2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 今週の韓ドラ’09(8/8~8/14) | トップページ | 今週の韓ドラ’09(8/22~8/28) »

2009年8月24日 (月)

今週の韓ドラ’09(8/15~8/21)

 本当は、少し前から始まった『花より男子』を見るつもりだったんですが、1話で挫折してしまいました。お話がおもしろくないのではなく、日本版と台湾版を見ているので、出だしで「あぁ、またこれか」と思ったら、もういいかなと思ってしまったんですね。
 といっても、台湾版も3話目くらいまでしか見てませんが。

 台湾といえば、『ラスト・スキャンダル』でジェビンが学生時代を地下室に再現した場面で、壁にはブルック・シールズのポスターにならんで貼ってあったのは、ジョイ・ウォン@『チャイニーズゴーストストーリー』でしたね。韓国でも人気だったのね♪

★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・月・・・
『ラスト・スキャンダル』(第12話)★★★☆
 もう、ジェビンには毎回泣かされますね。ドンファと映画を見に行くといって出かけるソニの後ろを、トランシーバーを持ってそっと追いかけるジェビン、いえ、ドンチョル。彼女の後ろ姿を見つめながら、ずっとこの声が聞こえると言い続けるドンチョル。不思議がりながらも、振り返らないソニ。二人の距離が開いていくようで、あんまりにも哀しい場面でした。
 そして、ナユンの衝撃の告白。ちょっと予想はしていたけれど、まさかの展開でした。そりゃ、悩むよね。これからジェビンはどうするんだろう。気になります。

・・・水・・・
『オンエアー』(第19~20話)★★★★
 スンアのビデオ騒動は、なんとも見ていて辛かったですね。事実とは無関係に、マスコミ報道が過熱してゆくさま、スンアの会見、ギジュンに信じてもらえなかったと感じたスンアの思い、マネージャーとしての振る舞い方。どれもが、一つ一つ突き刺さってくるようでした。
 そんな中で、初めのころのいがみ合いが嘘のような、ヨンウンとスンアの抱擁には、心底温かい気持ちにさせてもらいました。ヨンウンのベストシーンです!
 騒動が収束してからは、一転、恋愛モードで、キスが鍵になる場面の数々。本屋さんでのヨンウンとギョンミンのキスシーンなんて、ちょっとどきどきしちゃいました。しかも、それをちゃんとドラマに活かすヨンウン、さすが脚本家。自分たちのキスを思い出して、撮影中なのににやにやしているギョンミンがおかしかった~。
 ギジュンは、スンアを女優として支えることを選んだようですが、こちらの二人にも幸せが訪れるのかな?次回は、寂しいけれど、いよいよ最終回です。

『必殺!最強チル』(第*話)次回12話から
 放送お休みです。前回、どんな話だっけ?

・・・木・・・
『風の国』(第28話)★★★★
 ペグクの反乱で、撤退するムヒュル。失意の中にあって、まさかのヨジンの死。あまりにもあっけない、あっけないです>ヨジン。彼なりに必死で正義にもとり、王子としての立場をまっとうしたのに、そんな結末なんて悲劇的すぎる。王妃も、大切な息子を失って初めて己のしたことに気づいたようですが、遅すぎるのよ!
 あと気になるのは、ムヒュルをめぐる女の戦い。あぁ、ヨンったら今度は太子妃に捕らえられてしまいます。もう、本当にこの人ったら、うかうかしていていっつも危ない目に遭ってしまうのね……。

『テロワール』(第7話)★★★
 前回、とってもいいところで終わったので続きが気になってしかたなかったので、速攻で見ましたわ。テミンがなんとかテロワールに戻れて、おまけに評論家をも唸らせるワイン選びで、一気にいい雰囲気になってほっとしました。ウジュの真摯な態度と、テミンの周到さがうまくかみ合ってました。
 そのおかげか、テミンとウジュの関係もちょっと前進。なんか、お互いのことが気になっているみたいなのに、二人ともそれを認めたくないって態度が、ほほえましかったです。テミン、ウジュの前ではこの上ない素っ気なさなのに、ワインの勉強をしたいという彼女のために道具を用意してあげるところなんて、かわいいじゃないですか。それにウジュが、カメラ越しにお礼をするところがまた愛嬌たっぷり。また、ハン・ヘジンの変な動きや、素っ頓狂な驚き方が、ウジュの突拍子もない性格に合ってて、見てるだけで口元がゆるんじゃいます。
 それなのに、ウジュの友人ユッコンが……。もう、このドラマ次はこんなことしそうとか、失敗するぞ~と思っていると、定番どおりになにかやらかしてくれるんですよ。あぁ、また次回が気になってしまう。

