2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月25日 (水)

テレサの声を聞きながら~『私の家は山の向こう』

 いきなりですが、この本のあとがきは三浦しをんさん。彼女とテレサ・テンがあまり結びつきませんでしたが、丁寧で読み応えのあるあとがきで、本屋さんで見て買いたいと思った一因です。そこで書かれているように、読み終えると無性にテレサ・テンの歌声が聞きたくなるというのほんとうで、これもテレサのCDを聞きながら書いています。

 中華圏では知らぬ者のない、テレサ・テンという一人の歌い手の一生が、淡々とした筆致でつづられています。始めは、それがさっぱりしすぎて、物足りなさすら感じたのですが、彼女が天安門事件に関心を持つあたりから、かえってその冷静さがちょうどよい熱冷ましとして作用してくれたような気がします。
 台湾生まれのテレサですが、彼女の両親は国民党といっしょに中国大陸からやってきた外省人と称される人たちです。その彼女が、台湾を愛し、香港に住まい、中国の天安門広場でコンサートを開くことを夢見る。ときにはアメリカで学び、パリに居を構え、日本で仕事をし、世界中を飛び回るさまを思うと、なぜか複雑な地域どうしの結びつきとしがらみを一人でしょいこんでしまっているようにすら見えてきました。
 もし彼女が、台湾生まれの両親を持つ台湾人であったなら、あるいは香港人であったなら、シンガポールやマレーシアに住む華僑であったなら、違う形で彼女に歌の道がひらけていたのかもしれない……そんなことを考えてしまいました。

 天安門事件が起こったのは1989年6月4日。今も、あのときの映像と、衝撃が鮮明に思い出されます。
 あれから、中国もいろいろな面でずいぶん変わったように思いますが、テレサ・テンが今の中国を見たら、いったいどんな感想を持つんだろう。聞いてみたい気がします。

私の家は山の向こう
有田 芳生著
文芸春秋 (2007.3)
通常24時間以内に発送します。

2007年4月17日 (火)

この力強さ~『春夏秋冬そして春』

春夏秋冬そして春 2003年・韓国=ドイツ
 監督:キム・ギドク
 出演:オ・ヨンス、キム・ジョンホ、ソ・ジェギョン

 この圧倒的な力強さは、いったいなんなのだろう。

 この世のできごとなのか、果たして仙人でも住んでいるんじゃないかと思うような、不思議な空間。湖にぽっかりと浮かぶ、小さな小さなお堂。そこに住む老僧と少年の姿から物語が始まる。
 四季ともう一度めぐってくる春、それぞれ5つの物語が、静かな中につづられてゆく…… 

 人は過ちを起こす。自然の中にあって、たびたび間違い、罪を犯し、繰り返す。それでも季節はなにごともなかったかのように、時が来れば花を咲かせ、葉を茂らせ、木々を色づかせ、辺りを白く塗り込めながら、確実にときを刻んでゆく。
 繰り返し、繰り返し刻まれてゆくものは、ときであり、人の営みであることがさざ波のように伝わってくるような気がする。

 そんな作品でした。
 鬼才と称される人は多いけれど、まさにこの作品の監督であるキム・ギドクにふさわしい呼び方のようです。すごいとの評判を聞きながらも、そのほかの作品にはどうも食指が動きませんでしたが、この作品には圧倒されました。
 面白いとか、好きだとかいう言葉では表しきれない、腹の底からわきあがるような感覚におそわれます。悠久という時間をフィルムに映しこむと、こんな物語ができるのかもしれない、そんなことを思わずにはいられませんでした。

2007年4月14日 (土)

QQ~~!!

070414191101_1  あやしいタイトルで申し訳ありません。

 ←こちら、タピオカ入りココナッツミルクです。 

 買い物に行ったショッピングモールのフードコートにて発見。このショッピングモール、今までなんども行ったことがあるのに、フードコートあたりはまったく足を踏み入れたことがなく、全然気づきませんでした。不覚……。

 カップには「好喝!デザートQQ 台湾甜品」とあります。
 注文をして、用意されている様子を見ながら思わずもれた心のつぶやき…「カップ、ちっちゃ!これで350円か…」
 台湾の500mlは入りそうな大きなカップに慣れているので、ついこんなことを思ったものの、これも300mlくらいは十分に入っているので、これくらいがちょうどよかったです。
 かんじんのタピオカですが、固さもQQ(=もちもちした食感)してちょうどよく、ココナッツミルクもほんのり甘くておいしかった。惜しむらくは、中に入った氷が大きめで溶けきらないうちに飲み終えてしまうと、底に残ったタピオカが氷にじゃまされて飲みにくいこと。氷なしで作ってもらうといいのかもしれません。

2007年4月11日 (水)

桃紅茶飲みくらべ

Cimg0643  季節がら、ピーチティーが出まわる時期になったようで、2種類のこんな紅茶をコンビニで見つけました。

 画像には写っていないのですが、右のは桃のほかに苺の果汁入り。左は、そのままピーチティーです。
 グラスに注いでみると、少しばかり色味も違いますね。
 右は少し強めの甘みが広がったあと、ほのかな酸味が舌に残ります。桃よりも、苺の風味のほうが少し強めかな。
 もう一つは、フルーティーな香りはほんのり漂うくらいで、しっかりとしたお茶のしぶみが口に残って、紅茶らしい素直な味わいでした。

 ほのかな甘みのピーチティー、やっぱりおいしいな。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »