2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 今週の韓ドラ’09(9/19~9/25) | トップページ | 津和野行~安野光雅美術館 »

2009年9月28日 (月)

最近の華ドラ(2009年9月)

 BSで始まったもう1本の台湾ドラマ『負け犬女王』。例によって初回は、面白いともそうでないとも判断のつかないものでした。出だしからガツンと来るような台湾ドラマが見たいけれど、なかなかめぐり逢えませんね。

負け犬女王(原題:敗犬女王) 2009年・台湾
 出演:阮經天(イーサン・ルアン)、楊謹華(シェリル・ヤン)
     温昇豪(ウェン・シェンハオ)、楊雅筑(ヤン・ヤージュー)
     張懐秋(ハリー・チャン)

 でも、このドラマのオープニングはなかなか凝ってます。
 主人公の單無雙(日本語字幕ではシュアン)のスケジュール帳が背景になっていて、「最近いちばん欲しいものは、靴~」とか、「王建岷(←台湾出身のメジャーリーガー?)インタビュー」「電気修理に来てもらう」なんてメモまであって、おもしろいんです。ドラマ自体は挫折してしまったけれど、『ハートに命中100%』も、かわいいオープニング背景でした。

 出演は『ハート~』でも主演した阮經天(イーサン・ルアン)。『ハート~』の役より、かなりソフトというか、軟派な感じなのに、同じような役に見えてしまうんですよね。俳優さんの存在感なのか、それとも……(以下略)。
 そうそう、屈中恆(チュイ・チョンハン)が野心家で冷酷な政治家役で登場しました。ゲスト出演なのか、レギュラーなのか分かりませんが、かなりの嫌な人ぶりを楽しませてもらいました。
 さて、全34話の長丁場に耐えられるか!?

 そして、いつの間にか第6話まで進んだ『笑うハナに恋きたる』。これが、だんだん好きになって、今や毎週楽しみになってます♪にぎにぎしい小花にも耐性ができたのか、だんだんかわいく見えてきたし、タムもちょっとかっこよく見えてきました。小花にふりまわされては「我要冷静、我要冷静、冷静一点」って、感情を抑えようとしている姿もおかしいし、小花のあれこれを心配する優しさもかいま見えて、好感度アップ中。

 第6話は、台湾語訛りが強い小花の言葉遣い(なまりという意味で“口音”という単語が使われてます)をタムが直そうとするんですが、これがもうおかしくて、おかしくて大爆笑。いつもは見終わったらすぐにHDから消すんですが、この回ばかりは何回も見直してます。
 もちろん、タムの中国語も台湾訛りはあるんですが、小花のそれは、若い女の子のものとは思えないほどで、なんというか、おばちゃんっぽい感じかな?

 タムに気持ちが傾いていってるみたいですが、ジェイも素敵なので、どっちともうまくいってほしいなんて思っちゃいます。

« 今週の韓ドラ’09(9/19~9/25) | トップページ | 津和野行~安野光雅美術館 »

中華ドラマ~中華電視劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/46337896

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の華ドラ(2009年9月):

« 今週の韓ドラ’09(9/19~9/25) | トップページ | 津和野行~安野光雅美術館 »