2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

« 台湾ドラマ『懐玉公主』 | トップページ | らんらん、ライチ♪ »

2004年7月 2日 (金)

『笑傲江湖』日本版DVD

 このところ、続々と中華系ドラマがDVD化されるのが嬉しくて、久々にレンタルしてみました。

 武侠小説の大家、金庸原作『笑傲江湖』。DVD4枚分なり。もともとは、45話にも及ぶ長いお話を、1枚90分ほどのDVD4枚でおさめてしまおうという荒技に、いささかの不安が……。
 それでも、第1巻目は無駄なところをうまく省いてすっきりお話をまとめたな、という印象。しかし、やはりというか当然というか、2巻目で「あれ、これは誰?この展開はなぜ?」が目立ちはじめ、3巻目にいたってはそれなりの役の人の死が回想の中でしか語られなかったり、主人公のリン(令狐冲)が師匠に破門されていたかと思うと、次の場面ではまた門派にもどっていたり、もうなにがなんだか分からなくなってきます。あとは最終枚を残すのみですが、きっとこのままわけが分からぬうちに終わってしまうんでしょう……。
 
 正派と呼ばれる伝統の5武門と、残忍な手口で勢力をのばしてきた日月神教との対立が続くころ。正派の弟子である令狐冲が正邪問わずさまざまな人に出会いながら、幾多の秘技を会得してゆくさまを描いたお話。(←かなり、乱暴なまとめ方です)になっているはずが、「出会った!はい、技を覚えた。じゃ、次!」という感じに見えてしかたがないのです。

 登場人物も多いし、話があちらこちらへと飛びがちではあるので、すっきりまとめるのは難しいことは百も承知。ただ、せっかく武侠劇の醍醐味が味わえると期待をふくらませていただけに、肩すかしをくらったようです。う~む。

« 台湾ドラマ『懐玉公主』 | トップページ | らんらん、ライチ♪ »

中華ドラマ~中華電視劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37870/884136

この記事へのトラックバック一覧です: 『笑傲江湖』日本版DVD:

« 台湾ドラマ『懐玉公主』 | トップページ | らんらん、ライチ♪ »