2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 次なる中華ドラマは | トップページ | 中華娯楽消息あれこれ »

2005年3月16日 (水)

『天龍八部』~全40集看完了

『天龍八部』、全40回分をほとんど一気といっていいほどの勢いで見終わりました。

 武林の最大組織「丐幇」を率いる、稀代の傑物・喬峰(チャオ・フォン)。その喬峰と義兄弟の契りを結ぶ、雲南、大理国の皇子・段譽(ドゥァン・ユィ)、少林寺の徒弟・虚竹(シュィ・チュウ)の3人が、それぞれの出生や数奇な巡り合わせに翻弄されながら武林を歩んでゆく……と、ものすごーくおおざっぱにまとめると、こんな話です。

 特に喬峰!
 豪快で、義侠心に厚く、なによりも仲間と杯を酌み交わすことを好む。比類なき武功に、長老たちをも心酔させる懐の広さで、まさに「英雄大好漢、大丈夫」を絵に描いたような人物として描かれていますが、それを見るだけでこのドラマを見たかいがあったと思えるはず。

 見終わったあとには、『藍宇』、『無間道2』、『金鶏』と、胡軍(フー・チュン)が出ている作品を次々見てしまったほど、胡軍が堂々と喬峰を演じきってます。

 原作は翻訳版が出ているようなので、次はそれに挑戦してみようかと思ってます。

« 次なる中華ドラマは | トップページ | 中華娯楽消息あれこれ »

中華ドラマ~中華電視劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/3326820

この記事へのトラックバック一覧です: 『天龍八部』~全40集看完了:

« 次なる中華ドラマは | トップページ | 中華娯楽消息あれこれ »