2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 等身大~『マイスウィートソウル』 | トップページ | 今週の韓ドラ’09(5/16~5/22) »

2009年5月20日 (水)

今週の韓ドラ’09(5/9~5/15)

 チェックしている韓国ドラマだけで10本余り。

 その他にも話題の作品がいろいろありますね。

 もうだいぶお話は進んでいる『甘い人生』。物語がシリアスそうで手が伸びなかったのですが、サスペンス的な要素もあるらしく、今になって少し見たくなってきました。再放送があったら挑戦してみようかと思案中。
 ソン・スンホン主演の『エデンの東』。復讐物は苦手なので、はなからスルーですが、ほかにヨン・ジョンフン(現在、『白雪姫』鑑賞中で、ちょっと興味あり)、イ・ダヘ、ハン・ジヘなど豪華な出演陣ですね。
 そして『BAD LOVE』。予告で、クォン・サンウがぼろぼろ泣いてますね~。『天国の階段』を見たとき、クォン・サンウがやたらと涙を流すので驚いたことを思い出しました。
 ほかにも、高評価の感想をたびたび見る『テジョヨン』も気になるところです。

★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・月・・・
『H.I.T.-女性特別捜査官-』(第*話)~次回16話から~
 次回にまとめます。

・・・水・・・
『オンエアー』(第6話)★★★★
 そうか~、ギジュンは昔ソ先生ことヨンウンのことが好きだったのね。だから、彼女の渾身の作品が企画段階でダメになると知って、ひどく落ち込んでいますが、その姿がなんだかかわいいと言うと失礼かな?そんなギジュンに、スンアが嫉妬しているふうに見えるんですが、違うのかしらん。デビュー前にギジュンが貸してくれた傘を、いまだにずっと大切にしているなんて、恩義を感じているだけじゃできないことだし、彼にわがままを言いながらも、リラックスしているように見えるし、真意が気になります。
 スンアとヨンウンの酒豪対決も迫力でしたね。よく分からないチャンポンになったお酒を、ぐびぐびと空にしていく女傑たちに、ギジュンとギョンミン、すっかり影が薄くなっていておかしかった~。
 主演女優も決まったし、契約条件もなんとかなりそう。さて、いよいよ撮影か、と思ったら、またしてもチン社長の邪魔が~~~。いや、この男もそうとうにしつこいですね。そんなにスンアを逃がしたのが悔しいのか、ギジュンが成功しそうなのが腹立たしいのか、外見ともどもある意味で熱い男です。おかげで、アクの強いスンアたちを向こうに、ひけをとらない存在感になっているのかな。

『必殺!最強チル』(第3話)★★★
 やっと、刺客らしくなってきました。仕事人になると分かっているから、ここまでがちょっともどかしかったです。チルが仕事人として手を組むことになるミン史官とごちゃごちゃやり合ったりしなければ、辻斬り事件の犠牲者が新たに出ることもなかったのに、なんていうのは残酷ですかね?
 でも、チルもミン史官も、事件の関係者にたびたび見られて、大勢の人の前で声までかけられているし、ちょっと調べれば彼らが鍵を握っていると分かるんじゃないかと心配になります。
 権力によって悪をも隠蔽する人びとを、民に代わって成敗するという痛快さも今ひとつ、推理要素もパッとせず、シリアスとコミカルな場面のつながりも悪くて、物語の緩急も冴えない。でも、そういうものと思っているからか、さらりと見ていくぶんには意外に楽しんでます。

・・・木・・・
『風の国』(第15話)★★★☆
 ムヒュルがヨンを「自分が守る」と言って抱きしめているところを目撃してしまったトジン。すっかりライバル心に火がついたみたいで、さりげなーく“ヨンには手を出すな”宣言。静かな火花が、バチバチと散っていましたね。ヨンはトジンのそんな態度にちょっと戸惑っているみたいに見えましたが、彼を兄のように思って、男性として見ていなかったのかな。
 この3人の恋の行方も気になるところですが、ムヒュルとマロが黒影であったこと、ヨジン王子をさらい、ユリ王を殺そうとしたことがチェガたちに知られ、捕らえられてしまいます。すわ、絶体絶命というとき、颯爽と登場するのは我らがユリ王!助かるとは分かっていても、ドキドキして肩に力が入ってしまいますね。
 いつもながら、ユリ王のかっこよさには痺れます。

