2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 静寂(しじま)に~『サムデイ』 | トップページ | 熱をおびて~『花蓮の夏』 »

2008年9月20日 (土)

今週の韓ドラ(9/13~9/19)

 『ありがとうございます』で、チャン・ヒョク演じるギソが、犬(トンダル)に人間にお説教するように「ご飯は決まった時間に食べろ」とか、「人より早く起きろ」とか言うのがおかしくて笑えます!そういえば、『ファンタスティック・カップル』のサンシルもチョルスの家の犬(コッスン)と会話してましたね。
 高飛車な人は、犬ともあたりまえに会話できるようです!? 

  ★は個人的なお気に入り度(おもしろ度)です。☆は★の半分。★5個が最高です。

・・・月・・・
『白い巨塔』(第24話)★★★☆
 一気に形勢逆転で、原告側に勝機が見えてきました。正直、勇気を振り絞ったドンイルも、原告の弁護人も、もっというならドヨンのがんばりにも共感しきれずにいるんですが(←ジュンヒョクびいきなので……)、亡くなった患者さんの家族には心晴れる日が訪れてほしい気持ちでいっぱいです。
 もしも事前に生検ができていて、肺への転移が分かっていたとしたら、術後の合併症を防げたり、対応を適切にしてあの患者さんが亡くなることはなかったのかな?裁判の争点とは別に、純粋に気になります。

・・・火・・・
『12月の熱帯夜』(第8話)★★★★
 ヨンシムとジョンウが仲よくしているのを目の当たりにした、ヨンシム夫。自分では否定してるけれど、明らかに嫉妬でいらいらしている姿に、申し訳ないと思いつつ「ざまみろ」と思っちゃいました。いつも明るいヨンシムだけど、ジョンウを見る表情はあきらかにきらきらしてますもんね。これで、少し彼女に優しくしてくれるといいんですが。
 そして、ラストは衝撃的でした。医師の言葉を聞いて、徐々に変化してゆくジョンウの表情をずっとアップで撮る長回し。辛くて見ていたくないのに、目が離せませんでした。

・・・水・・・
『京城スキャンダル』(第14話)★★★★
 すっかりかつての友情をとりもどした感のあるワンとスジョン。しかし、往来のど真ん中であんな大事な話を大声でして大丈夫かしらと心配になっちゃいました。カン・ジファン、声量があって、よく通りそうな声なんですよね~。
 そして、人物たちの関係が深まるにつれて、場面、場面の色がくっきりしてきました。ワンとヨギョンのはじけるような明るさもいいし、スジョンとソンジュのワインカラーのような落ち着きも、どっちも捨てがたいな。

・・・金・・・
『兄嫁は19歳』(第11話)★★★☆
 過去の秘密に耐えきれなくなったイム女史(=ミンジェ&スンジェ母)が、とうとう本当のことをチャン社長に伝えるのかとハラハラしました。いつ本当のことがばれるか、怯えながら暮らしているイム女史を見ていると、自分がまいた種とはいえ気の毒な気もします。嘘に嘘を重ねていくスジも哀れに見えてくるし。
 それにしても、スンジェが一所懸命ユミンとミンジェの仲をとりもとうとしているのに、いっつも間が悪くて……。今回はミンジェの元彼女が婚約を解消して登場ですよ!もう、この際、スンジェにしちゃいなよ>ユミン。あまのじゃくだけど、優しくて、かわいくて、大事にしてくれるのにな。

・・・土・・・
『太王四神記』(第21~22話)★★★
 契丹との交渉や、ホゲに対するタムドクのやり方がどうも好きになれないんですね……。もちろん、高句麗という国を統べる者としての資質は充分なんでしょうが、契丹の側からしてみれば交渉というよりもあれは恫喝みたいに思えるし、いっそ戦って敗れたほうがすっきりするんじゃとも思ってみたり。ホゲに対する温情も、タムドクにとっては優しさの表現なんでしょうが、母親をあんな方法で殺された側としては、かえって辛いでしょうね。戦わずして勝つ、きれいな戦い方である反面、武器を交える以上に残酷に人を切り刻むやり方でもあるような気がしました。
 とはいえ、二人の一騎打ちシーンは見応えありました!

・・・日・・・
『ファン・ジニ』(第23話)★★★
 女楽行首の座をかけたプヨンとの競い合いに向けて動き始めました。こうしてみると、やっぱりチニの恋模様よりも、芸にかける女同士の競い合いのほうが見ていておもしろい!
『外科医ポン・ダルヒ』(第5話)★★★☆
 医師同士の面目や、上下関係、医師として直面する試練、見ているだけで疑似体験したような気分になります。難しい手技には参加したいとか、無難に研修を終えて楽に過ごしたいとか、本音もさもありなんという感じで、ぐいぐい登場人物たちにひきこまれるのが見ていて本当におもしろいです。
 お気に入りは、ちょっととぼけていながら、中立的な見方で和ませてくれるインターンのパク・チェボム。
『特殊捜査日誌-1号館事件-』(第3話)★★★
 ますます事件が入り組んできました。次々と起こる事件と、少しずつ明らかになる真実にはらはらしっぱなしで、あと1話でどう収拾がつくのか楽しみです。警察内での刑事同士や、鑑識課とのやりとりもおもしろいけれど、青瓦台(大統領官邸)の緊迫感がまたいいのです。

・・・月~金・・・
『ありがとうございます』(第6~10話)★★★★☆
 ボムの病気のことが島の住民に知られてしまい、切なさ一気に増大中です。島にいられなくなった二人が心配で、一度はソウルに戻っていたギソも島にもどってきました。初めは亡くなった恋人の言葉が気にかかっているという感じだったギソが、しだいに彼自身が二人を気にかけずにいられなくなっていくのが、痛いほど伝わってきます。天国の彼女も、きっとそんなギソを見て安心しているんだろうな。
 ギソもいいのですが、ソクヒョンもいいんです。自分の子どもであるボムに、父とも言えず、なにもしてやれないでいるもどかしさが、見るだに切ないです。ギソの絶妙なフォローで影が薄かったし……。
 でも今週は、そのソクヒョンもボムにとって頼りになる存在になれて、ほんとうによかった!切ない展開だけに、ボムが笑ってくれるのがたまらなく嬉しいんです。

« 静寂(しじま)に~『サムデイ』 | トップページ | 熱をおびて~『花蓮の夏』 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/42467804

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の韓ドラ(9/13~9/19):

« 静寂(しじま)に~『サムデイ』 | トップページ | 熱をおびて~『花蓮の夏』 »