2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

***

トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004年6月26日 (土)

台湾ドラマ『懐玉公主』

 友人から借りていた、全80枚(1枚約60分ほど)の台湾ドラマVCDをようやく見終わりました。

 清朝の康煕帝(こうきてい)の時代、清に滅ぼされた明王室の公主(=姫君)が、皇帝と出会い恋に落ちるというお話……なのですが、さすがにそれだけでこの長さをひっぱるには無理がある。というわけで、二人の恋に、出生の秘密、後宮に渦巻く陰謀、義兄弟の絆から、悲恋に主従愛、家族愛などなど、ジェットコースターのような激しさで展開してゆくのが見どころでしょうか?
 大河ドラマというか、「てんこもり」ドラマ。

 韓国ドラマが人気で、あちらもかなり濃いお話が繰り広げられますが、どこかそれに通じるものがなきにしもあらず。でもね、さすがに1本のドラマが合計80回分って、1週間に1回放送で1ヶ月4回の放送として20ヶ月……1年8ヶ月!月~金まで毎日なら、1ヶ月で20回分、それでも4ヶ月かかる計算に。ちなみに、台湾ではこのパターンで毎日放送してました。
 台湾ドラマが日本で大流行というのは、これだと難しいでしょうね……。

 とはいえ、ちょうど台湾にいたときリアルタイムで見ていたドラマだけに、懐かしい気分にさせてくれるお気に入りドラマなのです。

 ※康煕帝は実在の皇帝です。劇中では、大好き大好きな懐玉公主のために、仕事はほっぽらかすは、倒れるまで彼女に尽くすは、すぐに怒る、簡単に嫉妬するで、実に人間臭い人物として描かれてます。(←物は言い様ですな)それに対して、実際の康煕帝は清朝全盛期を支えた名君と称えられる人物だそうです。

2004年6月23日 (水)

芭樂汁~グァバジュース

 最近、近所のスーパーに行くと必ず5~6個はまとめ買いしてしまうもの。それは、「芭樂汁」。つまり、グァバジュース。台湾にあふれる南国フルーツの中でも、年中店頭に並んで、しかもお手頃な値段でとっても親しみやすい芭樂(ばーら)。甘みはほんのり、初めて食べたときにはあまりの淡泊さに物足りない気もしたけれど、これがなぜだか癖になるのです。
 マンゴーも、ライチも、マンゴスチンも、ランブータンも、最近はとりあえずスーパーで手に入るけれど、グァバはさすがにあまり見かけません。

 それが、台湾で慣れ親しんだ芭樂汁(グァバジュース)を彷彿とさせるジュースに出会ったのです!!日本で食べる南国フルーツは、生でも、加工されたものでも、やっぱり気候風土のせいですかね……期待しては裏切られ、期待してはがっくりしての連続だったんですが、久しぶりに大満足です!

 ちなみにこの芭樂汁、200ml入りの紙パックで、赤い背景に黄緑色のグァバがごろごろっと並んでいるイラストです(つまり、上が赤くて、下が緑)。片面には「グアバ」とカタカナ、もう片方の面には「GUAVA NECTAR」と……ネクターなんですね。原産国は、台湾ではなく、果物のめっかタイでもなく、ブラジルというのもなんだか意外です。千葉にある(株)エコビジネスという会社が輸入元となってます。ありがとう>エコビジネスさん!

 いつの日か、この芭樂汁が定番商品となるためにも、飲み続けなくては。夢は壮大に、だ。
 

2004年6月16日 (水)

ヨン様と『危険な関係』?

 ヨン様こと、ペ・ヨンジュンの新作映画『スキャンダル』。今さらですが、まさかラクロの『危険な関係』李朝版だったとは。『スキャンダル』には全然興味なかったんだけど、ちょっと見てみたくなってきました。

 『危険な関係』といえば、これまでに何度も映画化されている作品。そのうち、ミロス・フォアマン監督版の『恋の掟』(ちなみに、ビデオタイトルは『アネット・ベニングの恋の掟』……なんだかな、という題名になってがっくり)が大のお気に入りなのです!もう、何度ビデオレンタルしたことか。残念ながら、その後数年してビデオを置いていたレンタル店でもこの作品を見かけなくなって。そのお店に行くたびに探すんだけど、ないんです……。古い作品だから、だめになっちゃったんですかね。

 ウィットと、センスと、プライドを駆使して繰り広げられる恋のかけひきごっこに酔いしれ、そして必ず泣いてしまう作品。日本語版のDVDが出たら、絶対に手元におきたい一枚!

 ちなみに、かの麗しきジェラール・フィリップ主演版もあることを、これもごく最近知ったので、こっちも見てみたいものです。

 はい、たまには洋画も見るのです。

 参考 恋の掟(1989) 監督:ミロス・フォアマン
     出演:コリン・ファース、アネット・ベニング、メグ・ティリー
     公開時のコピー 「貴方が好きなの…でも、普通のやり方は嫌。」らしい。すご…

2004年6月13日 (日)

祝!台北~広島定期便就航

 6月3日ついに、台北と、広島間の定期便就航が始まりました!それを記念して(?)、少し気軽に更新できる場所をつくってみました。これで少し更新スピードがアップするでしょうか?

 本題に戻ります。これまで広島から台湾に行くには、チャーター便を利用するか、福岡か関空まで出てそこから空路にというのが一般的でした。私が台北に語学留学したときも、福岡空港から飛び立ったもんです。我が家から広島空港までは車で30分少々の距離なので、週末にふらりと台湾へ……なんてことも可能!低く飛ぶ飛行機を見上げては、「あれは、もしかして台北から?」などと、いつ叶うともしれぬ台湾旅行に思いをはせているところです。

 広島→台北 : 月・木・金 10:00発→11:55着
 台北→広島 : 水・木・日 16:40発→19:55着

 で、本日ちょっと用事があって広島空港に行ってきたんですが、空港の本屋さんには台湾のガイドブックがいっぱい!私がいたころと変わらない定番から、新しくできたお店などの情報がいっぱい。写真もきれいで、ちょっと台湾じゃないみたい……かな、ははは。小さな空港なんですが、それでもやっぱりスーツケースを引いて歩く旅行者や、チェックインカウンターの列を見ているとむくむくと「旅行行きたい病」が出てきますね。
 近いうちに台湾再上陸を果たしたいぞ~!!

 あ、でも今年の旅行は、上海の予定……。

トップページ | 2004年7月 »