2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月 5日 (月)

墨攻セット

Cimg0633 前売りの半券とパンフレットです。
 前売り、本当に久しぶりに買いました。横のは前売り特典の、墨攻パズルです。
 そして、パンフレットもずいぶん長らく買ったことがなかったのですが、今回は勢いで購入。ネットで情報が仕入れやすくなった昨今は、ほとんどそこでこと足りていたんですが、たまには手元に文字と写真で残るのもいいもんです。

 しかし、午馬(ウー・マ)を見て「香港の俳優さん?」としか認識できなかったこと、エンドクレジットを見るまで銭小豪(チン・シウホウ)が出ていたことに気づかなかったことが、とってもとっても悔しかった……。

気合いの初日鑑賞~『墨攻』

墨攻(原題:墨攻) 2006年・中国=日本=香港=韓国
  監督:張之亮(ジェイコブ・チャン)
  出演:劉徳華
(アンディ・ラウ)、アン・ソンギ、王志文(ワン・チーウェン)

 公開初日に映画を見に行くなんて、いったい何年ぶりでしょう?早速『墨攻』見に行ってきました。

 10万の敵を前に、いかにもあっけなくひれ伏しそうな小国、当時最強とうたわれた墨家から遣わされた軍師はたった一人。大軍を前に、ただただ酒に溺れる君主と、なにごとをも成そうとはしない側近たち、そして戦の影におびえる民。彼らを率いて、攻めくる大国をどう迎え撃つのか……

 圧倒的な劣勢を覆して、いかに勝利をおさめるのか。知略をめぐらせた軍師の策略と、人々の活躍が適度な緊張感を保ちながら続いていくところは、単純に楽しめました。
 が、それよりもその戦にあって当たり前に、思い悩んだり、勝利に歓喜したり、歯ぎしりをして悔しがったり、理不尽な仕打ちに涙したり……。生き死にを前に、日々を生きてゆく人々の姿のほうにやっぱり個人的には惹かれます。
 甘さや、笑いはほとんどない作品だというのに、どこかふわりとしたような気楽さが漂うのは、なんといっても、劉徳華(アンディ・ラウ)、アン・ソンギ、王志文(ワン・チーウェン)ら役者さんたちの達者ぶりではないかと。しかも、ほどよい緊迫感はちゃんと保たれている。
 香港、中国、台湾、韓国とさまざまな地域からの役者とスタッフが集まって、ちゃんとそれぞれの色を出しながらうまく絡み合った数少ない作品の一つじゃないでしょうか。

 中華圏映画を見るときのもう一つ楽しみは、中国語の音を聞くこと。今回は普通話ですが、王志文、范冰冰(ファン・ビンビン)あたりは本人の声だと思いますが、ほかはかなり吹き替えじゃないかと。劉徳華は、ところどころ本人の声かなと思うところもありますが、ほとんどは吹き替え。王の息子役のチェ・シウォンは、音と口の動きが合ってないので、もしかすると韓国語で撮影をしていたのかも?しかし、いちばんの不思議はアン・ソンギ。明らかに韓国訛りの音なので、たぶん本人の声だと思うのですが。中国の吹き替えは、けっこう本人の声に似た人を選んで違和感なく見せるだけに、なぜ彼だけそのままなんでしょうね?

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »