2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 今週の韓ドラ(10/11~10/17) | トップページ | 最近の華ドラ4~祝!『環珠格格』日本発売 »

2008年10月25日 (土)

今週の韓ドラ(10/18~10/24)

 韓国ドラマのお約束(と、勝手に思っていること)

  • プロポーズはロマンチックに!
    そうでなければ、女性から「ちっともロマンチックじゃない!」と甘いだめ出しが。結局はOKするんだけど、まぁ一応。
  • 「それは愛じゃなくて、執着よ」……かなりの頻出台詞。日本の感覚でいうと、執着よりも“未練”に近い感じ?
  • 「俺をいやな奴にさせないでくれ」もちろん、女性バージョンもあり。
  • バスや電車に乗って女の子が居眠り→男の子が女の子の頭を自分の肩を貸してあげる。もたれかかってなくても、わざわざもたれさせる。でも、これを見るたびにかえって首が痛くなりそうだと思う。
  • 青地ができたときは、卵をあてて治す。というか、治るのか?
  • スーツの裏地は目に刺さるような色で、かなり派手。
  • 男性のアピールポイントは、ピアノの弾き語り。

  ★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・月・・・
『白い巨塔』(第28(最終)話)★★★☆
 ジュンヒョクを演じたキム・ミョンミンのうまさにくぎづけの最終話でした。あれだけギラギラとたぎっていたジュンヒョクが、実に淡々とし、そしてひとすじ、ふたすじ、ツーッと涙を流す場面は圧巻でした。
 最後の最期まで医師としてのチャン・ジュンヒョクとして人生を全うしようとした姿を追った最終話は気高さすら感じさせるものでした。
 ドラマ全体をとおして、病気の説明や、医師の患者への対応など、一昔前の医療現場的だという感じはどうしても気になりました。原作の書かれた時代と今とでは、癌の告知にしても、病状説明にしてもずいぶんと変わってきていますし。嫌な言葉ですが、モンスターペイシェントなんて言葉がとりざたされ、患者様などと不気味な言葉が使われる今どきの病院にはなくなった、医師が“お医者様”だった時代のおとぎ話といえるかもしれません。
 とはいえ、医学界での権力争いや、露骨な派閥どうしのにらみ合いなど、ベテラン俳優たちががっぷり四つに組んだ演技など、見応えたっぷりのドラマでした。

・・・火・・・
『12月の熱帯夜』(第13話)★★★★
 ヨンシムがフンをおいて留守にしたことは悪いし、けがをさせたこともミスだけれど、子どもたちが見ている前で追い出すなんて。唯一、味方になってくれたお父さんが仏様のように見えました。
 そして、見直したのがガフン。自分も苦しかったけれど、ヨンシムだって同じだったとジファンに言った言葉は、彼女の実感だけに重みがありましたね。確かに、二人の関係は好ましいものじゃないけれど、どっちつかずでフラフラしているジファンは女性二人の気持ちをないがしろにしてきたとも言えますもんね。しかも、ガフンに「(ヨンシムのことで自分の)心が傷ついていたら、どうすれば(いい)?」なんて聞いちゃうし……。ヨンシムも辛いけれど、こんなことを聞かれたガフンも寂しいでしょうね。ジファン、どこまで鈍感なんだろう?
 さらに、ジヘは今週も爆走中です。もう、理屈とか道理が通じないレベルで、わけが分かりません。
 ヨンシム、辛いけれどがんばれ~!!

・・・水・・・
『ニューハート』(第3話)★★★
 とっても真っ当な医療ドラマですね。新人医師がベテラン医師たちの見逃した病気を見つけるとか、患者への思い入れとか、院内の権力的な対立とか、とってもバランスがいいドラマという気がします。が、実はこういうバランスのよい病院物はあまり得意じゃないので、淡々と見てます。
 でも、キム・ミンジョン演じるナム医師のところはじっくり見てます。院長を出せとすごむヤクザに啖呵をきるところ、かっこよかった~!
『恋愛時代』(第3話)★★★
 今見ている連続物の中で、唯一恋愛物。コミカルなところが多いので、安心して見ていられるのがいいです。ポンポンと飛び出す軽口や、皮肉もいやらしさがなくておもしろいし。今週は、友人のために一肌脱いだミヨンが大活躍。ドンジンに「頭より胸の大きな、おつむの空っぽなセクシー女」呼ばわりされて、思わず「どこがよ!頭より大きい?」って、胸をつきだしてウノに見せるところなんて、大爆笑でした。

・・・金・・・
『兄嫁は19歳』(第16(最終)話)★★★☆
 泣きながら眠っているユミンに、スンジェがそっと話しかける場面でもう号泣です。毎回、毎回スンジェのユミンに対する思いには泣かされます。もう、条件反射のようにスンジェの悲しげな顔を見ただけで涙腺がゆるんでくるような気が。
 ミンジェやスンジェの涙で、イム女史もなんとかまた過去に向き合うことができてほっとしました。でもね、スジはあれでいいの?なんか、ちょっとすっきりしませんが、スンジェとユミンの幸せを予感させる最後だったので、よしとします。
 スンジェを演じたユン・ゲサンがなんといっても出色。切なくて、困ったような表情から目が離せなくなる、不思議な雰囲気がある役者さんで、この役があったからこそお話が盛り上がったような気がします。

・・・日・・・
『外科医ポン・ダルヒ』(第10話)★★★☆
 気になることがいっぱい山積みのままなのに、またしても一波乱。もう、次から次へとこの病院はいったいどうなっているんでしょうか?ゴヌクとジュングンの小競り合いも、新薬の市販化という大きな問題にまで発展するし。

・・・月~金・・・
『君に出会ってから』(第15~19話)★★★
 
お話の中心が、ミンソクがらみから、ギウォンとオクファにうつってきてなぜか一安心。ミジンがミンソクと付き合うと決めず、まだぐずぐずしていたら見るのがいやになっていたかも。
 それにしても、ナムドゥク母さん、天然で愛らしいだけの人かと思いきや、意外に激しい人でしたね。子ども思いというか、家族以外の気持ちには鈍感というか……。あの口調で図星をつかれたら、けっこうぐっさりきそうです。
 私的お口直しは、キム・チャンワン&ヤン・ヒギョン夫妻。二人の会話がおもしろくて、ほっとします。

« 今週の韓ドラ(10/11~10/17) | トップページ | 最近の華ドラ4~祝!『環珠格格』日本発売 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/42852293

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ(10/18~10/24):

« 今週の韓ドラ(10/11~10/17) | トップページ | 最近の華ドラ4~祝!『環珠格格』日本発売 »