2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 酒見賢一→→→アンディ・ラウ | トップページ | おひとつ980円なり »

2005年5月29日 (日)

『可可西里』~スクリーンで見たい一本

可可西里(ココシリ:マウンテンパトロール) 2004年中国
  監督:陸川(ルー・チュアン)
  出演:張磊(チャン・レイ)、多布杰(ドゥオ・ブージエ)
  言語:普通話、蔵語(チベット語)

 チベットカモシカのを守るため、志願者からなるパトロール隊が結成される。過酷な自然の中で、密猟者を負う隊員たちの姿を、北京から来た記者の目を通して描いた作品。

 チベットの自然は、我が家の小さなテレビ画面で見ても、近づきがたいほどの厳格さでもって迫ってきます。ぐるりと四方を見回しても、目に入るのはチベットの自然のみ。海抜4000メートル以上の高原には視界を遮る木々もなく、人為的なものはなにひとつ存在しない。そこに飛び込んでゆくパトロール隊の面々は、その風景の中に超然と立っているのです。無謀にすら思える装備と物資でありながら、当たり前のように目の前のできごとを受け入れてゆく姿を見ていると、人の大きさと小ささを同時に思い知らされるような気がします。

 驚くことに、この作品は事実を元にして作られているということ。国の機関ではなく、義勇隊としてチベットカモシカの保護のため、こんな危険を冒しながらあたった人たちがいたということに驚かされました。
 テレビで見るにはもったいない。ぜひ、スクリーンで浴びるようにあの自然風景を堪能してみたい作品です。

 チベットカモシカについては、こちらをご参考に。この作品を見て、初めてチベットカモシカという動物について知りました。→■■■

 今回は、知人に借りたDVDで鑑賞しましたが、パッケージ裏の説明がきにはご丁寧にあらすじが最後まできちんと書かれていました。もう少し「思わせぶり」であっていいと思うのですがね。

« 酒見賢一→→→アンディ・ラウ | トップページ | おひとつ980円なり »

アジア映画~亜洲電影」カテゴリの記事

コメント

あんくさん、こんにちは!
陸川さんの監督デビュー作『ミッシング・ガン』でその才能に驚き、まったく違った路線の『ココシリ』を見て「天才だ!」と尊敬してしまいました。中国も、いつまでもチャン・イーモウやチェン・カイコーじゃないってことなんでしょうね。私は『ココシリ』をTOKYO FILMEX、つまり朝日ホールの大スクリーンで見たので、余計衝撃が強かったです。

もにかるさん、こんにちは。
去年のNHK中国語講座に陸川監督が出演されたのを見て以来、『ミッシング・ガン』は気になっていたのですが、未見のままなのでぜひ見なくては!
『可可西里』はスクリーンで鑑賞された方が、のきなみ風景を絶賛されていたので、大スクリーンでご覧になったとはうらやましい限りです。こういうとき、地方在住はつらいですね~。ぜひ、一般公開してほしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/4318898

この記事へのトラックバック一覧です: 『可可西里』~スクリーンで見たい一本:

« 酒見賢一→→→アンディ・ラウ | トップページ | おひとつ980円なり »