2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月20日 (水)

恋恋風塵&ラブレター~『求婚事務所』第2&3章

第2章 恋恋風塵
 出演:伍佰(ウー・パイ)、徐熙[女弟](シュー・シーディ:小S)

 情報局調査部の阿杰(伍佰)は勤務中、偶然に10年前に別れたかつての恋人、小虹(徐熙[女弟])に再会する。彼女は阿杰たちが追う事件の関係者としてマークされている人物の愛人として暮らしていた。
 二人がかつてともに過ごした故郷での日々と、それから遠く隔たった今が交錯する。

第3章 ラブレター
 藍正龍(ラン・ジェンロン)、徐熙媛(バービー・スー:大S)

 いっしょに暮らし始めて6年になる、樹(藍正龍)と小鳥(徐熙媛)。結婚願望の強い小鳥と、結婚はまだ先だと思っている樹はそのことで、しばしばケンカになるのだった。
 いつものように結婚のことでケンカになり、小鳥は家を飛び出していくが、うちに戻る途中で車にはねられた小鳥は、そのまま息をひきとる。
 彼女を失い、自分を責めた樹は、亡くなった小鳥との結婚式を求婚事務所に依頼するが……。

 第2章の『恋恋風塵』は、台湾の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の同名映画。共通点は、同郷の主人公二人が恋人同志になるというところと、九[イ分]や基隆が舞台になっているというところくらいでしょうか?
 えぇ、『恋恋風塵』はじれったいほどに若々しい恋のお話なので、それとの落差に最後までなじめませんでした。制服姿の高校生を演じる小Sが、どうしてもコスプレにしか見えなくて……。高校時代は伍佰役ともども、別の若い役者さんにしてくれたらもっとすっきりなじめたのに。

 初めのほうで、阿杰(伍佰:ウー・パイ)がガソリンスタンドで、「500(ウーパイ)元」(500元分、給油して)というところは、彼を知っているなら、間違いなくにんまりの場面です。

 そして、第3章。こちらは、岩井俊二の『LOVE LETTER』から。
 藍正龍という役者さんの作品は初めてでしたが、ちょっと表情が固いかな?
 亡くなった人との結婚って、なんかキョンシーが出てくる映画かなにかで見た記憶が。“冥婚”というようですが、ネットで調べてみたら、日本の東北にもそういう風習があるとか。そういえば、『絶唱』という映画も、亡くなった女性に白無垢着せてたよな、なんてことを思い出しました。

 本編の物語は、2、3章ともあんまり楽しめませんでしたが、お目当ては求婚事務所の人たちなので、そっちが楽しければいいのです(きっぱり!)。
 求婚事務所内でも、いろんな恋があったり、片想いだったりがあって、毎度、毎度やきもき。

 一珮(李康宜:リー・カンイ)が、思いを寄せる事務所の社長を励ますために言った言葉が印象的です。
 「時間治療一切、明天有好一点、後天再有好一点」
 

2008年2月19日 (火)

しつこく『砂時計』、雑感

■当時の韓国

・70年代後半、戒厳令下で夜間通行禁止になる時間が。夜遅くなると外出禁止になるので、翌朝まで帰れなっていたらしい。聞くだけで閉塞感を覚えます。

・学生運動仲間との連絡は、街中の書店で。書店主も活動の支援者なのか、本棚の後ろに隠し通路が現れたのには驚きました。

・1980年、学生運動の激化や、光州事件。ところどころに、当時の実際の映像が挿入され、いやがうえにもこれが史実だったと痛感させられます。しかもそれは、紛争が続く中東やアフリカのものではなく、すぐ隣の国なのだということ。

・ヘリンが就職した工場の月給、9万5千ウォンなり。

・三清教育隊という、「浄化教育」を施す刑務所のような場所。暴力的で、傍若無人、想像を絶する過酷な描写が続いて、見ていられません。

・独裁政権という閉じた中で、汚職や腐敗の作る闇と背中合わせの政治がうごめく韓国現代史。ドラマというフィクションとはいえ、迫ってくるものがあります。

■役者さん、ひいてもイ・ジョンジェ

・主人公の、テス(チェ・ミンス)とウソク(パク・サンウォン)、そして脇を固めるチョン部長(ナム・ソンフン)の3人。見ていると、だんだんそれぞれが濃い西村和彦、誠実そうな、くりーむしちゅーの上田晋也、田山涼成にしか見えなくなってくる。→確かめたい方、BS朝日の過去ドラマ、人物相関図で顔が見られます。

・第3話で、お目当てのイ・ジョンジェ登場。肌がぴかぴかで、若さオーラが出てます。設定では、彼が尽くしに尽くすお嬢様より年上という設定。ということは、テスやウソクよりも年上の可能性あり……どう見てもそれは無理が。確かに当時、22歳くらいだったにしてはイ・ジョンジェはぐっと落ち着いてはいますが。