・・・金・・・
『龍の涙』(第28話)★★★
 太子、かなり病んでますね。妃の死は自分が未熟だったせいと分かっているけれど、どうしようもできない焦りを、違う方向にぶつけ始めているのが痛ましい。子どものころの従順さだけで大きな責任を負わせてしまったことが、この王子の人生を変えてしまったことを思うと、王妃やチョン・ドジョンの思惑が憎らしく感じます。しかし、市場で売り物のアヒルに矢を射かけて喜んでいる姿は空恐ろしかった~。
 バンウォン妻は王妃にコケにされて激怒しているし、バンウォンの今後も恐ろしいし、宮中はまたまたいつもの嵐の前の静けさです。

『ロビイスト』(第*話)
 まだ3話までしか見ていないのですが、ほかに見るものもたくさんあって追いつきそうにないので、ここでリタイアです。舞台が韓国でないというのも、惹かれないところです。

・・土・・・
『いかさま師~タチャ』(第*話)~次回4話から~
 土曜日午後の放送は、リアルタイムでなかなか見られないのが、たまっていく原因かしらん?

・・・日・・・
『スポットライト』(第6話)★★★
 局内でのキャスター募集に、ウジンが大抜擢されますが、テソクはそれに協力するどころか、いつもどおり取材に行かせてしまいます。そのせいで、ウジンはキャスターテストの準備もままならないまま、審査にのぞむことに。
 局の顔となるべきキャスターとはいえ、こんなに大がかりなオーディションみたいなものがあるのに驚きました。スター並です。
 テソクには彼なりの考えがあってのことでしょうが、もうちょっと優しくしてくれてもいいのにね。後輩くんの、無防備なまでの応援ぶりが微笑ましくて、かっこよく見えてきました。
 このドラマのエンディング曲が、どう表現すればいいのか分かりませんが、耳に残って好きです。

・・・木・金・・・
『砂時計』(第*話)~次回4話から~

・・・月~金・・・
『張禧嬪』(第71~75話)★★
 いつのまにやら、オクチョンの息子=太子が元服する年齢になって、なんと妻まで迎えました。このドラマ、ぼーっと見ているといつの間にか時間が何年もたっているので、要注意です。見た目にも、もう少し変化をつけてくれると分かりやすいのに。が、この太子妃選びでもまたオクチョン大騒ぎです。やれ、家柄が今ひとつだの、父親の官職が不満だの、候補の人数が少ないだの。おかげで、太子も太子妃も彼女の前に出ると、怯えたように縮こまってるのがかわいそうです。
 仁顕王后は復位したものの、体調がすぐれず、床に伏しがち……といいながら、仁顕王后の顔は、若いころと変わらずピンク色につやつやと輝いているので、横になってなければとっても元気そうに見えるのです。顔色の悪いメイクでもすればいいのにと思いながら見てます。
 そして、この王后の病身にオクチョンがまた悪だくみをし始めてますが、あぁ、懲りもせずとしか思わなくなってきて、少々うんざり。

『強敵たち』(第11~13話)★★★
 10話までは、見ているのが苦痛に近かったのですが、やっと11話からおもしろくなりました。
 そうか、グァンピルとスホにはそんな過去があったのですね。過去のできごとの真実が分かったところには、たいして思うところはないのですが、その後のスホの変わり具合で不覚にもウルッとしてしまいました。性格が悪くて怒鳴ってばっかりの、幼稚なスホが大嫌いだったのに、コンニムに好かれたい、ヨンジンを助けたいと変わることを決意した彼は、なかなかに素敵でした。そうしたら、なぜかグァンピルも、少~しだけいい男に見えてきたのは、なんの作用なんでしょうね?

『不良主夫』(第*話)※※※
放送はすでに終了しています。

« 等身大~『マイスウィートソウル』 | トップページ | 今週の韓ドラ’09(5/16~5/22) »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/45069893

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ’09(5/9~5/15):

» クォン・サンウ経営のコーヒー専門店「TEA'US」がミョンドンにオープン [セレブニュースブログ]
5月16日午後、ソウル明洞(ミョンドン)に俳優のクォン・サンウ(Kwon Sang-Woo)のコーヒー専門店「TEA'US」がオープンした。事業家に転身したクォン・サンウは同日午後、店を訪れてファンへのサイン会を開き、自らコーヒーを入れて一般客ともあいさつを交わした。国内のみならず、日本からも駆け付けたファンの前で、クォン・サンウは「単にクォン・サンウという名前を付けたわけではなく、2〜3年前からやってみたかったことなの�... [続きを読む]

« 等身大~『マイスウィートソウル』 | トップページ | 今週の韓ドラ’09(5/16~5/22) »