2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« ツボです、ツボ!~『プラハの恋人』 | トップページ | アンソニー・ミンゲラ監督の訃報 »

2008年3月18日 (火)

チャッカマンニョン!

 韓国ドラマや映画を見ていると、なんども出てくる単語が耳に残ります。意味はきちんと調べたものではないけれど、字幕なんかも合わせてこんな感じかな?というものを入れてます。ついでに、中国語も入れてみました。 

サジャンニム 社長 老板(らおばん)
ヨプセヨ もしもし [ロ畏](わい)
チョンメッ? ほんとう? 是[ロ馬]?(しーま)/真的?(じぇんだ)
アラッソ? 分かった? 知道[ロ馬]?(ちーだおま)
ボ? なに? 什麼?(しゃま)
ビアネ ごめんね 不好意思(ぷはおいーすー)
コマウォヨ ありがとう 謝謝(しぇーしぇー)
チャッカマンニョン ちょっと待って 等一下(だんいーしゃ)

 なんといっても、最近気になるのは一番最後の「チャッカマンニョン」。これ、かなりたびたび出てくる言葉なので、気になり始めるともう耳について、耳について、だんだんおもしろくなってきます。

 言葉のほかにも気になることがいくつか。

 まずはお豆腐。刑務所から出てきたときに、迎えに来る人はお豆腐を持参するんです。初めて見たのは『親切なクムジャさん』。その後も、『ユア・マイ・サンシャイン』、ドラマ『砂時計』や『明朗少女成功記』なんかにもこの場面が。これからは、豆腐のようにまっ白な生き方をしましょう、っていうような意味みたいです。こういう風習、ほかの地域でもあるんでしょうか?

 あとほとんどの映画、ドラマを問わずに出てくるお酒を飲む場面。飲むのは、ワインなんかも多いけど、圧倒的なのは緑色のビンの焼酎。そして、飲むと飲まないとにかかわらずついてくるのが、吐くシーン。嘔吐率、80%強(←個人的印象値)。
 香港映画でも、かなりの確率で吐く場面が出てきて初めのころは驚きましたが、韓国物もしかり。酔っぱらうこと=吐くってことなんでしょうかね?

 あとは、おじいさん同士の約束で孫同士が結婚する設定とか、ルームシェアがけっこうあるとか、高校は男女共学でもクラスは男女別とか、携帯の文字にいろんな字体があってかわいいとか、悩み事があるときは床磨きとか。

 あ、これは台湾でもそうだったなとか、ほかの中華圏とも同じとか、全然違うところももちろんいっぱいあって、お話といっしょに、こういう生活習慣や風習がかいま見えるのもおもしろいです。

« ツボです、ツボ!~『プラハの恋人』 | トップページ | アンソニー・ミンゲラ監督の訃報 »

その他~其他」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
またまた、おじゃましています。
韓国ドラマを見始めて、ハングル語が魅力的だと思いました。
ハングルで見てから、日本語吹き替えで同じドラマを見たときに、
ハングルの魅力を認識しました。
リズムが良いですよね!
そして私は、特に語尾の発音が好き。
「あらっそ」なんてすきだわあ。
友人がハングル語を勉強していますが、気持ちが解ります。

「プラハの恋人」の紹介を読んで、見てみたくなりました。
今度、挑戦しよう。

づっかさん、いらっしゃいませ!
ほんと、ハングルのリズムは気になり始めると、癖になりますよね。
ここに書いたほかに、語尾につく「ぐー」という音が好きです♪

『プラハの恋人』、ネットでいろいろ感想を見ると評価は今ひとつみたいなんですが…。ぜひまた、づっかさんの感想を聞かせてくださいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/40551280

この記事へのトラックバック一覧です: チャッカマンニョン!:

« ツボです、ツボ!~『プラハの恋人』 | トップページ | アンソニー・ミンゲラ監督の訃報 »