・いつも、物陰からお嬢様を見守るジェヒ(イ・ジョンジェ)。表情の動きも少なければ、台詞もとーっても少ない。愛するお嬢様からも、「はいとか、承知しましたをのぞいたら、一日何回しゃべるの?」とか聞かれてるし。

・髪型や背格好のせいもあるだろうけれど、ヘリンの雰囲気が、チョン・ジヒョンを彷彿とさせる。平気でお酒をのんで、酔っぱらって、男子学生にもずばずば物を言う彼女は、現代的なぶん、当時70年代では異質だったかも。

・ウソクが検事になってからのパートナー、オ係長、独身。『宮廷女官チャングム』のカン・ドックおじさんだ!ここでも、しっかり場を和ませてくれます。

・ジェヒ(イ・ジョンジェ)の趣味は、剣道。お嬢様を乗せる車にも、竹刀常備。悪いヤツが現れたときは、すかさず竹刀でお仕置きします。あぁ、剣道は礼に始まり、礼に終わる礼儀のスポーツなんだけど……。

・もう一つ、ジェヒ剣道ネタ。珍しく、仕事以外でくつろぐジェヒと思ったら、竹刀のお手入れ。

■さまざまな場面や台詞

・ところどころに登場する乱闘シーン。真に迫って怖いほどに気合いが入ってます。

・「新聞を信じるくらいなら、隣の犬を信じるわ」:海辺の村のおばさん

・カジノの日本人客が、美人のヘリンに声をかける場面、ちょっと笑いました。
 日本人客「お待ちましました。朝メシまだでしょ?いっしょにどーですか」って、丁寧なんだか、そうじゃないんだか…。

・嫌な客が帰った後に、やおら塩をまく場面が。韓国も同じらしい。

・拘置所内でも、ヤクザのお偉いさんであるテスは親分のまんま。忠義者の子分も逮捕されてきて、同部屋の人もなぜか子分のようにあごで使われてます。親分と同室になった人、お気の毒。

・容疑者と検事という立場を越えて、テスとウソクが肩を組んで歩み去っていく後ろ姿をひたすら映すシーン。変わってしまったものと、変わらないものが共存するように印象的な場面。
 

2008年2月17日 (日)

すごいドラマを見てしまった~『砂時計』

砂時計 DVD-BOX 1

 砂時計 1995年
  出演:チェ・ミンス、パク・サンウォン
      コ・ヒョンジョン、イ・ジョンジェ

 たいへんなものを見てしまった!重苦しくて、濃厚で、荒々しくて、それでもやめられない圧倒的な力強さ。
 軽快な気分で見られるラブコメディやラブロマンス物とはまったく違う色あいですが、見て損はない!韓国ドラマをちょっとなめてたのかもしれません。

 とにかく圧巻。迫ってくるものに押しつぶされそうになりながらも、続きが気になって目が離せなくなります。

 1970年代半ば、朴正熙政権下、民主化を求める学生運動が盛んな時代。民主化運動に身を投じるヘリンと、彼女と同じ下宿に住み司法試験を目指すウソク。彼の高校時代の友人のテス。彼らが、時代のうねりに翻弄されながら、それぞれ違う道を進んでゆくさまが10年以上の長きにわたって描かれてゆきます。

 韓国ドラマ=浪漫なメロドラマのイメージが見事にくつがえされます。
 とにかく、男くさいドラマ。

 まずその筆頭はもちろん、喧嘩も強く高校時代は番長としてならしたテス。後に、ヤクザとなり頭角を現していきます。人のいいあんちゃん然とした前半から、がらりと変わって凄味のあるボスとなる後半。まるで別人になったかのような変貌ぶり。そして、この男がなんせ熱い!!好きな女性に対する思いも、仲間にかける思いも、友情も。ギラギラした目つき(←しかも、ほとんど瞬きなし!)に射すくめられそうになります。

 そして、テスの親友でありながら、彼とは真反対の検事という仕事に就くウソク。一見、ぼんやりとした穏やかな風貌ですが、芯はなかなか頑固で、決めたら最後まで突き進む。自分の仕事や行動が親友=テスの利益に反するとみるや、自分の不利益をかえりみずに行動してしまうところが、なんとも熱い。女性に対する思いが静かで控えめなのに比べると、友に対する行動はなかなか大胆です。

 男くささという点では、ヘリン(←女性)も負けてません。その生まれと育ちを背にした余裕のようなものを身にまとって、婉然と微笑む姿がなんとも強く、そしてかえって内面の不安を押し隠そうとして痛々しくすらあります。でも、決して最後まであとにひかない強さは、男性陣にもひけをとらない存在感を見せてくれます。

