密(可可島的秘密)』
 クク島に漂流して間もないころ、沖を通る中国漁船にキム・グァンギュが助けを呼ぶ場面があります。キム部長は、中国語教室に通うための会社からの補助金を使い込んでしまい、中国語はごくごく初歩だけしか分からない。でも、それを上司に知られまいと、知っている中国語でなんとかその場を取り繕おうとします。彼が漁船に向けて叫んだのは「イ尓是中国人ロ馬?我是韓国人。我是学生、イ尓是学生ロ馬?」
 大爆笑のシーンです。

『白雪姫(白雪公主)』
 ヨンヒ(キム・ジョンファ)が大の周星馳(チャウ・シンチー)@『少林サッカー』ファンという設定でしたね。部屋には、周星馳のポスターや切り抜きもありました。映画館に周星馳の新作を見に行くというエピソードも。

『9回裏2アウト(9局下2出局)』
 DVDでスエとチョ・ウンジが見ていたのは、ジョン・ウー監督作品。二人は映画を見ながら、ジョン・ウーがハリウッドに行ってしまったことを嘆き、涙を流して画面を見ています。作品名はちょっと分かりませんが、挽歌シリーズとか、そのあたりでは?

『商道(商道)』
 イ・ジェリョンが訳官(=通訳)を目指し、後に中国の清国との貿易をする商人となる役なので、中国語満載。かなり中国語の台詞が多いので、大変そうでした。イ・ジェリョンの中国語は通じないだろう部分もありましたが、かなりの健闘。

『エアシティ(天空之城)』
 香港ロケ部分では、香港黒社会の怖いお兄さんたちが登場。部下たちはちゃんとした広東語なのに、ボスは普通話でした。しかもネイティブでないはずの韓国語よりもたどたどしいのがご愛嬌。

『フルハウス(浪漫満屋)』
 上海にジウン(ソン・ヘギョ)が旅行に行きます。ソウルから上海までなのに、機内食があんなにたくさん出るのは、ビジネスクラスだから?飛行時間は1時間程度でしょうに、食べる時間があるんだろうか。
 ヨンジェ(ピ)とジウンが泊まったホテルは、個性的な高層ビル群がそびえる浦東(プートン)地域ですが、ヨンジェは朝のランニングで外灘(ワイタン)を走ってるよ~。浦東と外灘は、広い川をはさんだ対岸で、近いけれど地下道路で通じてます。渡し船でも使ったか?

『いいかげんな興信所(詐欺信用調査所)』
 タイトルロールでは、ムヨル(イ・ミンギ)が『パイレーツ・オブ・カリビアン』のフック船長。ヨンス(リュ・ソンス)がインディ・ジョーンズ、ウンジェ(イ・ウンソン)が『マトリックス』に扮してますが、ヒギョン(イェ・ジウォン)のそれはおそらく香港映画の『スウォーズマン』の東方不敗ではないかと。日本のドラマなら絶対に選ばれないでしょうね。

『快刀ホン・ギルドン(快刀洪吉童)』
 ギルドン(カン・ジファン)が清国に渡ることを夢見ていたり、町に清国人のふりをして清国の品物を扱う雑貨店があったりと、両国の行き来が盛んだった様子が分かります。
 清国帰りのイノク(ソン・ユリ)がギルドンに教え、その後もたびたび登場する中国語は「加油(じゃーよう)」。がんばれという意味のこの単語は、オリンピックもあったりで今じゃ結構ポピュラーかな?1話目でイノクが教える「冷やかしなら帰れ」の意味で使っているのは「不買薬的話、滾到一辺」。直訳すると、「薬を買わないなら、あっちへ行って」かな?でも、イノクよりギルドンの発音のほうが通じそうでした。

« 今週の韓ドラ’09(11/14~11/20) | トップページ | 今週の韓ドラ’09(11/21~11/27) »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/46843380

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマと中国語=韓劇的中文:

« 今週の韓ドラ’09(11/14~11/20) | トップページ | 今週の韓ドラ’09(11/21~11/27) »