2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 今週の韓ドラ’09(9/5~9/11) | トップページ | 津和野行 »

2009年9月18日 (金)

今週の韓ドラ’09(9/12~9/18)

 世間はシルバーウィークとやらだそうです。5連休で台湾旅行でもと思ったけれど、大型連休の存在を知ったのがほんの3ヵ月前だったので、すでに航空券はキャンセル待ち。しかも、高い!というわけで、あっさりあきらめました。しかし、ここ10年くらいで、よく分からないお休みが増えているように思うのは気のせい?

 ★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・月・・・
『ラスト・スキャンダル』(第16(最終)話)★★★☆
 最後まで、おもしろかった~。
 ドンチョルからソニへのプロポーズ、よかったですね。ソニをいつものトランシーバーで呼び出したドンチョルが用意したプレゼントは、なんと通帳の束。家計はまかせたよという、現実的なのにロマンもある贈り物。そして、指輪をわたすところがまた素敵で、もう一人でキャーキャー言いながら見ました。韓国ドラマにありがちな、過剰で甘々なプロポーズとはほど遠いのに、なぜかドキドキするような場面で、大人の純愛もいいなと、心底思いました。
 そして、恋敵ながらあっぱれだったドンファも、最後まで紳士でしたね~。ソニへの気持ちを持ちながら、気持ちよく二人を祝福してくれる男っぷりがかっこよくて、彼とソニのカップルも見てみたかった気がします。
 ドンチョルの一途さを、少しずつソニが受け入れていく過程が、ほほえましくて、ちょっと大人で、最初から最後までいい気分で見続けられました。

・・・火・・・
『彼らが生きる世界』(第*話)次回2話から
 時間がなくて、次回にまわします。

・・・水・・・
『ベートーベン・ウィルス』(第3話)★★★
 ゴヌのほうが大事だとルミに言われて、すっかり対抗心を燃やしちゃったカン・マエ。これでもかというくらいの優しい口調だけど、「ほら、見ろ!」と言わんばかりに実力発揮。限りなく素人に近い楽団相手にも、むきになっちゃうのね。意外と単純な性格なのが、ちょっと可愛く思えました。相変わらず口は悪いけど。いつもは、反抗心むき出しのゴヌまで、感動させるとは、やはりただ者じゃないのですね。
 でも、次回はルミが詐欺にあったことが明るみに出るのかな?しかし、名の知れたカン・マエを招いて、かなりの予算がありそうなプロジェクトなのに、ルミとチェロ(だっけ?)の男性以外に関係者がいないっていうのも、おおざっぱだわ。

『必殺!最強チル』(第15話)★★☆
 チルの両班嫌いが、久しぶりに出ましたね。彼の言いたいことは分かるけれど、結局は両班だから、庶民だからと自ら線を引いて、立場や身分の向こうにあるものに踏み込むことを恐れているようにも感じます。無倫堂を率いた父の轍を踏みたくないという気持ちだということなのかしらん?その迷いを感じさせるような描写やできごとがないので、チルたちの気持ちがすとんと入ってこないんですよね。むしろ、フクサンや、その育ての父である領議政のほうが、野心も逡巡も、お互いへの情愛も分かりやすくて、彼らのほうに感情移入しがちです。
 ミン史官たちと同じことを、国を変えるために立ち上がらなければいけないと、ソユンやチョルソクが望んだら、チルはどういう決断をするんだろう?

・・・木・・・
『風の国』(第*話)次回32話から
 時間なし、その2。

『テロワール』(第11話)★★★
 逆ギレしては店を飛び出すウジュや、タイミングの悪い告白をするジョイは相変わらずですが、そんな二人をも霞ませるすごい女性が登場。ヤン社長がワイン・レストラン開店のために呼んだ、日本人女性タカギ。テロワールに現れて、グラスが汚いだの、料理がワインに合ってないだの、通と言うよりも、ほとんど言いがかりでテロワールの面々に強烈な印象を残します。そのわりに、ウジュが提案した料理を出したら、あっさり受け入れちゃうのです。ウジュのセンスを感じさせたいがための場面なんだろうけれど、いまひとつ説得力がない場面でしたね……。ヤン社長の上をいく強敵になりそうだけど、テミンはどう対抗するのかな?タカギを演じるのは、日本の女優さん(?)のようですが、日本語シーンだと演技の拙さが目立ってしまうのがちょっと残念。
 お話が進むにつれて、ちょっとアラが見え始めたかな。でも、お目当てはテミンなので、まだまだ大丈夫です。

・・・金・・・
『龍の涙』(第46話)★★★
 王自らが軍事訓練を命じたことで、ますます家臣たちの不満は募っていますが、まだ行動はなしで、少々じれったい感じもしますね。
 そのぶん、バンウォン妻は次期王妃になるべく着々と準備していたり、彼女の生んだ長男が大きくなり、太子妃も懐妊と、次世代を担う若いというより、幼い王族たちが登場したおかげで、どことなく華やいだ感じがしました。ひげ面のおじさん度が高いドラマだけに、女性や年若い人たちが出てくると、それだけで新鮮な気分になります。しかし、彼らは生まれたときから、大人たちの思惑に左右される運命を背負っていると思うと、それもまたかわいそうな気がします。
 それにしても、イ・ソンゲ王よ、しっかりしてないと大変なことになるよ~。

・・・日・・・
『イ・サン』(第6話)★★★
 あわや処罰されそうになったところを図画署の長に助けられた上、さらに太子の主催する宴に出られることになったソンヨン。でも、やっぱり意地悪されて邪魔されちゃうのです。もう、このあたりは『チャングム』を見た人だったら、お~、きたきたきた、って感じでおなじみですね。そして、せっかく、太子に会えたのに、彼ばっかり見ていて仕事がおろそかになって、自らピンチを招くのもお約束。
 あとは、武官の試験を受けるといっているテスが宮中にあがれば、3人が再会となるのかな。でも、まだ道は遠そうです。

・・・月~金・・・
『食客』(第15~18話)★★★
 ジソンの記事が勝手に雑誌に掲載され、ボンジュが待令熟手の末裔ではないということが世間に公表されてしまいます。でも、確かに宮廷料理の伝統を謳い、その直系であるかのようなイメージでやってきたんだから、世間が騙されたと思ってもしかたないですよね。少し前に大騒ぎした、産地偽装のニュースを連想してしまいました。
 それに対してソンチャンがどんな対応をするのかと思ったら、父やボンジュをかばって、また放浪なのね。争いたくない気持ちは分かるけど、ソンチャンってなにかあると、すぐいなくなるんだもん。正面きって話したり、問いただして誤解を解こうとすることもないから、優しさよりも、頼りない感じがしてきちゃいます。
 1~2話で完結するそれぞれのエピソードも、感傷的で、感動させようとしすぎているのが好みじゃないだけに、なかなか視聴が進みません。

« 今週の韓ドラ’09(9/5~9/11) | トップページ | 津和野行 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/46247383

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ’09(9/12~9/18):

« 今週の韓ドラ’09(9/5~9/11) | トップページ | 津和野行 »