 最後にもう一人。ヘリンを終始見守るボディガードのような立場のジェヒという男性。上の3人に比べると、その出自や過去もまったく描かれないし、一歩ひいた存在ですが、いつ何時であってもヘリンを守ることに専心する姿は感動的ですらあります。

 この4人に加え、周囲の面々もなかなかの強者ぞろい。一癖もふた癖もある輩が、独裁政権下の汚職や、不正が横行する政界と経済界で暗躍。近くて遠いお隣の国のことを、少しは分かってきたような気分になってましたが、これを見るとまだまだ知らないでいる部分がたくさんあることを思い知らされます。

 薄暮の中にかすむ美しい山並みの場面で、ドラマは終わります。
 そこで交わされる会話は、切なくもあり、明日への兆しが見えているようでもあり。

 とにもかくにも、すごいドラマを見てしまった。そんな気分です。 

2008年2月14日 (木)

求婚事務所のご近所

 台湾ドラマの『求婚事務所』を全部見終わりました。それぞれの章の感想はまた改めるとして、気になったのが劇中の求婚事務所のある場所。

 事務所近くにあって、たびたび登場する歩道橋。下には片道3車線くらいの広い道路が走っていて、公園が近い。歩道橋越しに、ガソリンスタンドの看板らしきものが見え、その上には高架。
 見知っている場所のような、そうでもないような。断片的に出てくる風景をくいいるように見ても、どうにも確信が持てませんでしたが、やっぱりこの景色は見慣れた場所だったみたい。

 通っていた語学学校のごくごくご近所だったようです!たびたび登場する公園は、大安森林公園。緑の風景だけではどこの公園か分からなかったけれど、これぞと思ったのが、公園の向こうに立つ建物の形。Cimg03712_2
 色合いと形が独特だったのでなんとなく記憶に残っていたビルが、ドラマの中に見えたときにはなんだか不思議な気分でした。
 この公園、語学学校の隣にあって、天気のいい日には日向ぼっこがてらお弁当を食べに行ったり、まったりくつろいだり、やすらぐ場所だっただけに懐かしい。

 このドラマが作られたころと、語学学校に通っていた時期が重なっていたら、もしかしてロケに遭遇していたかも?ちょっと見てみたかったな~。

 そうそう、そういえば『求婚事務所』の監督で、出演者でもある鈕承澤(ニウ・チェンザー)を生で見たことがあったのをふと思い出しました。
 たしか、台北駅近くを歩いていたとき、コンビニから出てきたところを偶然見かけたのです。そのときは、名前も分からないし「どこかで見た顔だな」と思った程度だったんですが、あとでテレビで見たことがある人だと思い至りました。

 こうしてみると、このドラマにけっこうご縁があったみたいです。

2008年2月 9日 (土)

勢いあまって

 このところ、すっかり韓国ドラマ三昧の日々。勢いあまって、ついに韓国ドラマのカテゴリーまで追加してみましたtv(←いつの間にか、こんなものが使えるようになっている…)

 韓国ドラマというと、実は兄妹だったとか、交通事故で記憶喪失とか、永遠のお別れとか、とかく悲しいイメージがつきまとっていたので敬遠気味だったのですが、『私の名前は、キム・サムスン』で、ラブロマンスや、ラブコメディといった元気がよくて楽しい韓国ドラマもあるんだと、今さらながらに知りました。
 ふだん、レンタルしたDVDをそうそう何度も見返したりはしませんが、この『キム・サムスン』は何回も、何回も繰り返し見て、年末年始にBSデジタルで集中放送されると知るや、ついにデジタル対応テレビまで買ってしまう始末……。

 先日は、会社の同僚に半ば強引に『私の名前は、キム・サムスン』を貸したところ、すっかりはまったらしく「夕べは夜中の3時まで見ちゃったから、眠くて…・」なんて言われて、ほくそ笑んでます。
 そうでしょう、そうでしょう!!

 というわけで、今放送中の韓国ドラマで楽しみにしているのが、『タルジャの春』と『コーヒープリンス1号店』。

 『タルジャの春』は33歳のテレビショッピング番組のディレクター、オ・タルジャが主人公のお話。仕事は順調だが、男性関係は今ひとつ。そんな彼女の周りにそれぞれタイプの違う3人の男性が集まった。女性関係が派手で、タルジャとも何度かデートした同僚シン・セド、恋人代行業という変わった仕事をしている謎の青年カン・テボン、ブランド品輸入会社社長で大人のオム・キジュン。物語が進むにつれ、おもしろさも増大中です。
 まだ4話分の放送がすんだだけですが、あんまりシリアスになりすぎないで、このわいわい楽しい雰囲気でいってほしいです。

