2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 流星雨~道明寺司編(後編) | トップページ | 不思議に心地よい『仙人の壺』 »

2005年7月22日 (金)

ミャンマーとバングラデシュと台湾と

 今、仕事用にはいている靴はバングラデシュ製。もう一足は、ミャンマー製です。

 先日、だいぶくたびれてきた靴を見ていると、足の甲に当たるところに貼ってあったらしきシール状のものがはがれそうになっていました。そこには「MADE IN MYANMAR」とあります。もう片方の靴を見てみると、そちらにももちろん同じ文字が。
 まさか、自分がはいている靴がミャンマー製だなんて。想像だにしませんでした。

 仕事では、車や自転車に乗ることも多いし、外歩きをしなくてはならないので、一足をはきつぶすのにかかる日数は6ヶ月から10ヶ月弱ほど。あっという間に靴がだめになってしまうので、あまり高い靴はもったいないし、かといってあまり安すぎても長持ちしないしで、靴選びはかなり苦心する作業になっていました。
 そんなときに見つけたのが、7千円ほどで、履き心地も上々、値段もお手頃、そこそこ長持ちするというまさにこれ!というもの。気に入って、型違いを続けて2回買ったほど。それが、ミャンマー製の靴だっというわけです。

 外国製の品物がたくさん入ってきていることは実感していたつもりでしたが、ミャンマーやバングラデシュといった国々の製品を身につけていたとはつゆ知らず。世界は広いようで、狭いようで、不思議ですね。

 台湾も、靴産業が盛んな地域です。次は台湾製の靴を探してみましょうか?

« 流星雨~道明寺司編(後編) | トップページ | 不思議に心地よい『仙人の壺』 »

その他~其他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/5095497

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマーとバングラデシュと台湾と:

« 流星雨~道明寺司編(後編) | トップページ | 不思議に心地よい『仙人の壺』 »