2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« MRTのエスカレーター減速 | トップページ | 『可可西里』~スクリーンで見たい一本 »

2005年5月25日 (水)

酒見賢一→→→アンディ・ラウ

 今年10月にクランクイン予定の劉徳華(アンディ・ラウ)主演の新作が『墨子攻略』という題名で、武侠物ということは知っていましたが、元の中文記事は読んでいなかったので、「武侠映画づいているんだね」という程度の感想しか抱いていませんでした。
 が、最近ネットをふらりとさまよっていると、この『墨子攻略』、原作は『墨攻』という漫画で、しかもさらにその原作は酒見賢一の同名小説とあるではありませんか。この小説、読んだことはあるのですが、ずいぶん以前のことで、細かいところは覚えていないのです。というか、物語をすっかり忘れております……。たいへんおもしろいお話だったという印象はくっきり残っています。おもしろかっという印象しか残っていないともいいますね。でも、武侠小説でしたっけ?武侠物というよりも、かすかな記憶の中では軍師の活躍するお話だったとばかり思っていたので、まったくこの二つが結びつかず、なんだか、してやられたような気分(…なににやられたかは、自分でも不明ですが)

 監督は張之亮(ジェイコブ・チャン)、共演に胡軍(フー・チュン)、李冰冰(リー・ピンピン)が予定されており、ほかにも韓国からのキャスティングが噂され、なかなか壮大な作品になるらしいのです。
 胡軍と劉徳華、からみの場面があるんでしょうか。う~ん、今から楽しみです。

 その前に、酒見賢一の『墨攻』、再読せねば。

« MRTのエスカレーター減速 | トップページ | 『可可西里』~スクリーンで見たい一本 »

アジア映画~亜洲電影」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
アンディ・ラウが大好き、そして酒見賢一はデビュー作「後宮小説」からの大ファン。人生すべてこれ「縁」と信じて疑わない私は、この映画化を心から楽しみにしています。原作にはかなわない、といわれる森秀樹さんのコミックも読まないとまずいかなぁ・・・

もにかるさん、はじめまして。コメント、ありがとうございます。
『後宮小説』、私も大好きで、ときどき読み返しています。コミックの表紙をネットで見たのですが、劇画タッチにちょっとひいてしまいました。劉徳華と劇画、結びつかないのですが、映画はとても楽しみです!

おお! 墨攻映画化ですか!
僕は漫画版でしか知らないのですが、とてもおもしろくてコミック一気に読みました。酒見賢一さんの原作も読んでみたいと思っています。

オンライン小説家さん(←でよろしいんでしょうか?)、コメントをありがとうございます。コミックと酒見賢一の小説はずいぶんお話の流れが違うそうですので、それぞれに楽しめるかもしれませんね。劇画タッチ、がんばって挑戦してみようかと思案中です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/4280621

この記事へのトラックバック一覧です: 酒見賢一→→→アンディ・ラウ:

» 芸能人INDEX アンディ・ラウ [芸能人INDEX]
芸能人INDEX アンディ・ラウ [続きを読む]

« MRTのエスカレーター減速 | トップページ | 『可可西里』~スクリーンで見たい一本 »