 『コーヒープリンス1号店』の方は、仕事を得るために男といつわってコーヒーショップで働くコ・ウンチャンという女の子を中心にしたラブコメディ。いくらなんでも、ウンチャンを男とは思わないだろうと思いながらも、マンガチックなこういう設定、好きなんです。

 元気な女性が主人公で、コメディ色。もう一つ楽しみなのが、おばあちゃんや、お母さんの存在。韓国ドラマでは、母は強しという言葉そのままに、元気すぎるほどパワフルなおばあちゃん、お母さんがけっこうたくさん出てくる気がします。上の二つのドラマもしかり。今週放送分では、『タルジャ~』にも『コーヒープリンス~』でも、それぞれおばあちゃんがいい味出して、笑わせてくれます。

 あぁ、毎週楽しみ。
 ドラマではしばし中華からは脱線が続きそうです。

タルジャの春 インターナショナル・ヴァージョン DVD-BOX1 タルジャの春 インターナショナル・ヴァージョン DVD-BOX2 コーヒープリンス1号店 DVD-BOXI  

  タルジャの春
   
演出:イ・ジェサン
   出演:チェリム、イ・ミンギ、イ・ヒョヌ、コ・ヒョンジン、イ・ヘヨン

 コーヒープリンス1号店
   演出:イ・ユンジョン
   出演:ユン・ウネ、コン・ユ、イ・ソンギュン、チェ・ジョンアン

2008年2月 3日 (日)

堪能『八大豪侠』

八人の英雄(ヒーロー) DVD-BOX PART 1 八人の英雄(ヒーロー) DVD-BOX PART 2

八大豪侠(邦題:八人の英雄) 全40話
 監 督:王晶(バリー・ウォン)
 出 演:黄秋生(アンソニー・ウォン)、陳冠希(エディソン・チャン)、范冰冰(ファン・ビンビン)、鄭暁東(チェン・シャオトン)、林子聰(ラム・チーチョン)、李冰冰(リー・ビンビン)、陸毅(ルー・イー)、劉松仁(ダミアン・ラウ)、蕫[王旋](トン・シュエン)、李小[王路](リー・シャオルー)

 久しぶりの武侠物、しかも監督はかの王晶(バリー・ウォン)。衣裳がピンクのファー付きだったり、男性もカツラなしでふだんの役者さんの地毛に付け毛だけ。セットはかなりちゃちで、ぶつかるとグラグラ揺れたり、明らかに薄いぺこぺこの素材だったりと不安要素たっぷりだったのですが、それも笑ってすませられるくらいにおもしろかった!予想外というと失礼ですが、人物がそれぞれ魅力的で、お話も楽しい。

 宋の時代、専横をきわめる宰相に対抗するために作られた結社「豪侠(※日本語訳では、英雄となっています)」。天下一の捕吏と称された閻鐵心(ティエシン)を筆頭に、義侠心に燃える面々が、国のため、民のために奮闘する。
 天下一の殺し屋、奇抜な発明家、百毒を自由に扱える医者、天才的な騙しの技術を持つ者などなどが集まり、さまざまな任務につく。

 アクション、剣戟、謎解き、恋愛、片想い、親子愛、師弟愛、友情、笑い、涙、別れ、義侠心、きょうだい愛、忠誠心と、すべてがふんだんに盛り込まれているのは、中華ドラマの定番ですが、その混ざり具合がちょうどいい。シリアス過ぎず、おふざけに過ぎず、娯楽と呼ぶにぴったり。

 特に、武侠物の神髄でもあるアクションがなかなかかっこいいのです。剣技も、決めのポーズもきちんと決まっているし、出演者たちの動きもいい。劉松仁(ダミアン・ラウ)は言うに及ばず、いつもクールな平常(ピン・チャン)役の陸毅(ルー・イー←どうでもいいけど、謝霆鋒に似ている気が…)もいいし、このドラマで初めて見た風一陣(イージェン)役の鄭暁東(チェン・シャオトン)の身のこなしも切れがあって見応えあり。

 そしてもう一つ、武侠物に定番のさまざまな毒薬も、かなり多彩で気に入ってます。
 ちなみに、一番笑ったのが“7歩歩いたら死ぬ毒”。その毒を飲ませた相手に百毒之王(←この毒を配合した人)が、「お前はすでに6歩歩いている」とかなんとか言うところが、なんともおかしくて。
 ほかにも、幻を見せる毒や、動けなくなるもの、ゾンビになってしまうものなどなど。

 とにかく盛りだくさんで、興奮して、笑って、ちょっとほろっとして。
 全40話という長丁場ですが、もう1回見ろと言われれば、喜んで見たい気分です。 

 

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »