2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 今週の韓ドラ’09(1/31~2/6) | トップページ | 今週の韓ドラ’09(2/14~2/20) »

2009年2月15日 (日)

今週の韓ドラ’09(2/7~2/13)

 BS11で放送中の『私の名前はキム・サムスン』をちらっと見たら、案の定とまらなくなって、前に録画したものをひっぱりだして再見。サムスンの口の悪さも、豪快さも、もちろん温かさも、どうしてこんなに魅力的なんでしょう?

 ★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・火・・・
『プランダン 不汗党』(第*話)※※※
 なんだか見る気がおきなくて放置中。まずい、どんどんたまっていく……。来週こそはがんばって見ます。

・・・水・・・
『ニューハート』(第17話)★★☆
 ウンソンがヘソクといい感じになって安心したので、さらーっと流すように見てしまいました。ガングクがまた手術予定を無視して、急患を受け入れて院長と対立。容態が急変してピンチだったのを、ウンソンがとっさの判断で対処してなんとか無事にすんだからいいようなものの、状態の善し悪しにかかわらず、手術の予定を医師の都合でそうそう変えてしまうのってどうなのよ?診察なら、順番が前後するのもしかたないけど、手術は前日から絶食したり、検査をしてきたりとそれなりに準備もあっただろうに……。
 気になったのは、ヘソクと院長の場面。父親と娘という雰囲気がないのは、なんとも複雑。院長も、娘の前ではせめていいところを見せたいとか、そういう気持ちがあるともう少しうまくいくのに。

『H.I.T.-女性特別捜査官-』(第6話)★★★
 香港で事件に巻き込まれたチャン刑事とスギョンを追って、検事のジェユンらも香港入り。おかげで、そのほかのメンバーがほとんど出てこず寂しい限りでした。
 それにしても、スギョンといい、チャン刑事といい本当に鉄砲玉みたいで、見ているほうがはらはらしますね。頭より体が先に動いてしまうというのか、危険に飛び込んでいくようなところがあって、ジェユンでなくとも心配でたまらないでしょう。とはいえ、この無鉄砲かげんが、このドラマのおもしろみでもあるんですけど。

・・・木・・・
『風の国』(第2話)★★★☆
 第2話、おもしろかった~。生まれたばかりの王子は、高句麗を滅ぼす星回りだとの神官の託宣をうけ苦悩するユリ王。これに乗じて、民衆の不安を煽って王に迫る部族会議。その息詰まる攻防と、ユリ王がとった行動にどきどきしどおしでしたが、なんとか助かってほっとしました。
 この王子が、このドラマの主人公ムヒョルなんですね。いずれ王族の血をひく者だということが分かり、高句麗を揺るがす存在になっていくというお話がどんなふうに広がっていくのか、楽しみになりました。期待以上のおもしろさです。

・・・金・・・
『龍の涙』(第15話)★★★
 四男バンウォンの妻、怖すぎです!夫が太子になれなかっただけでも不満が爆発しそうなのに、その夫が侍女に手をだしていると知り、嫉妬で目がつり上がってます。彼女が王妃になったらと思うと、イ・ソンゲの妻以上に政治やいろんなことに口を出しそうで、怖そうです。
 で、幼い太子はすでにその地位の重責にお疲れのようで、政は臣下に任せておけばいいなんてことを言い出す始末。
 さらに、科挙試験の場では、イ・ソンゲが王になったことに対する不満がぶちまけられ、王様の苦悩は続いているもようです。血統や血縁を重んじる習わしが当時からあったとしたら、確かにイ・ソンゲが王位につくことはそれと大きく矛盾するからこれも当然といえば、当然。
 李氏朝鮮時代はかなり長く続いているけれど、この後どういうふうに国づくりの基盤を固めていったんでしょうね?興味がわくところです。 

・・・日・・・
『外科医ポン・ダルヒ』(第26話)★★★★
 いろんなことがあって忘れかけていたダルヒの心臓のこと。とうとう倒れてしまいました。それも、急変した患者のもとへ急いでいる途中に。ジュングンも、看護師さんたちもダルヒにかかりっきりになってたけれど、患者さんのほうは大丈夫だったのかしらん?ま、それはいいとして、ダルヒを心配するジュングンがまた優しげで、本当に心配そうで、辛い場面なのに妙にジンとしました。初めのころのジュングンが嘘のよう。きっと、今の顔が彼本来のものなんでしょうね。
 娘を心配しながらも、涙を見せないように病院を後にするダルヒ母のためにも、ジュングン、ダルヒのことを頼みます!

・・・月~金・・・
『張禧嬪』(第9~13話)★★★
 粛宗があまりにオクチョンに入れ込んでいるのを見かねた大妃は、オクチョンにぬれぎぬをきせ、ついに宮中から追い出してしまいました。さらに、命まで狙われたオクチョンですが、そこは運の強い彼女のこと。もちろん、難を逃れるのですが、今ひとつ彼女の思いがよく分からない。野心満々で宮中に入ったけれど、粛宗の寵愛をうけるうちに本当に彼を愛してしまったってことなのかな?でも、演じるキム・ヘスがあまりに艶っぽいせいか、どうも純愛に見えないのが難ですねぇ。
 とはいえ、オクチョンも結局は皇太大后や、権力者たちの思惑で駒のように動かされていると思うと、哀れな気もします。仁顕王后しかり。駒から脱するには、皇太后のように頂点にたつしかないのかと思うと、見ていて情けない気分になってきます。
 それにしても、皇太后役の「主上(チュサーン)」っていう台詞、多すぎませんか?

« 今週の韓ドラ’09(1/31~2/6) | トップページ | 今週の韓ドラ’09(2/14~2/20) »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/44029320

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ’09(2/7~2/13):

« 今週の韓ドラ’09(1/31~2/6) | トップページ | 今週の韓ドラ’09(2/14~2/20) »