・・・金・・・
『龍の涙』(第41~42話)★★★
 やや膠着状態だった政局が、また動き始めました。
明への使者がつかわされ、長らく病んでいた王妃も転地療養のかいなく、ついに最期を迎えました。一家臣の第二夫人から、朝鮮王朝の王妃となり、我が子を太子にまでした激動の人生でしたが、それと幸せとはまた別物なんでしょうね。王や皇子たちに見守られながらも、涙、涙で死を迎える王妃の最期は壮絶でした。こういうのを見ていると、多大な権力を手にすれば、それに応じただけを失われることになっているのかなと思います。

・・・日・・・
『イ・サン』(第3話)★★★
 栴檀は双葉より芳しといいたいのでしょうが、イ・サン少年がちょっといい子過ぎて、できすぎで、いまひとつ面白みに欠けますね。
 祖父・英祖との関係も、なんとか世孫として認められたと思ったら、世孫が生活していた場所から、大量の銃や剣が見つかって、またまた英祖との仲が険悪になるし。しかし、例え英祖が言うように、サド世子が謀反のために備えた武器で、それをイ・サンが知っていたとしても、あんな子どもになにができるというんでしょう?英祖もそれほどまでに、疑心暗鬼にならざるを得ないということだとしたら、哀しいことですね。

・・・月~金・・・
『憎くても、可愛くても』(第*話)次回37話から
 高校野球のため、2週間放送お休みです。

『風の絵師』(第16~20(最終)話)★★★★ 
 サド世子の肖像画作成にまつわる10年前の陰謀にまつわる謎解きと、ホンド、ユンボクと、大行首ジョニョンとの総力をかけた対決で、張りつめた糸のゆるむ間もない展開。堪能しました。最後、一人旅だってゆくユンボクと、彼(女)が残した絵を前に涙を流すホンド。もっと劇的な別れを描くこともできたでしょうに、彼らの恋が最後までほのかなもので終わったのも、彼らに似つかわしい終わり方だったんじゃないでしょうか。二人が、男女である以上に、絵を人生の伴侶とする師弟だったからこその別れ方を見ていたら、涙が出てきました。
 お話のおもしろさもさることながら、パク・シニャン、ムン・グニョン、そして大行首を演じたリュ・スンヨンの演技がすばらしかった!演技のうまさで、人物にこれだけ幅が出るのかと唸らされる場面が何度あったことか。
 そして、筆先から紡ぎ出される線が、次第に形になってゆく、一幅の画となっていく過程には、うっとりしっぱなし。
 こういう、ゆるゆるとした余韻を、好きですね~。じっくりと、感想を書いてみたくなる作品でした。

『インスンはきれいだ』(第7~13話)★★★ 
 インスンの浮き沈みが、何度も、何度も訪れて、いろんなことが起こるのですが、それでも穏やかな後味なのが、このドラマらしいところです。
 母の希望で芸能界の仕事を始めるインスンですが、華やかな世界と、過去とのギャップに悩み、ついには少年院にいたという噂がマスコミでもささやかれ始めます。なんとか事を納めたい母は、なんと謝罪会見を自ら開き、インスンの過去を告白してしまいます。このインスン母、娘たちのことを考えているんですが、どうしても自分の価値観にひきずられる性格なので、自分の行動で相手がどれだけ傷つくかが想像できないところがあります。その母の言動に傷つきながらも、自分たちの行き方を模索してゆくインスン、そして妹のジョンアが健気でもありますね。 

« 今週の韓ドラ’09(8/8~8/14) | トップページ | 今週の韓ドラ’09(8/22~8/28) »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/46021234

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ’09(8/15~8/21):

« 今週の韓ドラ’09(8/8~8/14) | トップページ | 今週の韓ドラ’09(8/22~8/28) »