2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 台湾産マンゴーはどこ? | トップページ | 台湾映画に関する二題 »

2006年8月17日 (木)

こんな本が出てきた~台湾の民話集

Photo  お盆で帰省したとき、久しぶりに実家に置きっぱなしの本棚をのぞいてみると、こんな本が出てきました。台湾で買ったものは、けっこう記憶が残っているつもりだったんですが、これについては、いつ、どこで買った物やら……?

『華麗島民話集』
 西川満、池田敏雄・著
 陳藻香・監製
 (致良出版社)

 台湾に伝わる民話を集めたお話で、見開きの右頁には日本語、左頁には中国語でお話が語られています。
 表紙のデザインも、とてもすてきですが、中身もこれまたいいのです。挿し絵はほのぼのとした版画調で、“民話”の雰囲気にぴったり。

 日本の民話にも、十二支を決めるときのお話がありますが、この本にも同じようなお話が収録されています。
 子どものころに読んだ昔話では、猫が十二支に選ばれなかったのは、神様が皆を集める日を鼠がわざと一日遅く伝えたから、となっていたはず。台湾版では、猫はちゃんと決められた日にやってきたのに、急いで走ってきた鼠に突き飛ばされて河に落ちてしまい、13番目になってしまったとありました。さすが、台湾の猫。どこか、のんびりしてますね。

 収録されているお話はどれも短く、読みやすいものばかりで、あっという間に読了です。手元において、ときどき読み返したい気分です。

« 台湾産マンゴーはどこ? | トップページ | 台湾映画に関する二題 »

その他~其他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/11484452

この記事へのトラックバック一覧です: こんな本が出てきた~台湾の民話集:

« 台湾産マンゴーはどこ? | トップページ | 台湾映画に関する二題 »